スポンサーリンク

【中国市場データ】王者栄耀 DAU9535万!中国旧正月のインターネット利用状況は?

中国市場データ

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中国では旧正月休暇の延長や在宅勤務、不要不急の外出を控えるなどの対策が取られた。予期せぬかたちで在宅時間が増えたことにより、スマホゲーム市場にどの様な変化が起こったのか。

中国でモバイル・インターネットの調査を行う『Quest Mobile』が発表した2020年旧正月期間の中国モバイル・インターネット利用に関するレポートからゲームに関する部分を要約して紹介したい。

2020年旧正月期間のインターネット総利用時間は61億時間

先ずは2020年旧正月前後の全インターネットユーザーの総利用時間の推移を見てみよう。

旧正月前の1月14日は50.6億時間であったのに対し、旧正月期間休暇が延長され、在宅勤務が開始された2月3日には61.1億時間と20%近く利用時間が増加している。


出所:QuestMobile『2020中国移动互联网“战疫”专题报告』

2019年旧正月、2020年平日、2020年旧正月期間のインターネット利用時間の内訳は以下の通り。

黄色:SNS / グレー:ショートムービー / 青:スマホゲーム
赤:ニュース / 水色:動画 / 薄橙:読み物
鶯色:EC / ピンク:音楽 /薄グレー:その他


出所:QuestMobile『2020中国移动互联网“战疫”专题报告』
2020年春節:2020年1月24~2月2日
2020年平日:2020年1月2日~8日
2019年春節:2019年2月4日~10日

利用時間占有率の内訳を見てみると2019年の旧正月、2020年の平日の両方と比べてシェアが増加しているのはショートムービー系のアプリとなっている。

スマホゲームは2020年平日と比べると大きく利用時間のシェアが伸びているが、2019年の旧正月期間と比べると同程度の利用比率となっている。

スポンサーリンク

『王者栄耀』DAU9535万、日平均利用時間3時間超

SNSやショートムービーなど全てのインターネット行動におけるスマホゲームの利用時間の専有比率は2019年の旧正月期間と同程度となったが、今年は総利用時間が増えているので、スマホゲーム単体の利用時間は増加している。


出所:QuestMobile『2020中国移动互联网“战疫”专题报告』
青:2019年旧正月 /  グレー:2020年平日 / 黄色:2020年旧正月

上図は一日あたりのスマホゲームの利用時間の推移を表している。2020年の旧正月期間の一日あたりの平均利用時間は159分と、2019年の旧正月期間の113分から40%近く増加している。

また、ユーザー規模を見てみると、テンセントの『王者栄耀』はDAU9535万、『和平精英』はDAU7994万を記録するなど、旧正月前の平日と比較して30%近く増加している。


出所:QuestMobile『2020中国移动互联网“战疫”专题报告』

旧正月期間中、一日あたりの平均利用時間Top5のスマホゲームは『王者栄耀』『和平精英』『穿越火线:枪战王者(クロスファイア)』『开心消消乐』『欢乐斗地主』で、『欢乐斗地主』以外の4タイトルは昨年の旧正月期間と比べ、大幅に利用時間が増加している。


出所:QuestMobile『2020中国移动互联网“战疫”专题报告』

また、下図のWechatミニゲームのDAUでもインターネット総利用時間増加の影響が見られ、ソーシャル性の高いクイズ系ミニゲーム『我不是猪头』が3日間でDAU1231万人を記録している。


出所:QuestMobile『2020中国移动互联网“战疫”专题报告』

スポンサーリンク

関連情報

QuestMobile『2020中国移动互联网“战疫”专题报告』:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました