スポンサーリンク

【中国企業|決算】『IGG』2019年上半期は減収減益!主力タイトルの減退が影響

決算

海外進出が目覚ましい中国ゲーム企業の中でも、トップクラスの売上を誇っているのが『ロードモバイル』の開発・運営会社である『IGG』だ。

同社は8月6日に2019年上半期(1月~6月)の決算発表を行った。

売上高は約390億円(3.547億ドル)、前年同期比で9%の減少と減収となった。

『IGG』2019年上半期は減収減益

『IGG』の2019年上半期の業績は以下の通りだ。

売上高は前年比約9%減の390億円(3.547億ドル)、売上総利益は約10%減の約271億円(2.461億ドル)と『IGG』の2019年の上半期は減収減益となっている。

同社は売上高減少の要因として『ロードモバイル』『キャッスル クラッシュ』の主力2タイトルの売上減退を挙げている。

利益減に関しては開発費とプロモーション費用の増大が影響しているとした。

スポンサーリンク

関連情報

『IGG』2019年上半期決算報告資料:http://static.cninfo.com.cn/finalpage/2019-08-05/1206500682.PDF

--
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/