【独占】NextNinjaのマーケ戦略とは?

【上場情報】ドラブラ開発ARCHOSAUR GAMESが香港上場!時価総額約2240億円

上場情報

『コード:ドラゴンブラッド』の開発元として知られる中国大手デベロッパーの『祖龍(ARCHOSAUR GAMES)』は7月15日、香港証券取引所で株式公開し上場を果たした。

同社の2019年の業績は、売上高約171億円営業利益59億円で、2022年までにMMO、SLGを含む8本のスマホゲームのリリースを予定しているとした。

ARCHOSAUR GAMES時価総額は約2240億円

『祖龍(ARCHOSAUR GAMES)』の香港上場初日の株価は売出し価格から75%上昇し、時価総額は約2240億円(160億香港ドル)となった。

香港市場で時価総額1400億円(100億香港ドル)を超えるゲーム企業は、テンセント、NetEase、XDに次ぐ4社目で、TapTapを展開するXDの時価総額約2520億円(180億香港ドル)に迫っている。

同社は2022年までにMMO、SLGを含む新規タイトル8本をリリース予定としており、先日のテンセントタイトル発表会ではUE4で開発中の3タイトル『幻想新大陸』『鸿图之下』『诺亚之心』が発表されている。


(『鸿图之下』。UE4で開発する1000キャラ同画面表示のリアル三国志SLG)

『祖龍(ARCHOSAUR GAMES)』の2017年、2018年、2019年の業績。

当記事まとめ

■まとめ
『ドラブラ』開発元が香港上場
時価総額は約2240億円
2022年までに8本の新作を予定

スポンサーリンク

関連情報

香港証券取引所:こちら
『祖龍(ARCHOSAUR GAMES)』目論見書:こちら
創業者インタビュー:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました