中国ゲーム市場動向

中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30!SLG各社が強い!

『Sensor Tower』は2019年10月の中国スマホゲームの全世界売上Top30パブリッシャーを発表した。同社の発表によると、2019年10月の中国スマホゲーム全世界売上Top30パブリッシャーの売上規模は約1573億円(14.3億ドル)で、スマホゲームの全世界売上の28%を占めたという。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】2019年9月中国スマホゲームパブリッシャーTop30!注目はアリババ!

『Sensor Tower』は2019年9月の中国スマホゲームパブリッシャーのApp StoreとGoogle Playの全世界売上Top30を発表した。Top3は『テンセント』『NetEase』『Lilith Games』と変化はなかったが、『Aligames』が『三国志:戦略版』のヒットを受けTop17とランクインした。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】『PUBG Mobile』『王者栄耀』の開発が手掛けた中国建国70周年記念アプリとは?

毎年中国では10月1日の建国記念日に合わせた1週間の大型連休がある。大型連休に合わせて運営イベントを用意するのは中国も日本も同じだ。ただし今年は建国70周年ということもあり、ゲーム内施策以外にもテンセントが中国建国70周年の歴史を学ぶミニプログラムや中国街づくりアプリを配信するなど、いつも以上に気合が入っているように思う。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国スマホゲーム市場は売上・MAU共に回復!プラットフォームTop5は?

中国のモバイルインターネット領域の調査・分析を行う『Quest Mobile』は2019年上半期の中国スマホゲーム市場のレポートを発表した。同レポートによると、2019年上半期の市場売上規模は約1兆2331億円(770.7億元)、MAU(マンスリーアクティブユーザー数)が6.91億人と売上規模、MAU共に増加しているという。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】Perfect Worldが中国版Steam『蒸気平台』を発表!日本タイトルも参入!

8月21日、予てより『VALVE』と提携し『Steam』の中国展開を行うことを発表していた中国ゲーム大手『Perfect World』が『中国版Steam』のメディア向け試遊会を開催した。同試遊会では『中国版Steam』の正式名称『蒸汽平台』を発表、世界各国のゲームメーカー約30社、60以上のタイトルが展示された。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】2019年7月中国iOSランキング発表!セルランはテンセントが独占!

スマホアプリの分析ツールを提供する『App Annie』が2019年7月中国iOSのスマホゲーム市場のダウンロードランキングとセールスランキングを公開した。2019年下半期の最初の月となる7月は早くもランキング上位に入れ替わりが起こるなど、市場変化の兆しも見られる。ランキングにどのようなタイトルが入っているのか紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム|売上情報】バトロワ市場の勝者は『PUBG Mobile』なのか。売上が『荒野行動』を上回る!

昨年世界各地で激しくしのぎを削った『PUBG Mobile』『荒野行動』と言ったスマホ端末でプレイできるバトルロワイヤル系ゲームの市場競争が一段落したと考えて良いだろうか。スマホゲームの調査・分析を行う『Sensor Tower』が『PUBG Mobile』『荒野行動』『Fortnite』の売上比較を行ったので紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセント未成年者対策として『健康システム』カバー率100%を目指す!

8月2日からの『China Joy』開催を控え、中国政府および業界各社の動きが活発になっている。開催前日に当たる1日にテンセントグループ高級副総裁の馬氏が行った講演の中に同社の未成年ユーザー対策に関する発言があった。同氏は同社の『健康システム』は現状97%のアクティブユーザーに対し有効で今年中には100%にしたいと語った。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセントと任天堂 ChinaJoy2019にて『Nintendo Switch™』出展へ!

8月2日から5日まで中国・上海で開催される『ChinaJoy 2019』にテンセントと任天堂が『Nintendo Switch™』のブース出展を行うとテンセントが発表した。ブースの位置はN4館のテンセントゲームズ展示区画内で、任天堂の人気シリーズである『マリオ』『ポケモン』『ゼルダの伝説』が一堂に会すると言う。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセントとPokemonが新作ゲームの共同開発を発表!

中国ゲーム最大手『テンセントゲームズ(Tencent Games)』は『王者栄耀』や『Call of Duty Mobile』などの開発を手がける自社スタジオ『TiMi Studio Group(天美工作室群)』と『The Pokemon Company』とで新作ゲームの共同開発を行うと自社公式Wechatアカウントで公表した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセントがAndroidプラットフォーム各社に手数料の見直しを要求か!?

中国ゲーム最大手『テンセント』が中国Androidプラットフォーム手数料の見直しを要求しているとの報道が出ている。『中国遊戯工委』の統計によると2018年の中国スマホゲーム市場規模は約2兆1433億円(1339.6億元)とされており、『テンセント』はその50%超となる1兆2448億円(778億元)の売上を上げている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】2019年5月の売上Top10発表!『アークナイツ(明日方舟)』の初月売上は約96億円!

6月17日、中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は2019年5月の中国スマホゲーム市場の動向をまとめたレポートを発表した。当レポートによると『テンセント』の『Game For Peace(和平精英)』と『Hypergryph』の『アークナイツ(明日方舟)』が月間セールスランキングTop10入りしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム|売上情報】テンセントの『和平精英(Game For Peace)』App Store初月売上は約77億円!

中国ゲーム大手『テンセント』が開発した『PUBG Mobile』が世界的にヒットしている。中国では政府の規制もあり『PUBG Mobile』のサービスを停止し、規制対策を行った『和平精英(Game For Peace)』にユーザーを移管した上で正式サービスを開始している同作の売上情報を以下に紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】『テンセント』が『ASUS』と業務提携!ゲーミングスマートフォンを中国で展開!

中国ゲーム最大手『テンセント(Tencent)』はPC、スマートフォン製造メーカーである『ASUS』と中国におけるゲーミングスマートフォン分野での業務提携を発表した。同社は当提携にて、ゲームコンテンツのハードウェア上での性能向上とユーザーへより良質なゲーム体験を提供することに注力するとし、詳細内容は今後発表を行うと言う。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】日本ではYostarが配信予定の『アークナイツ(明日方舟)』が中国App Storeセルラン1位獲得!

日本では『アズールレーン』のYostarが配信を予定している、中国2次元スマホゲーム『アークナイツ(明日方舟)』が中国App Storeのセールスランキングで1位を獲得した。中国では開発元である『Hyper Gryph』が自社で運営を行い、5月2日のリリース以降、セールスランキングTop10に常駐するなど高い人気を誇っている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントが世界最大のサンドボックスゲームPF『Roblox』と提携!中国展開決定!

中国ゲーム業界最大手『テンセント』は『Minecraft』の大ヒットにより注目が高まったサンドボックスゲーム領域において大きな一手を打った。同社は米国カリフォルニアに本社を置く、世界最大規模の多人数参加型オンラインゲーム作成プラットフォーム『Roblox』との戦略的提携を発表、深センに合弁会社を設立し中国展開を行うという。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】崩壊3rdの『miHoYo』も実名制強化、プレイタイム制限など未成年者のゲーム中毒対策実施!

昨年より中国では未成年者のゲーム中毒が社会問題として取り上げられるケースが増えている。こうした背景を受け、業界最大手である『テンセント』が率先して未成年者のゲーム中毒対策を講じてきた。この度、日本でも人気の高い『崩壊3rd』の『miHoYo』も中国国内で未成年者のゲーム中毒の対策を始めたので紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国スマホゲーム市場動向まとめ!テンセント・NetEaseの2強に変わりなし!

中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は2019年4月の中国スマホゲーム市場の動向をまとめたレポートを発表した。当レポートによると2019年4月にセールスランキングTop30入りした新規タイトルは20作で前年4月の70作と比べ大きく減少し、新規タイトルの供給不足問題が依然解決されていないとしている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました