スポンサーリンク

【売上情報】3月の全世界スマホゲーム売上Top10!1位は約255億円、10位は約77億円!

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2020年3月の全世界スマホゲームの売上Top10を発表した。

同統計によると、3月の全世界スマホゲームの売上Top1は先月に続き、テンセントの『PUBG Mobile』で中国版の『和平精英』と合わせて約255億円(2.32億ドル)と、前年同期比で約3倍の売上を記録した。

Top1、Top2はテンセントが独占

『Sensor Tower』が発表した2020年3月の全世界スマホゲームの売上Top10は以下の通り。


*中国はiOS売上のみ

全世界スマホゲームの売上Top1テンセントの『PUBG Mobile』で、これには中国版の『和平精英』の売上も含まれている。

同作の3月全世界売上約255億円(2.32億ドル)の61%は中国市場、11%は米国市場、3.6%は日本市場が占めるとしている。

売上Top2のテンセント『王者栄耀』の売上は約123億円(1.12億ドル)で、中国市場が全体売上の93%と大半を占めている。

この他にTop5入りしたタイトルはmixiの『モンスト』、Lilith Gamesの『AFKアリーナ』、Kingの『キャンディクラッシュ』となっている。

Top10に食い込んだ『Roblox』はスマホ版の売上が約77億円(7000万ドル)と2月から28%増加している。

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら
2月のTop10はこちら


中国ゲームについて話したくなったら:

コメント

タイトルとURLをコピーしました