中国ゲーム市場動向

中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】NetEaseもAndroidプラットフォームに手数料引き下げ要求か?

miHoYoの『原神』、Lilithの『ライキン』はHUAWEIなどのAndroidプラットフォームで展開しなかったにも関わらず、自社マーケティングによるユーザー獲得で成功を収めている。これによりブランド力、プロモーション力があれば、公式HPやTapTapからユーザーを獲得できることが証明された。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントが販売する中国版Switchの出荷台数が100万台突破!

1月11日、ロイターはテンセントが中国で販売を行っている『Nintendo Switch』の出荷台数が100万台を突破したとテンセント・ホールディングスが語ったと報じた。昨年12月にはテンセントは公式Wechatで中国版販売開始1周年を記念し、中国での取り扱い実店舗数、人気タイトルなどを紹介している。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】bilibiliユーザーが選ぶ2020年のベストゲームは?原神ほか日本勢も

中国大手動画プラットフォーム『bilibili』は2020年のゲーム関連動画のユーザーデータを元に各種年間ランキングやユーザー投票による年間最優秀ゲームなどを発表した。これによると、2020年の1年間でbilibiliのゲーム関連動画のアップ数は2400万件以上、総時間にして500万時間の動画がアップされたという。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】原神2020年売上は約616億円!12月中国セルラン1位は約273億円!

『Sensor Tower』は2020年12月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社統計によると、12月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は先月比微増の約2376億円(21.6億ドル)で、全世界スマホゲーム売上の29%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントとHUAWEIが手数料交渉か!?ストアDL停止も翌日には回復

中国ではAndroidストア手数料が50%とApple App Storeよりも割高なことから、手数料引き下げ要求の圧力が高まっている。そんな中、HUAWEIのアプリストアからテンセントの全タイトルがダウンロードができなくなる事態が発生したが、僅か18時間後には全タイトルがダウンロードができるように戻された。
中国ゲーム市場動向

【新年のご挨拶】2020年は中国ゲームが多ジャンルでシェア拡大!2021年も積極攻勢続く

明けましておめでとうございます。いつもゲーム大陸をご覧いただきありがとうございます。2021年も引き続き、ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。2021年の年初に際し、簡単な2020年の振り返りと2021年の展望を以下にご紹介したいと思います。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントWeGameが手数料0%施策発表!インディゲーム開発者支援へ

中国ゲーム大手『テンセント(Tencent)』が中国国内で展開するPC向けゲーム配信プラットフォーム『WeGame』は100名以上のデベロッパーを招待した謝恩会を開催した。同会でテンセントは売上が1.6億円(1000万元)以下のゲームはプラットフォーム手数料を0%にするなどの施策を発表した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国メディア発表の2020年中国ベストゲームは?日本ゲーム・IPタイトルも

中国ゲームメディア『GameLook』が2020年の中国のベストゲームを選出するGame Look Awardを発表した。日本市場にも多くの中国ゲームが進出する様になり、中国市場でどの様なゲームが流行っているかを知ることは、今後のトレンドを予測する意味でも意味のあることだと思い、以下に紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国ゲームパブリッシャーTop30!中国セルランはテンセントがTop3独占

『Sensor Tower』は2020年11月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社統計によると、11月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は先月比微減の約2211億円(20.1億ドル)で、全世界スマホゲーム売上の約30%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】UnityとByteDanceがインスタントゲームで業務提携!

Unityは公式Wechatアカウントでダウンロード、インストール無しでゲームが遊べるInstant Game機能の活用において、『TikTok』のByteDanceと業務提携を行ったと発表した。同提携の目的はUnityで開発されたスマホゲームを、ByteDanceが展開するPFに展開する点にあると見られている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】原神のmiHoYo、NetEase抜き2位に!中国パブリッシャーTop30

『Sensor Tower』は2020年10月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。App StoreとGoogle Playの売上を元にした同社統計によると、10月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約2310億円で、全世界スマホゲーム売上の約30%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【売上情報】テンセントの新作MMO初週売上は原神の2倍の約55億円!セルラン1位獲得!

テンセントが10月16日にリリースした3DMMORPG『天涯明月刀』がApp StoreセールスランキングTop1を獲得するなど大ヒットとなっている。Sensor Towerが同作の初週売上を『原神』『和平精英』『AFKアリーナ』などと比較しているので紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】miHoYo『原神』が中国、米国、韓国含む12国・地域でセルランTop1!

miHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』は、10月21日に中国、米国、韓国を含む12の国と地域でApp StoreゲームカテゴリのセールスランキングでTop1を獲得した。これは10月20日から開始されたイベントと、リリース後から継続されているマーケティングによるところが大きいと考えられる。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国パブリッシャーTop30月売上約2112億円!世界売上の約3割を占める

『Sensor Tower』は2020年9月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。App StoreとGoogle Playの売上を元にした同社統計によると、9月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約2112億円で、全世界スマホゲーム売上の約29%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】VoodooとThe9中国向けカジュアルゲーム配信で業務提携!注目は?

NASDAQ上場企業『The 9(第九城市)』はハイパーカジュアルゲームのトップパブリッシャーであるVoodooより中国市場におけるカジュアルゲームの配信権を獲得したと発表した。今回の業務提携で注目したいのは、『アイテム課金機能が含まれる』点と、8月にVoodoo株式を取得したテンセントとの業務提携ではなかった点だ。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】ハイパーカジュアルゲーム配信『Ohayoo』トップタイトルの売上は?

ハイパーカジュアルゲームを数多く手がける、ByteDance傘下の『Ohayoo』がデベロッパーズカンファレンスを開催し、中国国内におけるハイパーカジュアルゲームの売上情報などを公開した。年間150本前後のハイパーカジュアルゲームをリリースするという同社のKPIとは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】原神、万国覚醒がAndroidプラットフォーム手数料引き下げを要求

一般的に中国のAndroidプラットフォームの手数料は50%と言われている。手数料無料のTapTapでの配信や公式HPから直接APKをダウンロードさせるなど回避策を講じてはいるものの、中国のゲーム事業者にとって高額な手数料は大きな悩みの種となっている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国パブリッシャーTop30 NetEaseはゲーム売上の35%が日本市場

『Sensor Tower』は2020年8月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。App StoreとGoogle Playの売上を元にした同社統計によると、8月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約2046億円で、全世界スマホゲーム売上の約27%を占めるとしている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました