スポンサーリンク

【決算】ドラゴンボールなどIPゲームを手掛ける『CMGE』2019年売上は約486億円!

決算

中国でドラゴンボールIPの『龙珠觉醒』やワンピースIPの『航海王 强者之路』などのスマホゲームの運営を行う香港証券取引所上場企業『CMGE(中手游)』が2019年通年の決算発表を行った。

同社の2019年通年の売上高は約486億円前年同期比90%の増加、売上総利益は約173億円前年同期比104%の増加増収増益となっている。

『CMGE(中手游) 』2019年度は増収増益

『CMGE(中手游) 』の2019年通年の業績は以下の通り。

CMGE(中手游) 2019年度業績
売上高約486億円(30.36億元)と前年の約585億円(15.96億元)から90%増加
IPゲームの売上比率は全体の53.2%
売上総利益約173億円(10.83億元)と前年の約85億円(5.32億元)から104%増加
当期純利益:約98億円(6.11億元)と前年の約54億円(3.35億元)から32%増加
→上記は調整後純利益

スポンサーリンク

『CMGE(中手游)』2019年度の事業ハイライト

今回の決算発表で開示された2019年通年の『CMGE(中手游)』の事業ハイライトは以下の通りだ。

2019年度『CMGE(中手游)』事業ハイライト
・同社ゲーム新規ログインユーザー数:8571万(前年 6684万)
・同社ゲーム累計ログインユーザー数:3.1億
・同社ゲーム平均MAU:1593万
・同社ゲーム月間ARPPU:約3373円(210.8元)
*ARPPU=1課金ユーザー当たりの課金単価
・月平均課金ユーザー数:120万

スポンサーリンク

関連情報

『CMGE(中手游)』2019年度決算資料:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

コメント

タイトルとURLをコピーしました