版号

スポンサーリンク
規制情報

【規制情報】中国政府ゲーム内の出血や結婚システムを禁止!ガチャは獲得までの実施回数明記を規定!

中国政府のゲーム配信許認可『版号』審査が正式に再開された。同時に公開された審査ガイドラインに新設された注意事項に中国ゲーム業界人の注目が集まっている。バトル時の『出血表現』や未成年アカウントへの『結婚システム』禁止、ガチャの確率表記よりも踏み込んだ、アイテム獲得に必要な実施回数の明記を規定するなど大きな変更が見られる。
規制情報

【規制情報】中国政府のゲーム配信許認可『版号』が正式に審査を再開!海外産タイトルに必要なものとは?

中国政府は正式にゲーム配信許認可『版号』の審査を再開した。4月19日付けにて、中国『国家新聞出版広電総局』が同HP上で公開した『出版国産電脳網絡遊戯作品申請書 又は 出版国産移動遊戯作品申請表』及び『出版境外著作権人授権互聯網絡遊戯作品申請書』に関する情報を以下に紹介したい。海外タイトルの『版号』申請に必要な情報とは?
規制情報

【中国ゲーム規制情報】Falcom『英雄伝説 星の軌跡』を含む海外タイトルが遂に『版号』を取得!

中国ゲーム業界だけでなく、日本のゲーム業界にとっても明るい話題となるであろうニュースが飛び込んできた。海外産IPなどのゲームタイトルが、本格的に中国政府のゲーム配信許認可『版号』審査を通過したのだ。4月2日に中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計30タイトルの海外産ゲームや海外産IPのタイトルを発表した。
規制情報

【規制情報】中国政府ゲーム配信許認可『版号』海外タイトルも通過へ!日本ゲームも通過済み!?

中国政府のゲーム配信許認可『版号』の審査が再開されて4ヶ月が経過した。当初は注目を集めた『版号』取得のニュースも、『テンセント(Tencent)』や『NetEaes』などの大企業から、中小のデベロッパーまでが取得するに連れ、真新しさはなくなり、通常運転の様相を呈してきたように思う。ただし、海外産ゲームの『版号』に関しては別だ。
規制情報

【規制情報】RejetとXiimoonの『剣が刻』が『版号』審査通過!パブリッシャーはテンセント!

3月8日に中国国家新聞出版広電総局は、同HPにて2019年2月のオンラインゲーム審査情報を公開した。今回の審査通過タイトル数は95タイトルであった。注目すべきは日本のRejetと中国Xiimoonが共同で開発を行う『剣が刻((執剣之刻))』が審査通過した点だろう。情報が錯綜気味の『版号』審査状況の解説も含めて当記事にて紹介したい。
規制情報

【規制情報】<誤報>中国政府ゲーム審査を再度停止はミスリード!『版号』は今も審査申請が可能!

2月20日、複数のメディアが中国政府が再びゲーム配信許認可『版号』の審査を停止したと報じたが、これは誤報であった。当サイトでは今回の誤報は紹介していなかったが、ゲーム業界でも今回の情報が流通しているため、最新情報を紹介したい。誤報の内容は『広東省の政府機関が新規ゲームの版号申請の受理を一時的に停止した』との主旨であった。
規制情報

【規制情報】北京市がeSports推しとゲーム審査の簡略化を表明!但し中国的社会利益も重視!

中国人民日報社のニュースサイト『人民網』は北京市がゲーム出版管理に関する会議を行ったと報じた。同会議では北京市がゲーム出版への管理監督を多岐にわたり強化するとしており、中国共産党北京市委員会宣伝部の副部長である王野霏氏も会議に参加し談話を発表した。王氏の談話の内『ゲーム大陸』が注目するのは『社会利益』と『eSports』だ。
規制情報

【規制情報】ゲーム許認可の審査再開は?中国政府が進める許認可制の簡略化改革とは?

中国で起業し事業を行う際、工商部門が発行する『営業執照(营业执照)』と、各種業界の管理部門が発行する『経営許可証』の2種類の許可が必要とされている。中国政府は予てより、中国国内産業活性化のため、煩雑化した手続きの透明化及び簡略化の改革を推し進めてきた。この改革は『照証分離(照证分离)』と呼ばれ、いよいよ最終段階に入ったとされている。
規制情報

【中国規制情報】ゲーム許認可関連政府組織 再編完了!

中国でゲームの配信を行う場合、『文化和旅游部』及び『新闻出版広播電影電視総局』の許可を得る必要がある。この度の報道によると、この2つの組織の再編が完了したようだ。この4ヶ月の間、ゲームの配信許可の審査停止の主な理由が“関連組織の再編のため”であったことを思うと、再編完了はゲーム許可審査再開の大きな一歩となる可能性がある
規制情報

中国メディア「ゲーム認可凍結」とのブルームバーグ報道へ反論

「中国でのゲーム認可凍結」とのブルームバーグ社報道に対する中国国内メディアのカウンター記事を紹介したい。『ゲーム大陸』では翻訳・再編を行った。再編に際して、原文ではブルームバーグ社報道への反論が重複・強調されている点があったが、そこは「日本の読者に中国メディアの反応をお伝えする」という点と読みやすさを優先し割愛した。