スポンサーリンク

【売上ランキング】スマホ向けバトロワ系ゲーム世界売上Top5は?中国テンセントとネットイースが市場を独占!

売上ランキング

市場調査を行う『IHS Markit』のレポートによると、テンセントとネットイースの2018年App StoreとGoogle Playでの海外売上額は519.2億円(4.72億ドル)で、2017年の85.8億円(7800万ドル)から505%の増加を果たした。

両社の海外売上大幅増を牽引しているのは、『PUBG Mobile』と『荒野行動』でいずれもバトルロワイヤル系のタイトルとなっている。

同レポートではバトロワ系ゲームの世界売上ランキングにも触れているので紹介したい。

バトロワ系ゲームは2社で独占

同レポートのデータによると、2018年のバトルロワイヤル系のスマホゲームの売上とダウンロード数は以下の様になっている。

【2018年スマホ向けバトロワ系ゲーム売上】
■売上ランキング
1位:Fortnite 約430億円
2位:荒野行動 約358億円
3位:PUBG Mobile 約83億円
4位:Free Fire 約58億円
5位:Rules of Survival 約56億円

スポンサーリンク

上記の売上予測はApp StoreとGoogle Playの合算値であるが『Fortnite』はGoogle Playを介して配信を行っていないため、iOS App Storeだけで約430億円の売上を記録したことになる。

また、2位の『荒野行動』の売上約358億円の約80%は日本市場によるものだとしている。

これらバトルロワイヤル系ゲームの売上Top5をみてみると、テンセントとネットイースが市場を二分している。

スポンサーリンク

ご存知の方も多いと思うが、テンセントは『Fortnite』のEpic社の株を40%保有しているからだ。また、5位の『Free Fire』を運営するGarena社に関しても同社は30%の株を保有している。

中国スマホゲーム市場で激しくシェア争いを繰り広げるテンセントとネットイースの戦いは海外市場でも続くことになりそうだ。

--
引用:手游那点事
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました