スポンサーリンク

【海外市場情報】中国と世界一を競う米国ゲーム市場。過去最高となったブラックフライデーの売上規模は?

海外市場情報
スポンサーリンク

中国ゲーム市場と市場規模世界一を競っている米国ゲーム市場において11月23日のブラックフライデーは特別な一日となった。

データ分析をおこなう『Sensor Tower』によると、App StoreとGoogle Playのスマホゲームの売上合計は一日で61.38億円(5580万ドル)を記録したという。

これは前年のブラックフライデーの売上と比較して23.8%の増加で、2018年の日売上高の最高記録だという。

スマホゲームと非ゲームどちらの売上が多い?

ブラックフライデー一日のApp Storeの売上高は38.72億円(3520万ドル)で、Google Playの売上高は22.66億円(2060万ドル)となっており、比率でいうとおよそ6:4の関係になっている。

各ストアのスマホゲームと非ゲームの売上比を見てみると、App Storeのスマホゲーム売上の全体比は68%、Google Playは86%と売上の大半をゲームが占めていることになる。


(ブラックフライデー当日のスマホゲーム売上推移)

ブラックフライデーの売上Top1ゲームの売上規模は?

ブラックフライデー当日の売上Top1に輝いたのはSupercellの『クラッシュ・オブ・クラン』で2.31億円(210万ドル)の売上。

Supercellは『クラッシュ・ロワイヤル』も売上Top5に入っており、売上高は1.01億円(92万ドル)だったという。


(ブラックフライデー当日の売上ランキング)


引用:https://www.youxituoluo.com/517738.html
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/