スポンサーリンク

【決算】NetEase2020年Q1は売上高約2730億円!荒野行動など日本市場が貢献!

決算

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、5月20日に会計監査前の2020年Q1決算発表を行った。

2020年Q1の売上高は約2730億円で前年同期比18.3%の増加、株主に帰属する純利益約568億円と前年同期の約約437億円から30%近い増加となった。

NetEase 2020年Q1も増収増益

NetEaseの会計監査前の2020年Q1の業績は以下の通り。

NetEaseの2020年Q1の売上高約2730億円(170.6億元)で、前年の約2308億円(144.2億元)と比べ約18%の増加オンラインゲーム事業売上高は約2163億円(135.2億元)、同事業の売上総利益は約1387億円(86.66億元)となっている。

同社の好決算の要因は、主力タイトルである『夢幻西遊』『夢幻西遊3D』『陰陽師』『ライフアフター』の売上が堅調に推移したこと、『荒野行動』『IdentityV』と言ったタイトルの日本市場におけるアクティブユーザーの増加だとしている。

今後のラインナップは『夢幻西遊H5』『PES Club Manager』『 EVE Echoes』『陰陽師:妖怪屋』『Harry Potter: Magic Awakened』『Diablo® Immortal™』『ポケモンクエスト』『MARVEL Duel』などを予定しているとした。


(『Harry Potter: Magic Awakened』)

スポンサーリンク

関連情報

NetEase 2019年度決算記事:こちら
NetEase 2020年Q1決算報告資料:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました