スポンサーリンク

【海外市場】原神10月売上は約263億円!テンセントPUBG Mobileを抜き1位に!

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年10月の海外市場売上Top30を発表した。

同統計によると、10月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1miHoYoの『原神』、Top2はテンセントの『PUBG Mobile』、Top3はFunPlusの『State of Survival』とTop1を維持してきた『PUBG Mobile』を『原神』が抜くかたちとなった。

*同ランキングに中国市場売上は含まれない。

原神の10月売上は約263億円

2020年10月の中国産スマホゲームの海外売上ランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

テンセント『PUBG Mobile』を抜きTop1になったmiHoYoの『原神』の10月売上中国以外の地域だけで約176億円(1.6億ドル)を記録、その内日本市場が35.6%、米国市場が27.4%、韓国市場が11%を占めている。

また、中国市場を含む『原神』の10月売上は約263億円(2.39億ドル)と予測されている。

DLランキングでも原神がTop1

2020年10月の中国産スマホゲームの海外市場ダウンロードランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

10月の海外市場DLランキングTop1も『原神』で1400万回近いダウンロードを記録した。ダウンロード数の国別比率Top3は米国が15%、日本が8.5%、インドネシアが7.7%となっている。

この他にも10月は、3Dシューター『Ninja’s Creed』、謎解きゲーム『Brain Find』、リズムゲーム『Smash Colors 3D』、マッチスリー『Tile Fun』『Tile Connect』、FPS『Modern Strike』、経営シミュレーション『Cooking Frenzy』、レースゲーム『Racing Smash 3D』、ハイパーカジュアルゲーム『Tough Man』の9タイトルが新しくTop30にランクインしている。

当記事まとめ

■まとめ
・原神の10月売上は約263億円
→ 中国以外では日本が一番売上が高い
・原神の中国以外での月間DL数は約1400万回

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました