スポンサーリンク

【新年のご挨拶】2022年中国ゲーム業界はリストラなど冬の時代、23年は厳しさ増すと予測

中国ゲーム市場動向

明けましておめでとうございます。いつもゲーム大陸をご覧いただきありがとうございます。2023年も引き続き、ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

2023年の年初に際し、簡単な2022年の振り返りと2023年の予測を以下にご紹介したいと思います。

2022年中国ゲーム企業の日本展開は?

2022年の中国ゲーム企業の日本展開では、NetEase著名クリエイターとのコラボレーションが特に目立った一年となりました。1月には名越稔洋氏が代表を務める『名越スタジオ』への100%出資、8月にはカプコンで『バイオハザード』『デビル メイ クライ』シリーズなどの作品を手がけてきた小林裕幸氏をNetEase Gamesにプロデューサーとして迎え入れるなど、業界全体に大きなインパクトを与えました。

テンセントは21年の『白夜極光』のヒットを機に日本市場攻略の足場を固め、2022年には『勝利の女神:NIKKE』のパブリッシングで大成功を納め、後発だった日本市場進出においてもしっかりと自身のポジションを築くことに成功しました。

『原神』のHoyoverse、『パズル&サバイバル』の37Gamesは2022年も安定した売上を記録した反面、中国ではセルランTop10入りするヒットとなった『最強でんでん』や『無期迷途』が日本では同じようなヒットとならなかった点に、日本と中国の市場性や規模の違いが垣間見れ、そこを上手く消化できるかどうかに23年以降の中国ゲームの日本市場進出成功の鍵があるように思います。


(『勝利の女神:NIKKE』はグローバルリリース1週間で1000万DLを突破。オン・オフラインで全方位的な大規模プロモーションを実施した。)

2022年中国ゲーム市場は?

2022年の中国ゲーム市場は引き続き中国政府の規制の影響が大きい一年となりました。

22年の4月に約8ヶ月の停止期間を経て『版号』の新規交付が再開されましたが、年間で交付された『版号』は512件と、『版号』の総量規制が強化された2021年の755件と較べても更に少ない交付数となりました。

また、中国国内市場の飽和と『版号』の総量規制強化など、中国ゲームを取り巻く環境は非常に厳しく、テンセント、NetEase、bilibili、ByteDance、Alibaba、Hoyoverse、Lilithと言った上場・未上場の大手でも、プロジェクトの解散やリストラなどのニュースが絶えず、これまでの開発への積極投資姿勢から慎重姿勢へと大きくシフトチェンジした一年でもありました。


(12月24日付けでテンセントは『ポケモンユナイト』の版号を取得。)

2023年の中国ゲームは?

2023年は中国政府の厳しい規制が続くと予測されており、2022年の厳しい状況が大きく好転することは無いように思います。

これまでは、中国国内市場の規模と、PCからスマートフォンへの移行と言ったハードの変化、中国国内市場から海外市場開拓、など市場を拡大することで成長を続けてきましたが、コロナ需要の揺り戻しも相まって各国市場の停滞・減少が予測される中、主だった成長市場が見いだせず、開発・運営・マーケティングの全てを総動員した実力と、ハイリスクハイリターンなビジネスに耐えうる資金力を持った会社だけが残る、厳しい一年になりそうです。


(Hoyoverseの新作『ゼンレスゾーンゼロ』。中国内外でも期待値が高い。)

『ゲーム大陸』は2023年も『日中ゲーム業界の情報格差を『0』に!』をモットーに日々皆様の役に立つ情報を発信していく所存でおります。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

当記事まとめ

■まとめ
・中国ゲームの版号総量規制続く
・市場飽和と相まって、中国ゲーム業界は冬の時代に
・2023年も成長市場は見いだせず

スポンサーリンク

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました