スポンサーリンク

【決算】中国ゲーム市場No.1企業テンセントのQ3決算は?スマホゲーム売上4桁億円!

決算

11月14日、香港証券取引所上場企業Tencent Holdings Ltd(テンセント)が会計監査前の2018年Q3(7月~9月)の決算発表を行ったので紹介したい。

中国政府のゲーム規制の影響が懸念され、株価は下落を続けていたが、蓋を開けてみると、前期比で増収増益を果たす結果となった。

ゲーム規制を跳ね除け前期比増収増益!

– 売上高は約1兆2895億円(805.95億元)、前年同期の約1兆399億円と比べると24%の増加。

– 営業利益は約4458億円(278.61億元)、前年同期の約3654億円と比べると22%の増加。

– オンラインゲーム事業の売上は約4130億円(258.13億元)、前年同期の約4302億円と比べると4%の減少。前期(Q2)との比較では2.4%増加となっている。

– オンライン広告事業の売上は約2600億円(162.47億元)、前年同期の約1768億円と比べると47%の増加。

(単位は億円。1元=16円で換算)

Q3増収増益の要因は?

売上高は前年同期比で24%の増加を達成した。これは主にWechat Payを始めとした決済サービスオンライン広告ライブ動画といったデジタルコンテンツ及びクラウドサービスの伸長によるものだ。

オンラインゲームの売上が前年同期比で-4%となっているが、これは主にPCクライアント・サーバー型のオンラインゲームの売上減少に起因している。

スマホゲームの売上前年同期比で7%増加前期比で11%増加の3120億円(195億元)と伸びているものの、PCオンラインゲームの減少を全てカバーするまでには至らなかった。


引用:http://www.gamelook.com.cn/2018/11/343348
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

 

タイトルとURLをコピーしました