スポンサーリンク

【日本市場】中国ゲーム30本がセルランTop100入り!37とYOOZOOの新作も!

売上ランキング

毎月第三金曜日を基準日として日本市場における中国スマホゲームの定点観測を行いたい。

2月18日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store31タイトルGoogle Play27タイトルで、新作のTop100入りは37Gamesの『空の勇者たち』、YOOZOOの『インフィニティ キングダム』の2本と、長期タイトルが根強い人気を誇っている。

日本市場の中国ゲーム売上ランキング(2022.2.18)

2月18日(金)の日本のApp StoreとGoogle PlayゲームカテゴリのセールスランキングでTop100入りしていた中国開発によるスマホゲームは、App Store31タイトルGoogle Play27タイトルと前月比でApp Storeは2作増、Google Playは2作減少となった。

2月18日のセールスランキングでは2月16日リリースの37Games『空の勇者たち』、1月25日リリースのYOOZOO『インフィニティ キングダム』の2本が新作としてTop100入りしている。

藤原竜也氏を起用したTVCMが話題となったKingGroupのSLG『ステート・オブ・サバイバル』はApp Store、GooglePlay共にTop50前後とリリース後安定した売上を維持している。

その他タイトルの顔ぶれに大きな変化はないが、日本市場で長期ヒットしている中国ゲームは、SLG、シューター、放置系、RPGに大きく分けることができそうだ。


(37Games『空の勇者たち』)

当記事まとめ

まとめ
・『原神』『放置少女』『パズル&サバイバル』など上位は変わらず
・『空の勇者たち』『インフィニティ キングダム』が新作ランクイン
・日本市場でヒットしているのはSLG、シューター、放置系、RPG

スポンサーリンク

関連情報

前回の日本市場定点観測記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました