スポンサーリンク

【規制情報】4月最初の『版号』取得タイトル発表!テンセント、NetEase、bilibiliなど大手が多数!

規制情報

4月8日付けにて中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計55タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。

55タイトルの内訳はスマホゲームが49作(内、カジュアルゲーム26作)、PCクライアント・サーバー型が4作、ブラウザゲームが1作、PS4向けが1作で、テンセント、NetEase、37Games、Perfect World、bilibiliなどのタイトルが『版号』を取得した。

テンセント、NetEaseの『版号』取得タイトルは?

今回『版号』を取得したタイトルの内、主だったものはテンセントの『乱斗之星』、NetEaseの『海岛纪元(アカツキアイランド)』、bilibiliの『古剑奇谭木语人』が挙げられる。

テンセントが今回『版号』を取得した『乱斗之星』は昨年7月にWechatのHTML5ミニゲームとして既にリリースされており、今後スマホアプリ化を見据えての対応かHTML5ミニゲーム用に申請したものかは定かではない。


(『乱斗之星』)

NetEaseの『版号』取得タイトル『海岛纪元』は『アカツキアイランド』として日本でもリリースされており、海外市場で先行してリリースしていたMMORPGだ。


(『アカツキアイランド』)

bilibiliの『古剑奇谭木语人』は中国産RPG『古剑奇谭』IPのスマホゲームで3Dターン制バトルRPGとなっている。TapTap上では予約数が2.6万、レビュースコア8.6となっている。


(『古剑奇谭木语人』)

スポンサーリンク

4月8日付け 版号取得タイトル内訳

4月8日付けにて公開された版号取得タイトル内訳は以下の通り。

【中国産ゲーム版号取得タイトル内訳】
モバイル:49作
PCクライアント・サーバー型:4作
ブラウザゲーム:1作
PS4:1作
合計:55作

版号取得タイトル一覧こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

コメント

  1. 日の出国の人 より:

    最近、海外企業タイトルが全く申請承認が出ませんね。。

    • 編集長 より:

      確かに、版号審査プロセス変更で一番影響を受けているのが海外企業タイトルかもしれませんね。

    • Kim より:

      最近と言えばプリコネかな、実際海外企業タイトルの申請数が中国のタイトルと比べて少ないということもありますね。

タイトルとURLをコピーしました