決算

決算

【決算】『コード:ドラゴンブラッド』の開発元『祖龍』香港で上場申請!売上は約171億円!

4月3日、『コード:ドラゴンブラッド』で知られる中国大手デベロッパーの『祖龍(ARCHOSAUR GAMES)』は香港証券取引所に目論見書を提出し、上場申請を行った。同社の2019年の業績は、売上高約171億円、営業利益59億円、純利益約19億円と純利益ベースでも黒字化を果たしている。
決算

【決算】37Gamesの『三七互娯』売上高は過去最高の約2116億円!中国市場シェアは10%へ!

『日替わり内室』で知られる中国国内A株上場企業『三七互娯(37 Interactive Entertainment)』が2019年通年の決算発表を行った。同社の2019年通年の売上高は約2116億円で前年同期比73%の増加、純利益は約387億円で前年同期比110%の増加と売上高、純利益ともに過去最高を記録した。
決算

【決算】TapTapの『XD Inc』2019年度売上は60%増の約454億円!研究開発に積極投資!

ガンホーが運営を行う『ラグナロクマスターズ』の開発元であり、スマホゲームプラットフォーム『TapTap』を展開する『XD Inc(心动有限公司)』が2019年の決算発表を行った。2019年度の売上高は約454億円で前年同期比50%の増加、売上総利益は約283億円で前年同期比60%の増加と大幅な増収増益となっている。
決算

【決算】スクエニIP『クロスゲート』スマホ版開発のiDreamSky 2019年度売上は約447億円

スクエア・エニックスの『クロスゲート』IPのスマホ版『魔力宝贝』の開発などを行う香港証券取引所上場企業『iDreamSky(梦创天地)』が2019年通年の決算発表を行った。同社の2019年通年の売上高は約447億円で前年同期比18%の増加、売上総利益は約196億円で前年同期比18%の増加と増収増益となっている。
決算

【決算】ドラゴンボールなどIPゲームを手掛ける『CMGE』2019年売上は約486億円!

中国でドラゴンボールIPの『龙珠觉醒』やワンピースIPの『航海王 强者之路』などのスマホゲームの運営を行う香港上場企業『CMGE(中手游)』が2019年通年の決算発表を行った。同社の2019年通年の売上高は約486億円で前年同期比90%の増加、売上総利益は約173億円で前年同期比104%の増加と増収増益となっている。
決算

【決算】Mildomの中国ライブ動画大手『Douyu(斗魚)』2019年売上約1165億円で増収増益

ライブ配信プラットフォーム『Mildom』を運営する、中国ライブ動画大手、NASDAQ上場の『Douyu(斗魚)』が会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。同社の2019年通年の売上高は約1165億円で前年同期比99%の増加、売上総利益は約191億円で前年同期比692%の増加と大幅な増収増益となっている。
決算

【決算】中国ゲーム実況ライブ動画大手『HUYA(虎牙)』2019年売上高は約1340億円!

中国最大規模のゲーム実況動画サービスを展開する、NASDAQ上場企業『HUYA(虎牙)』は、3月16日に会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。2019年の売上高は約1340億円で前年比で80%の増加、売上総利益は約237億円と前年比で103%の増加、株主に帰属する純利益もマイナスからプラスに転じ増収増益となった。
決算

【決算】テンセント2019年売上は約6兆円と増収増益!オンラインゲーム売上は1.8兆円!

Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。2019年の売上高は約6兆366億円(3772.89億元)で前年同期比で21%の増加、オンラインゲーム事業売上は約1兆8352億円(1147億元)、前年比で10%増と好決算となった。
決算

【決算】bilibiliが2019年決算発表!スマホゲーム売上は約576億円!非ゲームも好調!

bilibili(ビリビリ)は2019年通年の会計監査前の決算発表を行った。2019年の売上高は約1084億円(67.78億元)で前年同期比で64%の増加、売上総利益は約190億円(11.9億元)と前年同期比で40%近い増加となった。ただし、株主に帰属する純損益は約206億円と前年同期の約99億円から拡大している。
決算

【中国企業|決算】IGGが2019年決算発表!ローモバ売上約593億円も減収減益!

『ロードモバイル』などで知られる、香港証券取引所上場企業のIGGは、会計監査後の2019年通年の決算発表を行った。2019年の決算は、売上高は約734億円で前年同期比約11%の減少、株主に帰属する純利益は約181億円で前年同期比約13%の減少と、減収減益となった。
決算

【決算】NetEase2019年度決算発表!全体の約8割を占めるゲーム事業は売上約7428億円!

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。2019年の売上高は約9478.4億円で前年同期比15.7%の増加、オンラインゲーム事業の売上高は約7428億円、前年同期比15.5%の増加とゲーム事業が引き続き堅調な伸びをみせている。
決算

【決算】時価総額1兆円企業『Perfect World』2019年ゲーム事業は増収増益!

『Perfect World(完美世界)』が2019年通年の業績速報を公開したので紹介したい。同社はゲーム事業と映像事業を総合的に手がける老舗の大手パブリッシャーだ。直近では日本市場向けに同社の看板タイトル『パーフェクトワールドM』を『ラングリッサー モバイル』のZlong社が配信することが決定している。
決算

【決算】中国ゲーム実況ライブ動画大手『Douyu(斗魚)』Q3は増収増益!市場は成長継続と明言

中国ゲーム実況サービス大手でNASDAQ上場の『Douyu(斗魚)』が2019年Q3の決算発表を行った。Q3の売上高は約297億円(18.59億元)で前年同期比81%の増加、売上総利益は約51億円(3.17億元)で前年同期比451%の増加と大幅な増収増益となっている。
決算

【決算】ラグマスの開発やTapTapを手掛けるXD 香港上場を見据え決算発表!売上規模は?

日本ではガンホーがリリースしヒットを記録している『ラグナロクマスターズ』の開発元であり、スマホゲームプラットフォーム『TapTap』を有する『XD Inc(心动有限公司)』の香港上場が間近に迫っている。同社は11月29日付けで最新の決算資料を公開、香港証券取引所での上場に向け最終確認の段階に入った。
決算

【中国企業|決算】NetEase Q3は売上高約2342億円と好調持続!利益の大半をゲーム事業が担う

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、11月20日に会計監査前の2019年Q3(7月~9月)の決算発表を行った。Q3の売上高は約2342億円で前年同期比11.2%の増加、オンラインゲーム事業の売上高は約1845億円、前年同期比11.5%の増加と安定成長を持続している。
決算

【中国企業|決算】bilibiliのQ3売上高は約297億円と増収も純損益は拡大が続く

NASDAQ上場企業bilibili(ビリビリ)が2019年Q3(7月~9月)の会計監査前の決算発表を行ったので紹介したい。Q3の売上高は約298億円(18.6億元)で前年同期比で72%の増加、売上総利益は約56億円(3.51億元)と前年同期比で70%以上の増加となった。ただし、株主に帰属する純損益は拡大が続いている。
決算

【中国企業|決算】テンセント決算発表!2019年Q3売上高は1.5兆円!ゲーム事業は海外売上が10%超

Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2019年Q3の決算発表を行った。Q3の売上高は約1兆5558億円で前年同期比で21%の増加、オンラインゲーム事業売上は約4576億円、前年同期比で11%増、スマホゲーム事業売上は約3888億円、前年同期比25%増とゲーム事業売上が引き続き拡大している。
上場情報

【上場情報】ドラゴンボール、ワンピースなど多くのIPゲームを手掛けるCMGE(中手游)が香港で上場!

中国でドラゴンボールIPの『龙珠觉醒』やワンピースIPの『航海王 强者之路』などのスマホゲームの運営を行うCMGE(中手游)が香港証券取引所にて上場を果たした。同社は2011年に中国深センで創業、2012年9月にはNASDAQ上場、2015年8月にNASDAQ上場廃止、プライベート化し、香港での再上場を目指していた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました