スポンサーリンク

【中国ゲーム市場】テンセントWeGameが手数料0%施策発表!インディゲーム開発者支援へ

中国ゲーム市場動向

中国ゲーム大手『テンセント(Tencent)』が中国国内で展開するPC向けゲーム配信プラットフォーム『WeGame』は100名以上のデベロッパーを招待した謝恩会を開催した。

同会でテンセントは売上が1.6億円(1000万元)以下のゲームはプラットフォーム手数料を0%にするなどの施策を発表した。

テンセントWeGameの手数料0%施策とは

テンセント『WeGame』が謝恩会で発表した施策と主な内容は以下の通り。

■WeGame謝恩会2020の主な内容
・ゲーム業界、ゲーム開発者の環境をより良くしたい
・2020年は44本の新作がリリース、内33本がスタンドアローンゲーム

売上が1.6億円(1000万元)以下のゲームプラットフォーム手数料を0%
→2021年1月1日より適用
→対象はWeGameで同時リリースされる中国産スタンドアローンゲームもしくはイノベーティブなゲーム
・開発者自身で繋ぎこみ、テスト、ダウンロード、審査、リリースの一括申請が可能に
・テストプレイコーナーの開放
→WeGameプラットフォームのユーザーをテスターとして募集可能に
・クラウドゲームプラットフォームへの繋ぎこみサポート
→繋ぎ込み手数料は発生しない


(手数料0%施策発表の様子)

テンセントはこれらの施策により中国のインディゲームデベロッパーの質と量の底上げを図りたいと考えていると思われる。これらの施策がどの様なかたちで成果を出すのか、今後の動向に注目したい。

当記事まとめ

■まとめ
・テンセント『WeGame』が手数料0%施策を発表
→対象は中国産のスタンドアローンゲーム
→売上が1.6億円以下のゲーム
・テンセントはインディゲーム開発者の環境改善に注力

スポンサーリンク

関連情報

謝恩会写真レポート:こちら
関連記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました