中国ゲーム市場

HTML5

【HTML5】累計売上128億円の大ヒットも!Wechatミニゲームの現状とチャンスは?

テンセントはWechatのHTML5ミニプログラムに関するカンファレンスを開催し、WecahtのHTML5ミニゲームのトレンドと今後の展望を公開した。累計売上が128億円を突破するタイトルも誕生するなど、より規模感を増してきたWechatミニゲームの現状を以下に紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】NetEase PCゲーム販売の『発熱遊戯(Fever Game)』をローンチ!

NetEaseはValveの『Steam』やテンセントの『Wegame』の様なPCゲーム販売プラットフォーム『発熱遊戯(Fever Game)』を中国市場向けにローンチした。同社は今後、海外のスタンドアローン及びオンラインのPCゲームの販売に力を入れ、より良質な価格やサービスを提供するとしている。
中国市場データ

【中国市場データ|AppAnnie】中国スマホゲームのMAU・売上・ダウンロードTop30発表!

『App Annie』から中国iOSの売上、ダウンロードの月間ランキングTop30と中国iPhoneとAndroid端末のゲームアプリMAUランキングのデータを提供して貰えることになった。初回となる今回は2019年11月と12月のデータを比較して見ていきたい。
中国市場データ

【中国市場データ】2010年~2019年 中国iOSのダウンロード・売上ランキングTop10発表!

『App Annie』は2010年から2019年の10年間の中国iOSのダウンロードランキングとセールスランキングを発表した。同社の発表によると、中国iOS市場は2016年には米国を抜き世界一の規模に発展し、ゲームカテゴリだけでなく、非ゲームカテゴリにおいても良好なセールスを記録していると言う。
中国ゲーム市場動向

【新年のご挨拶】2019年は中国ゲームが海外で大躍進!2020年は日本IPタイトル逆輸入がトレンドか

2019年はテンセントが開発を担当した『Call of Duty Mobile』の世界的ヒットに代表されるように、2018年に続き中国ゲームが世界各地でプレゼンスを高めた一年となりました。2020年の年初に際し、簡単な2019年の振り返りと2020年の展望を以下にご紹介したいと思います。
インタビュー

【インタビュー】アリババのゲーム事業が躍進!『三国志:戦略版』大ヒットの要因は重課金にあらず。

2019年の中国ゲーム市場を振り返る上で、アリババグループのゲームブランド『Aligames』がリリースした『コーエーテクモゲームス』の『三國志』IPを用いたSLG『三国志:戦略版』の大ヒットは避けて通れない話題だ。『三国志:戦略版』のプロデューサー餅叔 氏に中国メディアが行ったインタビューの要点を以下に紹介したい。
資本政策

【資本政策】TikTokのByteDanceがゲーム系AI企業を買収!ゲーム領域への参入加速!

『TikTok』の運営元である『ByteDance』がゲーム領域へのAI、機械学習を用いたサービスを手掛ける『北京深極智能科技有限公司』を100%小会社化したことが、中国企業情報を提供する『天眼査』にて判明した。ByteDanceは今年に入り『我功夫特牛』などカジュアルゲームをヒットさせゲーム領域への参入を加速させている。
中国市場データ

【保存版】2019年中国ゲーム市場規模は約3.7兆円!スマホゲーム市場規模は約2.4兆円で13%増!

中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は2019年の中国スマホゲーム市場の動向をまとめたレポート『2019年中国移動遊戯年度報告』を発表した。同報告書では2019年の中国スマホゲーム市場全体の売上規模やIPタイトルや新規タイトルなどの市場動向、年間売上Top10などがまとめられている。
売上ランキング

【売上ランキング】NetEaseの人気IPが2本Top5入り!家庭教師ヒットマンREBORN新作リリース!

今週上位5タイトルの主だった変化は、先週リリースされたNetEaseの新作MMORPG『夢幻西遊 3D』がTop4入りした点だ。注目は、同じく人気PCオンラインゲームIP『夢幻西遊』のスマホ版として2015年にリリースされ、今もセールスランキングTop2とNetEaseのトップタイトルである『夢幻西遊』が共存している点だ。
規制情報

【規制情報】中国政府がゲーム業界を評価!未成年者保護、健康発展、海外進出などの路線は変わらず

中国ゲーム業界の年次総会に当たる『中国遊戯産業年会』にてテンセント、NetEaseなど中国大手ゲーム会社が未成年者保護の共同声明を発表したことは先日お伝えしたとおりだ。中国政府のゲーム配信許認可『版号』審査再開は昨年の年次総会にて発表されたが、今年も『版号』に関する考え方など、政府側からゲーム業界に向けた談話が発表された。
規制情報

【規制情報】テンセント、NetEaseなど中国ゲーム各社が未成年者保護の共同声明を発表!

中国ゲーム業界の年次総会に当たる『中国遊戯産業年会』が12月17日~19日の日程で中国・海南市にて国家新聞出版署主管のもと開催された。18日午後に『未成年者の保護』に関するカンファレンスが行われ、テンセント、NetEase、盛趣、Perfect Worldなど中国大手ゲーム会社が一同に会し、未成年者保護の共同声明を発表した。
HTML5

【HTML5】テンセントのHTML5ゲーム『QQミニゲーム』がKPIや収益モデルを公開!

テンセントの『QQミニゲーム(QQ小遊戯)』は深センにて過去最大規模となるカンファレンスを開催し、1000名以上の業界関係者が集い盛況の内に閉会した。同カンファレンスでは『QQミニゲーム』は2020年の目標としてレベニューシェア分配金160億円を掲げたが、これはグロス売上でおよそ320億円を目標としていると言える。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】北京市がゲーム産業の発展推進施策を発表!2025年には2.4兆円規模を目指す

12月14日、北京市委宣伝部は北京市のゲーム産業の健康的な発展を後押しする為の意見をまとめた『关于推动北京游戏产业健康发展的若干意见』を発表した。今回発表された意見には13項目の施策が含まれており、ゲーム産業環境の改善・向上、健康的発展、国際ゲーム都市を目指すことなどが掲げられている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】Nintendo Switchが発売開始!同発は1作も今後は日米中などのタイトル拡充へ!

Nintendo Switchの中国における正規販売代理店であるテンセントは12月10日より中国での販売を開始する。価格は約3万3600円(2099元)と先行して販売されているPS4 500GBモデルの約3万円(1899元)とほぼ同価格帯となっており、『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』が同時に販売される。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセントゲームズが新ブランドロゴとコンセプトを発表!

11月21日、中国ゲーム最大手『テンセントゲームズ(Tencent Games/腾讯游戏)』は新ブランドロゴとブランドコンセプトを発表した。新キャッチコピーは『Spark More 去発見、無限可能』で、今回のブランドリニューアルに合わせて、Levi's、Nike、DJI、老干媽など他業種の9ブランドとのコラボも開始した。
売上ランキング

【売上ランキング】『NARUTO』のスマホゲームが版号取得後セルラン急上昇でTop15入り!

今週は『陰陽師』がアップデートに合わせて一気に2位にランクインしてきた。また、版号を取得した『NARUTO』IPのスマホゲーム『火影忍者:忍者新世代』が27日(水)の701位から一気にTop12までジャンプアップしている。先週Top6にいた『ガール・カフェ・ガン』は順位を落としTop57となっている。
インタビュー

【インタビュー】アイドルものは中国市場でチャンスあり!盛趣遊戯 副総裁インタビュー!

2019年を振り返るにはまだ早いが、今年の中国ゲーム業界におけるビッグニュースの1つとして必ず挙げられるであろう出来事は『盛大(シャンダ)』の『盛趣遊戯』へのリブランドと中国国内での再上場だ。そんな『盛趣遊戯』の副総裁である譚雁峰氏に中国ゲームメディア『遊戯葡萄』がインタビューを行ったので、その内容を要約して以下に紹介したい。
規制情報

【規制情報】中国政府が未成年者の深夜ログイン禁止や全ユーザー実名制導入などを正式通達

11月19日、中国国家新聞出版署は国家新聞出版広電総局の公式HPにて未成年者へのゲーム熱中防止を主旨としたガイドライン『国家新闻出版总署关于防止未成年人沉迷网络游戏的通知』を発表した。当ガイドラインでは未成年者のログイン制限や課金上限の設定、実名制の実施などが明記されており、10月25日付けにてガイドラインが発表されている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました