中国ゲーム市場動向

中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントとHuaweiが戦略提携!クラウドゲームプラットフォーム構築へ

テンセントゲームズとHuaweiは戦略的提携の覚書を締結し、Huaweiの『Kunpeng』プロセッサの強力な演算能力を駆使してクラウドゲーミングプラットフォーム『GameMatrix』を共同で構築すると発表した。また、ゲームエンジン、AI/VR/ARなどのゲーム分野で共同イノベーションラボを設立すると発表した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国ハイパーカジュアルゲームパブリッシャーOhayoo実績公開!

日本でもApp StoreダウンロードランキングTop1を獲得した『ヒーローズコンバット』などのハイパーカジュアルゲームを展開するByteDance傘下の『Ohayoo』がWechat公式アカウントを開設し、自社のこれまでの実績などを公開した。幅広くハイパーカジュアルゲームデベロッパーを募る同社の実績とは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国で大流行!広告業界に影響を与えたお小遣い稼ぎゲームって?

中国のスマホアプリ広告出稿量計測ツール『App Growing』はスマホゲーム4000タイトルの広告出稿データを元に、2月の中国ゲーム市場のマーケティングトレンドを発表した。現在中国で大流行中のお小遣い稼ぎカジュアルゲーム『阳光养猪场(Raise Pig)』を中心に最新の中国スマホゲーム市場のトレンドを紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国パブリッシャーTop30!Lilith、Yostarが過去最高売上!

『Sensor Tower』は2020年2月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社統計によると、2月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30上位に変動は無いものの、Lilith GamesやYostarが過去最高売上を記録するなど両社の好調ぶりがうかがえる。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国サードパーティアプリストア再編!アリババ、Baidu傘下が事業見直し

中国のサードパーティアプリストアの事業再編が進んでいる。アリババ傘下の『PP助手』はiOS版を2月28日を以てダウンロード停止、Baidu傘下の『91』と『安卓市场』もサポート停止を発表した。『PP助手』は2016年1月の段階で月間アプリダウンロード数10億回を記録、『91』はBaiduが約2090億円を投じて買収していた。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国パブリッシャーTop30!AFKアリーナのLilith、2次元系が躍進!

『Sensor Tower』は2020年1月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。世界各国のApp StoreとGoogle Playでの売上を元にした同社統計によると、1月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30上位に変動は無いものの、2次元系パブリッシャーが多くランクインしたとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】旧正月期間DLランキング1位のハイパーカジュアルゲーム!ヒットの要因は?

旧正月休暇中に感染が拡大した新型コロナウィルスの影響で、休暇の延長や、不要不急の外出を控えるなどの動きがでた。これにより増加した可処分時間がゲームに回された側面は少なからずあるように思う。そんな特殊な旧正月期間中、App Storeのダウンロードランキング1位を獲得し続けた『Brain  Out』ヒットの裏側に迫りたい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】『和平精英』が行った中国初の旧正月イベント!目的は課金にあらず!?

『中信建投証券』がテンセント『王者栄耀』の2020年1月売上規模を約1453億円と予測するなど、新型コロナウィルス発生の影響で外出が控えられた今年の旧正月期間のゲーム業界の賑わいに注目が集まっている。『王者栄耀』と同じく中国で高い人気を誇る『和平精英』が旧正月期間中に行った目玉イベントの様子を以下に紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国パブリッシャーTop30!2次元新作ヒットで順位変動!

『Sensor Tower』は2019年12月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。中国App Storeとその他世界各国のApp StoreとGoogle Playでの売上を元にした同社統計によると、12月の中国スマホゲームパブリッシャーの売上Top1はテンセントとなった。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】bilibiliユーザーが選ぶ2019年最優秀スマホゲームはアークナイツ!

『bilibili』は2019年1年間のゲーム関連動画のアップ数は1220万件、総時間にして352万時間の動画がアップされたと発表した。また同社はこれらのデータをもとにした、ゲーム関連動画の各種年間ランキングやユーザー投票による年間最優秀ゲームなどを発表している。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】NetEase PCゲーム販売の『発熱遊戯(Fever Game)』をローンチ!

NetEaseはValveの『Steam』やテンセントの『Wegame』の様なPCゲーム販売プラットフォーム『発熱遊戯(Fever Game)』を中国市場向けにローンチした。同社は今後、海外のスタンドアローン及びオンラインのPCゲームの販売に力を入れ、より良質な価格やサービスを提供するとしている。
中国ゲーム市場動向

【新年のご挨拶】2019年は中国ゲームが海外で大躍進!2020年は日本IPタイトル逆輸入がトレンドか

2019年はテンセントが開発を担当した『Call of Duty Mobile』の世界的ヒットに代表されるように、2018年に続き中国ゲームが世界各地でプレゼンスを高めた一年となりました。2020年の年初に際し、簡単な2019年の振り返りと2020年の展望を以下にご紹介したいと思います。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】北京市がゲーム産業の発展推進施策を発表!2025年には2.4兆円規模を目指す

12月14日、北京市委宣伝部は北京市のゲーム産業の健康的な発展を後押しする為の意見をまとめた『关于推动北京游戏产业健康发展的若干意见』を発表した。今回発表された意見には13項目の施策が含まれており、ゲーム産業環境の改善・向上、健康的発展、国際ゲーム都市を目指すことなどが掲げられている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】Nintendo Switchが発売開始!同発は1作も今後は日米中などのタイトル拡充へ!

Nintendo Switchの中国における正規販売代理店であるテンセントは12月10日より中国での販売を開始する。価格は約3万3600円(2099元)と先行して販売されているPS4 500GBモデルの約3万円(1899元)とほぼ同価格帯となっており、『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』が同時に販売される。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】Appleが2019年ベストゲーム発表!中国産IPゲームが開花した1年に

Appleが発表した『Best of 2019』のゲーム部門の中の、IPもののスマホゲームをフィーチャーした『Blockbusters Reborn』では『Call of Duty®: Mobile』『ラングリッサーモバイル』『三国志:戦略版』など中国で開発したタイトルなどが選ばれた。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセントゲームズが新ブランドロゴとコンセプトを発表!

11月21日、中国ゲーム最大手『テンセントゲームズ(Tencent Games/腾讯游戏)』は新ブランドロゴとブランドコンセプトを発表した。新キャッチコピーは『Spark More 去発見、無限可能』で、今回のブランドリニューアルに合わせて、Levi's、Nike、DJI、老干媽など他業種の9ブランドとのコラボも開始した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】賞金総額1600万円!中国デザインコンテスト受賞作品発表!

上海のグラフィック制作企業『アルケミー インフォメーション』が立ち上げた2D・3Dデザインコンテスト『Global Game Art Contest』の受賞作品が発表された。同コンテストはテンセントゲームチャンネル、盛趣遊戯ゲーム大手もスポンサーとして名を連ね、60を超えるの国と地域から7,000人以上が参加した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30!SLG各社が強い!

『Sensor Tower』は2019年10月の中国スマホゲームの全世界売上Top30パブリッシャーを発表した。同社の発表によると、2019年10月の中国スマホゲーム全世界売上Top30パブリッシャーの売上規模は約1573億円(14.3億ドル)で、スマホゲームの全世界売上の28%を占めたという。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました