スポンサーリンク

【売上ランキング】『NARUTO』のスマホゲームが版号取得後セルラン急上昇でTop15入り!

売上ランキング

中国スマホゲームのAppStore売上・DLランキングの定点観測を行いたい。

*以下ランキングカテゴリはゲーム総合。

中国AppStoreセールスランキング週次比較

11月21日(木)と11月28日(木)の中国AppStoreセールスランキングTop15は以下の通りだ。

この2週間上位4タイトルはテンセントの『王者栄耀』『和平精英』、NetEaseの『夢幻西遊』、Aligamesの『三国志:戦略版』と変わりがなかったが、今週は『陰陽師』がアップデートに合わせて一気に2位にランクインしてきた。

陰陽師』は中国では2016年9月にリリースされており、既に3年を超えている。同作は毎月1回アップデートを行い、その度にセールスランキングTop3に入るほど大きな売上の山を作る、というサイクルで長期運営に成功している。


出所:七麦数拠 『陰陽師』直近1年iOSセールスランキング推移

先週Top6だった西山居が開発、bilibiliが配信を行う『ガール・カフェ・ガン(双生視界)』は徐々に順位を下げ28日(木)の段階でTop57と順位を落としている。

他には版号を取得した『NARUTO』IPのスマホゲーム『火影忍者:忍者新世代』が27日(水)の701位から一気にTop12までジャンプアップしている。


中国AppStoreセールスランキングTop15
画像左側が11月21日(木)、画像右側が11月28日(木)。

スポンサーリンク

中国AppStoreダウンロードランキング週次比較

11月21日(木)と11月28日(木)の中国AppStoreダウンロードランキングTop15は以下の通りだ。

今週1位は先週8位だったカジュアルアクションゲーム『我功夫特牛』となった。また2位にはZilongの新作『啓源女神』がランクインしている。

先週のリリース後ダウンロードランキング1位を3日連続で維持していた『ガール・カフェ・ガン(双生視界)』はその後順位を下げ28日(木)の段階でTop28となっている。

セールスランキングも徐々に下降線を描いているため、売上状況に応じてマーケティングを調整しているのではないかと予測できる。


(『火影忍者:忍者新世代』)

また、セールスランキングで701位からTop12までジャンプアップした『NARUTO』IPの『火影忍者:忍者新世代』のダウンロードランキングは先週と変わらず500位圏外とほぼ新規の流入がないことから、売上大幅増は既存ユーザーの課金に依るものとなっているようだ。


中国AppStoreダウンロードランキングTop15
画像左側が11月21日(木)、画像右側が11月28日(木)。
*画像に『畅销榜(セルラン)』とあるのは参照元『七麦数拠』の不具合と思われる。

スポンサーリンク

関連情報

『火影忍者:忍者新世代』公式HP:https://hyrzol.qq.com/


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

コメント

タイトルとURLをコピーしました