中国ゲーム市場動向

中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】原神、万国覚醒がAndroidプラットフォーム手数料引き下げを要求

一般的に中国のAndroidプラットフォームの手数料は50%と言われている。手数料無料のTapTapでの配信や公式HPから直接APKをダウンロードさせるなど回避策を講じてはいるものの、中国のゲーム事業者にとって高額な手数料は大きな悩みの種となっている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国パブリッシャーTop30 NetEaseはゲーム売上の35%が日本市場

『Sensor Tower』は2020年8月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。App StoreとGoogle Playの売上を元にした同社統計によると、8月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約2046億円で、全世界スマホゲーム売上の約27%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国初の3Aタイトルは非テンセント?話題沸騰『黒神話:悟空』とは?

膨大な予算と高い技術力が要求されることから、中国初の3AタイトルはテンセントやNetEaseから出てくるものだと予想していたが、これまで日の目を見ることのなかった中小デベロッパーがこれを成し遂げるかもしれない。先ずは公開と同時に中国ゲーム業界の話題を独占した『黒神話:悟空(黑神话: 悟空)』の実録動画を見て欲しい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国パブリッシャーTop30 Aligameは中国 YOOZOOは日本で強い

『Sensor Tower』は2020年7月の中国スマホゲームパブリッシャー売上ランキングTop30を発表した。同社の統計によると、7月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約2013億円で、全世界スマホゲーム売上の約27%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】6月の全世界売上は17%減の約1815億円!Top30パブリッシャーは?

『Sensor Tower』は6月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。中国App Storeと世界各国のApp StoreとGoogle Playの売上を元にした統計によると、中国パブリッシャーTop30の全世界売上は約1815億円で、全世界スマホゲーム売上の約26%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国クラウドゲーム市場規模発表!スマホを中心に発展する可能性も

『CNG(伽馬数据)』は中国のクラウドゲーム市場規模予測を発表した。同社の予測によると、中国クラウドゲーム市場規模は2020年には160億円(10億元)を突破、21年には320億円(20億元)、22年には640億円(40億元)規模に達するとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】ニキシリーズ、恋プロのPaper GamesがCGアニメスタジオ設立!

『ニキ』シリーズや『恋とプロデューサー』など女性向けゲームでヒット作を複数本生み出している『Paper Games(叠纸游戏)』は6月19日Weiboにてアニメーションスタジオ『Paper Animation(叠纸动画)』を設立したことを発表した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】ByteDance 日本IPでテンセント・NetEase等に挑戦!

『NARUTO』や『聖闘士星矢』と言った日本IPのスマホゲーム開発を行う中国上場企業『Kaiser(凯撒文化)』は『ByteDance』傘下の『Ohayoo』アカウントでゲーム配信を行う『朝夕光年』と自社ゲームの独占配信権を含む10年間の戦略的業務提携を締結したと発表した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国ゲームの全世界売上シェア30%に迫る!中国Top30パブリッシャーは?

『Sensor Tower』は2020年5月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社の統計によると、5月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約2134億円(19.4億ドル)で、全世界スマホゲーム売上の約29%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】DAU4億超 中国版TikTok『抖音』のゲーム動画広告トレンドとは?

『App Growing』は中国版TikTok『抖音』の2020年Q1の広告出稿状況に関するレポートを発表した。『抖音』はDAU4億突破と前年同期の2.5億から60%の増加と依然高い成長率を示している。日本市場における動画広告の参考として中国版TikTok『抖音』のゲーム動画広告のトレンドを以下に紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】NetEaseとHUAWEI クラウド、AI、5Gなどで戦略的業務提携を発表!

NetEaseとHUAWEIは杭州にて、次世代情報技術『クラウド+AI+5G+ターミナル』における戦略的業務提携を行った。同提携では、デジタルエンタテインメント領域におけるイノベーションを中心に、新技術とエコシステムの深化を図り、共にゲーム、音楽、教育事業の展開を推進するとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】ByteDanceハイパーカジュアルゲーム成功の秘訣は動画映えにあり!

ハイパーカジュアルゲームを展開するByteDance傘下の『Ohayoo』が『Sharpen Blade(宝剑大师)』ヒットの秘訣を公開した。海外のハイパーカジュアルゲームに着想を得ながらも、中国ユーザー向けにゲーム性を追加・簡素化し、ショートムービープラットフォーム向けにUGCマーケティングを行った同作のポイントとは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】『プリコネR』中国版の出稿数、クリエイティブなどマーケティング手法は?

中国App StoreでダウンロードランキングTop1を1週間維持し、セールスランキングでも最高Top3と理想的なスタートダッシュとなった『プリンセスコネクト!Re:Dive(公主链接)』。同作のマーケティング手法を広告計測ツールを提供する『App Growing』がまとめているので紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセント 協業モデルでハイパーカジュアルゲーム領域に進出!

4月中国App StoreダウンロードランキングTop30に18タイトルがランクインするなど、中国ハイパーカジュアルゲームの競争が激しい。中国ゲーム市場の絶対王者テンセントはこの市場に対しどの様なアプローチを行うのか。最近ダウンロードランキングでTop10を維持している『班主任模拟器』がそのヒントになりそうだ。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】4月の中国ゲームパブリッシャーTop30!全世界売上規模は約1914億円!

『Sensor Tower』は2020年4月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社統計によると、4月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約1914億円で、全世界スマホゲーム売上の27.5%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国市場】テンセント、bilibiliなど中国漫画配信大手 ONE PIECE、銀魂を有料化!

テンセントのアニメ、漫画配信プラットフォーム『腾讯动漫』、『bilibili』、『漫番漫画』などは5月1日より『ONE PIECE』及び『銀魂』を有料配信化すると発表した。『ONE PIECE』のアニメ版は『iQIYI』にて既に有料化しており、人気漫画2作の有料化はこれに続くかたちとなった。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントは3つのクラウドゲームプラットフォームを発表!NetEase他大手の動向は?

中国ゲーム市場は2018年は市場規模増加率約15%、2019年は13%と成長速度が鈍化している。これに伴い新しいビジネスチャンスとしてクラウドゲーミング関連のニュースを目にする機会が増えてきた。テンセント、NetEase、Perfect Worldなどクラウドゲーム事業参入を発表している中国ゲーム大手の動向を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【分析記事】中国で大ヒットの秘訣とは?カジュアルゲーム『ヒーローズコンバット』の作り方!

ハイパーカジュアルゲームを中心に展開するByteDance傘下の『Ohayoo』が中国App Storeダウンロードランキングで長期間Top1を獲得するなどヒット作となった『ヒーローズコンバット』のコンセプトやゲーム設計の裏側を公開した。同社が明らかにした成功の秘訣や開発理念とは?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました