【中国ゲーム市場】中国パブリッシャーTop30!AFKアリーナのLilith、2次元系が躍進!

中国ゲーム市場動向

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2020年1月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。

中国App Storeとその他世界各国のApp StoreとGoogle Playでの売上を元にした同社統計によると、1月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30上位に変動は無いものの、旧正月期間中に2次元系のタイトルに大きな売上増が見られたため、2次元系タイトルのパブリッシャーが多くランクインしたとしている。

中国パブリッシャーランキングTop30

Sensor Towerの統計によると、2020年1月の全世界売上Top30中国パブリッシャーの売上合計1716億円(15.6億ドル)で全世界スマホゲーム市場売上合計の約28.2%を占めるとしている。


出所:Sensor Tower

中国パブリッシャー全世界売上Top30の上位5社に変動はなく、一位からテンセントNetEaseLilith GamesFun PlusAli Gamesとなっている。

1月のランキングで特筆すべきはTop3のLilith Gamesだ。

同社は日本でも今夏リリース予定としている、放置系カードRPG『AFKアリーナ』が中国で1月3日のリリース以降セールスランキングTop3を維持するなど大ヒットとなっている。

これを受け、全世界パブリッシャーランキングでも、テンセント(Top1)、NetEase(Top2)、Playrix(Top3)、King(Top4)に次ぐTop5と、2019年通年の全世界パブリッシャーランキングTop12から大幅にランキングを上げている。


(出所:『Rise of Kingdoms』公式ツイッター)

既存タイトルでは旧正月期間中に売上を大幅に増加させる2次元系タイトルが見られた。

中国2次元スマホゲームの筆頭、miHoYoの『崩壊3rd』は1月17日から旧正月イベントを開催、中国iOSの売上が前月比で235.7%増とランキングもTop26からTop11へとジャンプアップした。

アークナイツ』を日本と韓国で同時にリリースしたYostarは日韓両市場でのヒットを受けて前月比売上129.4%増となり、ランキングも過去最高となるTop12となった。

また、開発元のHyperGryphも中国で行った限定イベントの効果もありTop20に復帰している。

また、『Fate/Grand Order』や『アズールレーン』の中国運営を行うbilibiliは、これら既存タイトルの旧正月期間の売上増と新作『大王不高兴』リリースにより、前月比で売上26.5%増、ランキングもTop24からTop21へと上昇させている。

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました