スポンサーリンク

【売上ランキング】テンセントがデジモン配信、ハリポタ中国ヒットでNetEaseに新事業部

売上ランキング

10月28日(木)と11月4日(木)の中国AppStore売上・DLランキングがどの様に推移したのか週次でランキングを見てみたい。

*以下ランキングカテゴリはゲーム総合。

中国AppStoreセールスランキング週次比較

10月28日(木)と11月4日(木)の中国AppStoreセールスランキングTop15は以下の通りだ。

9月にリリースされたNetEase『哈利波特 : 魔法觉醒(ハリー・ポッター:魔法の覚醒)』は引き続きTop10圏に定着しており好調を維持している。

同作の開発を手掛けたNetEaseのZen Studioは『陰陽師』の開発も行っており、2本目の大ヒット作を生み出したことなどから、独立した事業部へと昇格したと同社内で発表されたと複数の現地メディアにて報じられている。

テンセントは『英雄联盟手游(リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト)』がTop2、Top6と新たなヒット作となっている。また、『数码宝贝:新世纪(デジモンIP)』を10月21日にリリースし以後セールスランキングでTop20圏を維持している。

他には10月28日のランキングでLeitingの新作『地下城堡3』がTop10入りしている。


(テンセントの『数码宝贝:新世纪(デジモンIP)』)

中国AppStoreダウンロードランキング週次比較

10月28日(木)と11月4日(木)の中国AppStoreダウンロードランキングTop15は以下の通りだ。

10月28日(木)と11月4日(木)のDLランキングではテンセントの『英雄联盟手游(リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト)』がTop1となった。

また10月21日にリリースされた『数码宝贝:新世纪(デジモンIP)』はリリース初日にDLランキングTop1を獲得している。

Leitingが中国で代理パブリッシングを行うCygamesの『世界弹射物语(ワールドフリッパー)』は10月26日のリリース初日にDLランキングTop6、翌27日にはセールスランキングTop20となっている。


(Leitingの『世界弹射物语(ワールドフリッパー)』)

当記事まとめ

■まとめ
・テンセントがデジモンIPの新作を配信
・Leitingはワールドフリッパーをリリース
・NetEaseのZen Studioがハリポタヒットで事業部化

スポンサーリンク

関連情報

前回の定点観測:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました