スポンサーリンク

【HTML5】Wechatミニゲームが最新データを公開!トップタイトル月商は15億円超え!億超えタイトルは20本以上!

HTML5

1月9日、テンセントは広州にて『Wechat公開プログラム』と銘打ったカンファレンスを開催した。

今回のカンファレンスでWechatゲーム総監の孫春光氏がWechatのHTML5ミニゲームの最新の数字を公表したので紹介したい。

また、同氏は今後のWechatミニゲームのキーワードとして『オリジナリティ』『中小開発者』『公平性』の3つを挙げている。

Wechat HTML5ミニゲームのユーザー属性は?

孫氏が話したWechat HTML5ミニゲームの最新データは以下の通りだ。

【Wechat HTML5ミニゲームの最新データ(2019.01.09)】
MAU:4億
20歳以上のユーザー:94%
30歳以上のユーザー:58%
トップクラスのミニゲームのリテンション:
翌日:60% / 7日:54% / 30日:43%
アイテム課金月商1.6億円超え:10タイトル。トップタイトルは16億円超え。
*Androidのみ
広告モデル月商1.6億円超え:11タイトル

HTML5のミニゲームともなるとゲームの寿命が気になるところだが、Androidのアイテム課金型や広告モデルのゲームで数ヶ月連続で月商8億円を超えているものが複数出てきているという。

Wechatミニゲームの料率変更も発表!

Wechatミニゲームは『オリジナリティ』の高いミニゲームに優遇措置を設けると発表。

オリジナリティが高いゲームとWechatゲームの審査チームに認定されたミニゲームはアイテム課金型で10%、広告モデルで20%の料率アップが適用されるという。

また、開発者は管理画面からWechatゲームに対し『オリジナリティ』の高いゲームとして優遇措置が適用されるかどうか、申請を行うことができるとも発表している。

今回の発表により、テンセントが牽引する中国HTML5ゲーム市場が更に活性化していくのか動向を注視していきたい。

--
引用:http://youxiputao.com/articles/16854
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/