スポンサーリンク

【新作情報】Lilith Games初となる2次元ターン制RPG『伊甸启示录』CBT開始

新作情報
【事前開始】中国大ヒットの注目作!!

11月25日、中国で3Dターン制RPG『伊甸启示录』のβテストが開始された。同作はグラフィックのクオリティや日本声優を多数起用している点などから、2次元層の注目を集めている。

『伊甸启示录』の開発元はAUGUSTUS財団とされており、具体的な情報は無かったが、中国の企業情報サイト『愛企査』の情報によると『ライキン』『AFKアリーナ』のLilith Gamesが著作権者となっており、同社のタイトルであることが分かった。


(中国企業情報サイト『愛企査』)

『伊甸启示录』とは

タイトル:伊甸启示录
開発:AUGUSTUS財団
運営:Lilith Games
ジャンル: 3Dターン制RPG

モチーフ:2次元+ファンタジー
システム:カード育成+ターン制バトル

同作は深みのある世界観を元にしたストーリーを売りにした、2次元向け3Dターン制RPGとなっている。CBTが始まったばかりではあるが、2Dイラストや日本声優を多数起用している点などに高評価が寄せられている。

中国や海外でのリリース時期は現状明らかにされていないが、TapTapページではフル日本語ボイスのPVが公開されているので、興味の有る方は文末のリンクからご確認いただきたい。




(『伊甸启示录』)

当記事まとめ

■まとめ
・Lilith Games初の2次元ゲーム『伊甸启示录』は3Dターン制バトル
・CBTでは2Dイラスト、日本声優に高評価
・中国や海外でのリリース時期は未定

スポンサーリンク

関連情報

伊甸启示录』PV:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました