スポンサーリンク

【韓国市場】2021年Q3韓国スマホゲーム市場売上規模は1600億円!RPGが大半占める

海外市場情報

スマホゲームやアプリの調査・分析ツールを提供する『Sensor Tower』は韓国のスマホゲーム市場売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。

同社の発表によると、2021年Q3の韓国のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約1617億円前年比5%増加中国ゲーム『原神』『魔剣伝説』『ライキン』などが好調で35タイトルTop100入りし、Top100売上の24%にあたる約308億円の売上を記録した。

韓国スマホゲーム市場 2021年Q3の売上は約1617億円

まずは韓国スマホゲーム市場規模を見てみよう。2021年Q3のApp StoreとGoogle Playのスマホゲーム売上は約1617億円(14.7億ドル)で、前年同期比で5%増前期比で約7%増と予測されている。

App StoreとGoogle Playの売上比率はApp Storeが20%Google Playが80%となっている。


出所:Sensor Tower

2021年Q3韓国市場のApp StoreとGoogle Playのスマホゲームのダウンロード数は1.39億回と新型コロナの影響でDL数が増加した前年と比べると16%減となった。

App StoreとGoogle PlayのDL比率はApp Storeが19%、Google Playが81%となっている。

韓国市場 売上1位は『ODIN:VALHALLA RISING』

以下は2021年Q3韓国スマホゲーム市場の売上、DLランキングTop10だ。


出所:Sensor Tower

2021年Q3の韓国市場セールスランキングはこれまでTop1に位置していた、NCSOFTの『リネージュM』を抜きKakao Gamesの『ODIN:VALHALLA RISING』がQ3売上約253億円(2.3億ドル)を記録しTop1となった。

韓国市場ではセールスランキングTop10の内、8タイトルがRPGジャンルとなっており、Top3は韓国企業が開発した『ODIN:VALHALLA RISING』『リネージュM』『リネージュ2M』となっており、次いで中国開発の『原神』『魔剣伝説』『云上城之歌』となっている。

DLランキングでは『ポケモンユナイト』が150万DLでTop1、ハイパーカジュアルの『Fidget Toys Trading』、『Brain Riddle』がTop2、Top3となった。

韓国で一番売れている中国ゲームは『原神』

次に韓国市場における中国ゲームの売上ランキングTop20を見てみよう。


出所:Sensor Tower

2021年Q3の韓国市場スマホゲーム売上ランキングTop100では、中国ゲームが35タイトルランクインと、前期の31タイトルから増加した。Q3の中国ゲームTop31の売上高は約308億円(2.8億ドル)で韓国スマホゲームTop100売上の約24%と前期の約24%と同規模の売上を維持している。

中国ゲーム売上Top1のmiHoYo『原神』は約49.5億円(4500万ドル)で、韓国市場で一番売れていた中国ゲーム『魔剣伝説』を初めて抜いた。

また、37Gamesの『云上城之歌』、bilibiliが配信を行う『フィギュアストーリー』はリリース後短期間で売上を伸ばしTop4とTop8に位置している。

韓国市場のDLランキングTop100に中国ゲームは24タイトルがランクインしており、中国ゲームのDL数Top1はStar Unionの『ザ・アンツ』となった。


出所:Sensor Tower

当記事まとめ

■まとめ
・2021年Q3韓国スマホゲーム市場規模は約1617億円
・売上Top1は『ODIN:VALHALLA RISING』でQ売上約253億円
・中国ゲーム売上Top1は『原神』で約49.5億円

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら
2021年Q2韓国市場規模:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました