スポンサーリンク

【決算】37Gamesの『三七互娯』売上高は過去最高の約2116億円!中国市場シェアは10%へ!

決算

『日替わり内室』で知られる中国国内A株上場企業『三七互娯(37 Interactive Entertainment)』が2019年通年の決算発表を行った。

同社の2019年通年の売上高は約2116億円前年同期比73%の増加純利益約387億円前年同期比110%の増加と売上高、純利益ともに過去最高を記録した。

2019年度『三七互娯』の業績は?

『三七互娯(37 Interactive Entertainment)』の2019年度の業績は以下の通りだ。

『三七互娯』 2019年度業績
売上高約2116億円(132.27億元)と前年の約1221億円(76.32億元)から73%増加
営業利益約428億円(26.72億元)と前年の約123億円(7.7億元)から247%増加
 *売上総利益ではなく営業利益。2019年度売上総利益は約1832億円。
当期純利益:約387億円(24.16億元)と前年の約184億円(11.51億元)から110%増加

スポンサーリンク

『三七互娯』中国国内シェア10%へ

『三七互娯(37 Interactive Entertainment)』の過去最高売上を牽引したのはスマホゲーム事業で、同事業の2019年度売上高約1790億円(111.89億元)と前年比114.78%増となった。

また、創業者であり董事長を務める李逸飛氏はメディアインタビューに以下の様に話した。
・2019年はタイトル数、ジャンルが共に増加した
・『易观数据』のレポートによると中国国内市場におけるシェアが10.44%に拡大した
・中国国内で最大のヒット作は月商約256億円(16億元)規模
・ピークMAUは4000万超
最高新規ユーザー登録数(月)は3400万

研究開発に関しては継続して投資を行うとしており、シニアレベルの開発者数は2018年の1,379人から2019年には1,582人に増加、2019年度の研究開発費約131.2億円(8.2億元)と、前年比52.57%増となっている。

2020年度はタイトル数、ジャンルの拡充を更に図るとしており、中国国内で30数タイトル海外市場で20数タイトルのリリースを計画している。中でもアジア市場では複数のRPG、SLG、カード系、2次元系のタイトルを複数リリースするとした。

これを受け、2020年度の売上高は2019年度の水準を上回ると予測しており、2020年Q1の純利益約112億円(7億元)から約120億円(7.5億元)、前年同期比で54%~65%増の規模になると発表した。

また、今回の決算発表に合わせて非公開株式発行により、上限を約720億円(45億元)とした資金調達を行うと発表。調達した資金はオンラインゲームの開発と運営5Gクラウドゲーミングプラットフォーム構築広州本社ビル建設に用いるとしている。

スポンサーリンク

関連情報

『三七互娯(37 Interactive Entertainment)』2019年度決算資料:こちら
『37Games』海外事業責任者インタビュー:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

コメント

  1. 左よりの右 より:

    『三七互娯』は流石ですね!H5タイトルでもヒット作だしてるし
    ちゃんと泥臭く、ユーザーのニーズを満たしたコンテンツを作ってるイメージ。

タイトルとURLをコピーしました