決算

決算

【中国ゲーム市場】2020年上半期中国ゲーム企業決算まとめ 中国企業2つの成長要因とは?

中国ゲーム系上場企業の2020年上半期決算発表が概ね終わったので、以下に売上Top25企業を紹介したい。シェアの8割を上位5社が占めるとされる中国市場における、中国ゲーム企業の成長要因とは?
決算

【決算】XDの2020年上半期売上は約230億円!TapTapはMAU2480万人到達!

『ラグナロクマスターズ』の開発元であり、スマホゲームプラットフォーム『TapTap』を展開する『XD Inc(心动有限公司)』が2020年上半期の決算発表を行った。同社の2020年上半期の売上高は約230億円で前年同期比10%の増加、当期純利益は約42億円で前年同期比21%の減少と増収減益となっている。
決算

【決算】PerfectWorldの上半期売上高は約823億円!スマホMMOで強みを発揮!

中国深セン上場企業の『Perfect World(完美世界)』が2020年上半期の決算発表を行った。同社の2020年上半期の売上高は約823 億円で前年同期比40%の増加、純利益は約203億円で前年同期比2 5%の増加の増収増益となった。
決算

【決算】中国市場シェアTop3『37Games』 2020年上半期売上は約1278億円!

日本では『日替わり内室』で知られる中国深セン上場企業『三七互娯(37 Interactive Entertainment)』が2020年上半期の決算発表を行った。同社の2020年上半期の売上高は約1278億円で前年同期比32%の増加、純利益は約272億円で前年同期比65%の増加と予測値を上回る好決算となった。
決算

【決算】FunPlus・Shengquの2020年上半期売上は過去最高の約1243億円!

『Fun Plus』や『盛趣遊戯(元・盛大遊戯)』を傘下に収める中国国内上場企業『世紀華通』が2020年上半期の業績を発表した。同社の2020年上半期の売上高は約1243億円(77.68億元)で前年同期比12%増、株主に帰属する純利益は約256億円(16.02億元)の36%増と増収増益となった。
決算

【決算】bilibili2020年上半期の売上高は約789億円!ゲーム事業依存から脱却へ

8月27日、NASDAQ上場企業bilibili(ビリビリ)は2020年Q2の会計監査前の決算発表を行った。2020年上半期の売上高は約789億円(49.33億元)で前年同期比で69%の増加、売上総利益は約181億円(11.34億元)と前年同期比で157%近い増加となった。
決算

【決算】YOOZOO上半期売上は約400億円の増収増益!海外展開は日本市場が牽引!

『レッド:プライドオブエデン』『三国志ブラスト』『成り上がり』等の運営元で、中国深セン上場企業の『YOOZOO(游族)』が2020年上半期の決算発表を行った。同社の2020年上半期の売上高は約403億円(25.16億元)で前年同期比45%増、当期純利益は約79億円(4.96億元)で同期比22%増と増収増益となった。
決算

【決算】NetEaseQ2売上高は約2900億円!荒野行動など自社開発作が増収増益に貢献

『荒野行動』などで知られる、NASDAQと香港証券取引所で上場しているネットイース(NetEase)は、8 月13日に会計監査前の2020年Q2 の決算発表を行った。2020年Q2の売上高は約2909億円で前年同期比26%の増加、当期純利益は約744億円と前年同期の約499億円から50%近い増加と、増収増益となった。
決算

【決算】テンセントQ2売上高は約1.8兆円!スマホゲーム売上は前年比62%増の好決算!

Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2020年Q2(4月~6月)の決算発表を行った。2020年Q2の売上高は約1兆8381億円で前年同期比で29%の増加、当期純利益は前年比31%増の約5193億円、オンラインゲーム事業売上は前年比40%増の約6126億円と大幅な増収増益となった。
決算

【決算】YOOZOO上半期売上は400億円を見込む!Perfect Worldも好調!

『レッド:プライドオブエデン』『三国志ブラスト』等の運営元で、中国深セン上場企業の『YOOZOO(游族)』が2020年上半期業績の速報値を発表した。同社の発表によると2020年上半期の売上高は前年同期比44.5%増の約400億円(25億元)を超える見込みだとしている。
上場情報

【上場情報】ドラブラ開発ARCHOSAUR GAMESが香港上場!時価総額約2240億円

『コード:ドラゴンブラッド』の開発元として知られる中国大手デベロッパー『祖龍(ARCHOSAUR GAMES)』は7月15日、香港証券取引所で株式公開し上場を果たした。同社の2019年の業績は、売上高約171億円、営業利益59億円で、2022年までにMMO、SLGを含む8本のスマホゲームのリリースを予定している。
決算

【決算】FunPlus・Shengquの2019年度売上は約1943億円!開発費は約213億円!

『Fun Plus』や『盛趣遊戯(元・盛大遊戯)』を傘下に収める『世紀華通』が2019年度の業績を発表した。同社の2019年度の売上高は約2350億円(146.9億元)で前年同期比17%増、株主に帰属する純利益は約366億円(822.85億元)で同期比70%増と増収増益となった。
決算

【決算】中国ゲーム実況大手Douyu(斗魚)Q1売上は364億円!課金ユーザーの課金額は約4500円!

中国ゲーム実況サービス大手でNASDAQ上場の『Douyu(斗魚)』が2020年Q1の決算発表を行った。Q1の売上高は約364億円(22.78億元)で前年同期比53%の増加、売上総利益は約78億円(4.86億元)で前年同期比139%の増加の好決算となった。
決算

【決算】NetEase2020年Q1は売上高約2730億円!荒野行動など日本市場が貢献!

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、5月20日に会計監査前の2020年Q1の決算発表を行った。2020年Q1の売上高は約2730億円で前年同期比18.3%の増加、株主に帰属する純利益は約568億円と前年同期の約約437億円から30%近い増加となった。
決算

【中国企業|決算】テンセント2020年Q1 売上高は約1.7兆円!前年比26%増と絶好調!

Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2020年Q1の決算発表を行った。2020年Q1の売上高は約1兆7290億円で前年同期比で26%の増加、株主に帰属する純利益は前年比6%増の約4623億円、オンラインゲーム事業売上は前年比31%増の約5968億円と大幅な増収増益となった。
決算

【決算】2019年度中国ゲーム上場企業決算まとめ!売上・純利Top25は?

中国ゲーム会社の2019年度決算まとめ。2019年度の売上Top1はテンセントで売上高約1.8兆円、前年同期比で10%増加とこの規模にして依然2桁成長を果たしている。Top2はNetEaseで売上高約7428億円、前年同期比15.5%増、Top3は世紀華通、Top4は37 Interactiveとなっている。
決算

【決算】角川ゲームスに出資の中国玩具、アニメ大手『Alpha Group(奥飞娱乐)』2019年は減収増益!

角川ゲームスに出資したことでも知られる中国上場玩具、アニメ大手の『Alpha Group(奥飞娱乐)』が2019年度の決算を発表した。同社の2019年度の売上高は約436億円で前年比で約4%減少、株主に帰属する純利益は約19億円で前年比約107%増加と減収増益となった。
決算

【決算】『コード:ドラゴンブラッド』の開発元『祖龍』香港で上場申請!売上は約171億円!

4月3日、『コード:ドラゴンブラッド』で知られる中国大手デベロッパーの『祖龍(ARCHOSAUR GAMES)』は香港証券取引所に目論見書を提出し、上場申請を行った。同社の2019年の業績は、売上高約171億円、営業利益59億円、純利益約19億円と純利益ベースでも黒字化を果たしている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました