スポンサーリンク

【決算】NetEase2019年度決算発表!全体の約8割を占めるゲーム事業は売上約7428億円!

決算

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、2月26日に会計監査前の2019年通年決算発表を行った。

2019年の売上高は約9478.4億円前年同期比15.7%の増加、オンラインゲーム事業の売上高は約7428億円前年同期比15.5%の増加とゲーム事業が引き続き堅調な伸びをみせている。

NetEase 2019年は増収増益

NetEaseの会計監査前の2019年の業績は以下の通り。

NetEaseの2019年通年の売上高約9478.4億円(592.4億元)で、前年の約8189億円(511.79億元)と比べ約16%の増加となっている。

同社の主力事業はゲーム事業で全体売上におけるゲーム事業売上の比率は昨年と変わらず78%前後となっており、その内スマホゲーム売上が7割近くなっているとされる。

売上総利益約5049億円(315.55億元)で、前年の約4375億円(273.46億元)と比べ約15%の増加となっている。

同社の増収増益を支えているのは『荒野行動』『IdentityV』『ライフアフター』と言った自社開発タイトルの海外市場でのヒットと、中国国内市場における『夢幻西遊』『大話西遊』『陰陽師』と言った長期運営タイトルの安定した売上によるところが大きい。

*上述の2018年通年の業績は、NetEaseが昨年発表した会計監査前の2018年通年の業績とは数字が異なる。同社IRページでは会計監査後の数字が公開されていないため推測になるが、上述の2018年の業績は会計監査後の数字であると予測される。

スポンサーリンク

関連情報

NetEase 2019年決算報告資料:http://ir.netease.com/news-releases/news-release-details/netease-reports-fourth-quarter-and-fiscal-year-2019-unaudited

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

コメント

タイトルとURLをコピーしました