スポンサーリンク

【海外市場】1~10月の米国スマホストラテジーゲーム売上は約3000億円、4X系が人気!

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2020年1月から10月末までの米国市場のスマホストラテジーゲームの売上状況を公開した。

同社の統計によると、同期間の売上規模は前年同期比で約22%増加し、約3080億円に達したと予測している。

2020年1月~10月米国ストラテジーゲーム売上規模は約3000億円

2020年1月1日から10月31日までの米国市場のストラテジーゲームのサブカテゴリ『ビルド&バトル』の売上Top1はSupercellの『Clash of Clans』で同サブカテゴリの売上約288億円(2.62億ドル)と予測されている。

Top2はLilith Gamesの『ライキン』、Top3はWarner Brosの『Game of Thrones: Conquest』となっている。


出所:Sensor Tower

同期間のストラテジーゲームのダウンロード数は、前年同期比5.8%の減の1.13億回で、ダウンロード数Top1はFunPlusの『State of Survival』の630万回と予測されいる。

Top2はTop Gamesの『Evony』、Top3はSupercellの『Clash of Clans』となった。


出所:Sensor Tower

4Xストラテジーゲームの売上規模は約2000億円

ストラテジーゲームのサブカテゴリ毎の売上分布を見ると『4Xストラテジー』カテゴリが一番売上が高く、同サブカテゴリゲームの売上は前年同期比34%増の約2090億円(19億ドル)となった。

売上高の増加率が一番高かったサブカテゴリは『タワーディフェンス』でこれにはYostarの『アークナイツ』やNinja Kiwiの『Bloons TD 6』などが含まれ、売上高は前年同期比131%増の約70億円(6370万ドル)と予測されている。

ダウンロード数でも『4Xストラテジー』サブカテゴリのゲームが一番多く4420万回を記録、ダウンロード数の増加率が一番高かったサブカテゴリはKONAMI『遊戯王デュエルリンクス』、2K『WWEスーパーカード』といった『カードバトル』となった。


ストラテジーゲームの収益性分布図。
出所:Sensor Tower

当記事まとめ

■まとめ
・2020年1月~10月米国スマホストラテジーゲーム市場規模は約3000億円
・4Xストラテジーが約2000億円
・タワーディフェンスは約70億円

スポンサーリンク

関連記事

Sensor Tower記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました