スポンサーリンク

【規制情報】テンセントのハイエンドSLG、NetEase2次元カードバトル等が版号取得!

規制情報

9月1日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、9月1回目となる中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。

今回『版号』を取得した57タイトルの内訳はスマホゲームが55作(内、カジュアルゲームが27作)、PCクライアント・サーバー型2となっている。

注目はテンセントとNetEaseの新作

今回『版号』を取得したタイトルの中で注目作は以下の通り。

■テンセント/Archosaur Games(祖龍)鸿图之下
『ドラブラ』の祖龍がUE4を駆使し開発を行う、400万マスの大マップ、1000キャラ同画面表示のリアル三国志SLG。


(『鸿图之下』)

■NetEase『幻书启示录
先日の新作発表会でも紹介されていた、ファーブル昆虫記などの古典名著の擬人化2次元カードバトル。現段階でのTapTapのスコアは8.4となっている。


(『幻书启示录』)

9月1日付け 版号取得タイトル内訳

9月1日付けにて公開された版号取得タイトル内訳は以下の通り。

【中国産ゲーム版号取得タイトル内訳】
モバイル:55作
PCクラサバ型:2作
合計:57作

版号取得タイトル一覧こちら

当記事まとめ

■まとめ
・9月1回目の中国産ゲーム版号発表
・発表タイトル数は57作と従来と同じ
・注目はテンセントとNetEaseの新作

スポンサーリンク

関連情報

『幻书启示录』TapTapページ:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました