スポンサーリンク

【日本市場】Q3のスマホゲーム売上1位はウマ娘で約320億円、原神は約140億円で7位!

海外市場情報

スマホゲームやアプリの調査・分析ツールを提供する『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。

同社の発表によると、2021年Q3の日本のスマホゲーム市場のAppStoreとGoogle Playの売上規模は約5082億円と前年同期比で若干の減少となったが、コロナ前の状況と比べると売上規模は大きく伸びている。

日本市場における中国ゲームはTop100に33タイトルがランクインし、売上は約1034億円で、27%のシェアを占めたとしている。

2021年Q3日本スマホゲーム売上は約5082億円

まずは日本スマホゲーム市場規模を見てみよう。2021年Q3のAppStoreとGoogle Playのスマホゲーム売上は約5082億円(46.2億ドル)で、前年同期比で2%減少となった。

ただし、コロナ前の2019年Q3売上の約4169億円(37.9億ドル)と比べると大きく成長している。AppStoreとGoogle Playの売上比率はAppStoreが58.5%Google Playが41.5%となっている。

2021年Q3のDL数に関しては、1.82億回と予測されており、前年比で2%の増加となった。AppStoreとGoogle PlayのDL比率はAppStoreが57.5%Google Playが42.5%となっている。

2021年Q3売上Top1はウマ娘

2021年Q3日本スマホゲーム市場の売上ランキングとDLランキングTop10は以下の通り。

出所:Sensor Tower

『ウマ娘』のQ3売上は約319億円(2.9億ドル)とQ2の407億円(3.7億ドル)からは減少となったが、依然高い売上を誇り売上Top1となった。

Q2のセールスランキングではTop6となっていた『Fate/Grand Order』は、Q3売上を約242億円(2.2億ドル)とし、セールスランキングTop2となった。中国ゲームは『原神』『荒野行動』がTop10入りしている。

DLランキングではテンセントが開発を担当する『ポケモンユナイト』が日本市場で300万回DLを記録しTop1となった。同作のDL数Top3は米国、ブラジル、日本となっている。

中国ゲーム売上Top1は荒野行動

2021年Q3の日本市場における中国ゲームの売上ランキング、DLランキングTop20は以下の通り。


出所:Sensor Tower

2021年Q3の日本市場における中国ゲームはTop100に33タイトルがランクインし、売上は約1034億円(9.4億ドル)で、27%のシェアを占めたとしている。

中国ゲームの日本市場セールスランキングTop1miHoYoの『原神』で売上は約143億円(1.3億ドル)、Top2はNetEaseの『荒野行動』で売上は約121億円(1.1億ドル)と予測されている。

2次元系のグラフィックスをモチーフとした中国ゲームは欧米市場と比べると相対的に多く、Top20に7タイトルがランクインしている。

DLランキングに関しては、Q3の日本市場DLランキングTop100に中国ゲームが21作ランクインしている。中でも37Gamesの『パズル&サバイバル』は2020年のリリース以降DL数を順調に伸ばし、Q3では『LINE:ディズニー ツムツム』に次ぐTop9となった。

当記事まとめ

■まとめ
・2021年Q3日本スマホゲーム売上は約5082億円と前年比2%減
・中国ゲーム売上Top1は原神で約143億円
・中国ゲームが日本市場Top100売上の27%を占める

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら
2021年Q2日本市場規模:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました