スポンサーリンク

【海外市場】2019年Q3の全世界スマホゲーム売上規模は約1.8兆円!売上・ダウンロードTop10は?

海外市場情報

スマホゲームやアプリの調査・分析ツールを提供する『Sensor Tower』は2019年Q3(7~9月)の全世界スマホアプリ(非ゲーム含む)のApp StoreとGoogle Playの全世界売上規模をを発表した。

同社の発表によると、2019年Q3の全世界スマホアプリのApp StoreとGoogle Playの売上規模は約2.4兆円(219億ドル)で、前年同期の約1.97兆円(179億ドル)と比べ22.9%の増加となった。

2019年Q3 全世界スマホゲーム売上規模は約1.8兆円

2019年Q3の非ゲームを含む全世界のAppStoreとGoogleplayの売上規模は約2.4兆円であった。これをスマホゲームだけに絞ると売上規模は約1.79兆円(163億ドル)と前年同期の約1.5兆円(136億ドル)と比べ20%の増加となった。

2019年Q3の両ストアの売上規模の内訳はApp Storeが約1兆780億円Google Playが約7150億円となっている。ただし、Google Playは中国で実質売上が無い点や『Fortnite』が同ストアでは配信されていない点は考慮するべきだろう。

スポンサーリンク

2019年Q3 全世界スマホゲームDL数は111億回

2019年Q3の全世界のAppStoreとGoogleplayのスマホゲームのダウンロード数は2018年Q3の95億回から17.6%増加2019年Q3には111億回となった。

2019年Q3の両ストアのDL数の内訳はApp Storeが24億回、前年同期比7.3%増加Google Play87億回で前年同期比20.9%増加となっている。

スポンサーリンク

2019年Q3 スマホゲーム売上・DLランキング発表

最後に2019年Q3の全世界のApp StoreとGoogle Playの売上・ダウンロードTop10を見てみよう。

売上Top10は『PUBG Mobile』が1位、『王者栄耀』が2位テンセントが1位、2位を独占している。

PUBG Mobile』は2019年Q3に約545.6億円(4.96億ドル)、『王者栄耀』は約414.7億円(3.77億ドル)、『Fate/Grand Order』は約389.4億円(3.54億ドル)の売上を上げている。

また、4位の『Pokemon GO』は2019年Q3で最も売上が増加したスマホゲームで、売上は約338.8億円(3.08億ドル)、前年同期比で63%の増加となっている。

DLランキングで特筆すべきは任天堂の『マリオカート ツアー』だろう。同作はQ3末に当たる9月25日にリリースされたものの、1週間足らずで8600万DLを記録し3位にランクインした。

DLランキング1位はGood Job Gamesの『Fun Race 3D』で1.23億回DLと2位『PUBG Mobile』を近差で抑えたかたちとなった。

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower Blog:https://sensortower.com/blog/app-revenue-and-downloads-q3-2019


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました