【独占】NextNinjaのマーケ戦略とは?

【海外市場情報】20年上半期全世界スマホゲーム売上は約4兆円!売上Top1はPUBG

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2020年上半期のApp StoreとGoogle Playのスマホゲーム全世界売上の速報値を発表した。

同統計によると、2020年1月1日から6月30日までのスマホゲームの全世界売上高約4兆260億円(366億ドル)で前年同期比で21.2%増の大幅増としている。

2020年上半期全世界スマホゲーム売上は約4兆円!

2020年上半期は世界的に在宅時間が増加したこともあり、これまで以上にスマホゲームに注目が集まった。

同期間のApp Storeの売上高は約2兆4420億円(222億ドル)、前年同期比22.7%増、Google Playの売上高は約1兆5840億円(144億ドル)、前年同期比19%増、両ストアの売上を合わせたスマホゲームの全世界売上高約4兆260億円(366億ドル)、前年同期比で21.2%増の大幅増としている


出所:Sensor Tower

スポンサーリンク

売上Top1はPUBG Mobile

同社が発表した2020年上半期の全世界スマホゲーム売上Top10は以下の通り。

2020年上半期の全世界スマホゲームTop1はテンセントの『PUBG Mobile』(中国版『和平精英』中国App Store売上含む)で、2020年上半期の売上高は約1430億円(13億ドル)と予測されている。

2019年上半期売上Top1であったテンセントの『王者栄耀』は『PUBG Mobile』に抜かれたかたちとなったが、売上高は前年同期比24.5%増の約1100億円(10億ドル)とTop2に位置している。

Top3のmixi『モンスターストライク』は2019年上半期からTop3を維持しており、2020年上半期の売上高は約695億円(6.32億ドル)と予測されている。

Top4の『Roblox』はリリースから現在までの累計売上が1650億円(15億ドル)を突破、Top5の『Coin Master』も2016年のリリースからの累計売上が約858億円(7.8億ドル)と1000億円の節目に近づいている。

スポンサーリンク

2020年上半期全世界スマホゲームDL数は約285億回!

スマホゲームの新規ダウンロード数は増加傾向にあり、App StoreとGoogle Playの全世界でのダウンロード数は約285億回と予測されている。

前年同期のダウンロード数は約200億回であったため、前年同期比で42.5%増と大幅に増加している。Google Playのダウンロード数は46.2%増の228億回、App Storeのダウンロード数は29.5%増の57億回となった。

出所:Sensor Tower

同社が発表した2020年上半期の全世界スマホゲームダウンロード数Top10は以下の通り。


出所:Sensor Tower

ダウンロード数Top1はテンセントの『PUBG Mobile』、Top2はGarenaの『Garena Free Fire』で1位、2位をバトロワ系タイトルが占めた。

続いてTop3はRuby Game Studioの『Hunter Assassin』、Top4はEyewind Limitedの『Brain Out』、Top5はPlayrixの『Gardencapes』となっている。

当記事まとめ

■まとめ
2020年上半期全世界スマホゲーム売上は約4兆円
ダウンロード数は約285億回で40%超の増加
売上Top1は『PUBG Mobile』

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました