スポンサーリンク

【規制情報】今月2度目の『版号』発表!NetEaseの次世代MMO『天諭』など計53作が取得!

規制情報

2月25日付けにて中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計53タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。

53タイトルの内カジュアルゲーム27作と前回に続き大半を占めている。コアゲームではテンセント、NetEase、YOOZOOなど大手ゲーム会社のタイトルが『版号』を取得している。

注目はNetEaseの次世代MMO『天諭』

今回の注目はNetEaseがフラッグシップ級と位置づける次世代MMORPG『天諭』だ。同作はNetEaseが2013年にリリースした人気PC MMORPGのスマホ版で、キャラクターの自由なカスタマイズや空中移動などが楽しめるという。



(NetEase『天諭』)

他にはテンセントの『秦时明月世界』、bilibiliのミステリーADV『寄居隅怪奇事件簿』、YOOZOOの人気スマホゲーム『少年三国志』シリーズの新作カードバトルRPG『少年三国志:零』がスマホゲームとして、X.Dの『風来之国』がPCクライアント・サーバー型、RocketPunch Gamesが開発を行った『ハードコアメカ』がPS4向けとして『版号』を取得している。

スポンサーリンク

2月25日付け 版号取得タイトル内訳

2月25日付けにて公開された版号取得タイトル内訳は以下の通り。

【中国産ゲーム版号取得タイトル内訳】
モバイル:49作
PCクライアント・サーバー型:3作
PS4:1作
合計:53作

版号取得タイトル一覧:こちら

スポンサーリンク

関連情報

『天諭』公式ホームページ:https://tym.163.com/


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

コメント

タイトルとURLをコピーしました