スポンサーリンク

【中国市場データ】規制強化も2021年の中国ゲーム市場売上規模は約4.7兆円と成長維持!

中国市場データ

2021年12月16日、中国音数協遊戯工委(GPC)と中国遊戯産業研究院が2021年の中国ゲーム産業の動向をまとめたレポート『2021年中国遊戯産業報告』を発表した。

同レポートのデータはCNGが提供しており、2021年の中国ゲーム市場全体の売上規模は約4兆7442億円で前年比6.4%の増加となった。

2021年の中国ゲーム市場規模は約4兆7442億円

『2021年中国遊戯産業報告』によると、2021年の中国ゲーム市場の売上規模は約4兆7442億円(2965.13億元)で、2020年から約2852億円(178.26億元)増加し、前年比6.4%増となった。

売上規模は増加を維持しているものの、新型コロナの影響で20%以上の増加を見せた前年と比べると増加率は新型コロナ前の水準に減退している。

その他の要因としては、大ヒットタイトルの数が昨年と比べ減少した点とゲーム開発と運営のコスト増大が上げられている。


出所:『2021年中国遊戯産業報告』

2021年の中国スマホゲーム市場の売上規模は約3兆6086億円(2255.38億元)で、2020年から約2538億円(158.62億元)増加し、前年比7.6%増となった。

スマホゲーム市場は中国ゲーム市場売上規模全体の76%を占める主要ドメインとなっている。市場規模の増加率は昨年の巣ごもり需要に伴う急増の反動を差し引いてもスマホゲーム市場が形成された2014年以降最低の水準となっており、中国国内市場の頭打ち感が出ている。


出所:『2021年中国遊戯産業報告』

2021年の中国PCクライアント・サーバー型ゲーム市場の売上規模は約9408億円(588億元)で、2020年から約461億円(28.8億元)増加し、前年比5.2%増と過去3年で初めて増加に転じた。

同市場が増加に転じた要因は2021年にリリースされたPCクラサバゲームのパフォーマンスが良かったことと、スマホを軸としたマルチプラットフォーム展開を行ったビジネスモデルが広がりを見せていること、ユーザーの使用習慣の回帰が上げられている。


出所:『2021年中国遊戯産業報告』

2021年の中国ブラウザゲーム市場の売上規模は約965億円(60.3億元)で、2020年から約252億円(15.78億元)減少し、前年比21%減と5年連続で減少が続いている。

出所:『2021年中国遊戯産業報告』

2021年の中国ゲーム市場のユーザー数は0.2%増加の6.66億人となった。ユーザー数の推移は数年前と比べると停滞しているがそれでも毎年数千万人規模の増加を見せている。

2021年の下半期は熱中防止システムや未成年者の平日ログイン禁止などの規制もあり、減少傾向となっている。

出所:『2021年中国遊戯産業報告』

当記事まとめ

■まとめ
・2021年中国ゲーム市場規模は約4兆7442億円
・中国スマホゲーム市場売上規模は約3兆6086億円
・規制強化で下半期はユーザー減少傾向

スポンサーリンク

関連記事

『2021年中国遊戯産業報告』レポート:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました