版号

規制情報

【規制情報】2020年に入り17作が版号取り消し!版号管理の厳格化、定期的に取消し実施か

9月21日、中国国家新聞出版署はHP上で『版号』の取消しとなったタイトルを発表した。今回『版号』の取消しが発表されたのは、前回発表されていた2作を含む計17作となっている。各タイトルの『版号』取消し日を見てみると6月末から9月まで毎月取消しが行われていたことが分かる。
規制情報

【規制情報】あんスタ!Music、NetEaseのオートチェス系新作などが『版号』取得!

9月21日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、9月2回目となる中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。今回『版号』を取得した65タイトルの内訳はスマホゲームが62作(内、カジュアルゲームが21作)、PCクライアント・サーバー型が1作、ブラウザゲームが1作、PS4向けが1作となっている。
規制情報

【規制情報】中小運営会社の旧作2本が『版号』取り消し!使い回しなどに対する牽制か!?

9月1日付けにて中国国家新聞出版署は、直近2年間では初となる『版号』の取り消しを行った。今回『版号』取り消し措置がとられたタイトルは、北京爱乐游信息技术有限公司が配信を行う3D戦艦ゲーム『雷霆舰队』と北京分播时代网络科技有限公司が配信を行う三国志SLG『最强王者』の2作となっている。
規制情報

【規制情報】テンセントのハイエンドSLG、NetEase2次元カードバトル等が版号取得!

9月1日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、9月1回目となる中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。今回『版号』を取得した57タイトルの内訳はスマホゲームが55作(内、カジュアルゲームが27作)、PCクライアント・サーバー型が2作となっている。
規制情報

【規制情報】テンセント新作SLG、Leitingの3DMMOxJRPGなどが版号取得!

8月21日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、8月1回目となる中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。今回『版号』を取得した57タイトルの内訳はスマホゲームが55作(内、カジュアルゲームが23作)、PCクライアント・サーバー型が1作、Switch向けが1作となっている。
規制情報

【規制情報】ハリポタ、リングフィット、マギアレコード、アナザーエデンなど海外産が版号取得

中国国家新聞出版署は今年2回目となる海外産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。今回『版号』を取得したのは28タイトルで『Call of Duty Mobile』『ハリー・ポッター: 魔法の覚醒』『リングフィット アドベンチャー』『マギアレコード』など日系を含む多くの海外タイトルが版号を取得した。
規制情報

【規制情報】ドルフロ開発元新作2次元『REVERSE COLLAPSE』などが版号取得

今回『版号』を取得した57タイトルの内訳はスマホゲームが51作、PCクライアント・サーバー型が6作となっている。今年に入り中国産ゲームの『版号』は合計753タイトルが取得しており、スマホゲームが691作、PCクラサバが44作、コンシューマ機向けが14作、ブラウザゲームが4作となっている。
規制情報

【規制情報】ドラブラ開発元新作『夢想新大陸』、ファミ通ゴールド殿堂タイトルなどが版号取得

7月17日付けにて中国国家新聞出版署はHP上にて、計56タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。56タイトルの内訳はスマホゲームが54作(内、カジュアルゲームが26作)、PCクライアント・サーバー型が1作、Switch向けが1作となっている。
規制情報

【規制情報】Appleが中国App Storeで版号対策強化!7月中の版号提出が必須か

複数の中国ゲームメディアが、7月8日に一部のアプリデベロッパーがAppleから7月31日までに『版号』と関連する情報を提供するよう要求するメールを受け取ったと報じた。Appleのメールには8月1日以降、『版号』を提出しない有料ゲーム又はアイテム課金を伴うゲームはApp Storeから落とすと記載されている。
規制情報

【規制情報】miHoYo『原神』PC版、NetEase女性向け等が版号取得!

7月1日付けにて中国国家新聞出版署はHP上にて、計56タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。56タイトルの内訳はスマホゲームが51作、PCクラサバ型が3作、ブラウザゲームが1作、XBOX向けが1作で、miHoYoの『原神』がPCクラサバ型として版号を取得している。
規制情報

【規制情報】5月の版号取得タイトル発表!miHoYo『崩壊3rd』がPC版で取得!

5月11日付けにて中国国家新聞出版署はHP上にて、計55タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。内訳はスマホゲームが48作、PCクライアント・サーバー型が7作で、テンセント、NetEase、盛趣、Giant、OurPalm、miHoYoなどのタイトルが『版号』を取得した。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム配信許認可『版号』取得作発表!毎月2回、100作前後が定着か!?

4月27日付けにて中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計55タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。55タイトルの内訳はスマホゲームが51作、PCクライアント・サーバー型が2作、家庭用機向けが2作で、テンセント、NetEase、X.Dなどのタイトルが『版号』を取得した。
規制情報

【規制情報】4月最初の『版号』取得タイトル発表!テンセント、NetEase、bilibiliなど大手が多数!

中国国家新聞出版広電総局は計55タイトルの中国産ゲームの『版号』審査通過タイトルを公開した。55タイトルの内訳はスマホゲームが49作、PCクライアント・サーバー型が4作、ブラウザゲームが1作、PS4向けが1作で、テンセント、NetEase、bilibiliなどのタイトルが『版号』を取得した。
規制情報

【規制情報】2020年の『版号』取得状況は?1~3月で計336タイトルが『版号』取得!

3月24日付けにて中国国家新聞出版広電総局は、計53タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。Perfect Worldの『新神魔大陸』やGiantの『王者征途』、テンセントのSwitch向けタイトル『彩虹坠入(Iris.Fall)』などが『版号』を取得した。
規制情報

【規制情報】史上最強のゲーム規制!?直近の中国ゲーム市場規制関連の動きまとめ

3月11日、深セン証監局は管轄区内の上場企業小会社が運営する105タイトルが『版号』未取得であることなどから、業務改善の為、行政監督措置を取ると発表した。中国ゲーム業界では今回の発表含め、2月下旬頃から規制関連の動きが慌ただしくなっている。中国ゲームメディア遊戯葡萄が一連の流れをまとめているので以下に紹介したい。
規制情報

【規制情報】今年初となる海外産ゲーム『版号』発表!日本産はマリオ2作含む計10本!

中国国家新聞出版広電総局は、2020年初となる計27作の海外産ゲームの『版号』審査通過タイトルを公開した。公開されたタイトルには『マリオカート8 デラックス』『スーパーマリオ オデッセイ』や『プリンセスコネクト!Re:Dive』『新テニスの王子様 RisingBeat』『サクラ大戦』のスマホゲームなどが含まれている。
規制情報

【規制情報】テンセント新作MMO、ByteDanceのカジュアルゲーム等が『版号』取得!

3月6日付けにて中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計50タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。テンセントの新作MMOやゲーム領域への進出を積極化させている『TikTok』のByteDanceのカジュアルゲームなどが『版号』を取得した。
規制情報

【規制情報】今月2度目の『版号』発表!NetEaseの次世代MMO『天諭』など計53作が取得!

2月25日付けにて中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計53タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。53タイトルの内カジュアルゲームが27作と前回に続き大半を占めている。コアゲームではテンセント、NetEase、YOOZOOなど大手ゲーム会社のタイトルが『版号』を取得している。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました