スポンサーリンク

【中国ゲーム】中国パブリッシャーTop30 NetEaseはゲーム売上の35%が日本市場

中国ゲーム市場動向

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2020年8月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。

中国App Storeとその他世界各国のApp StoreとGoogle Playの売上を元にした同社統計によると、8月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上約2046億円(18.6億ドル)で、全世界スマホゲーム売上の約27%を占めるとしている。

中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約2046億円

Sensor Towerが発表した2020年8月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30は以下の通り。(注:中国Androidストア売上は含まない。)


出所:Sensor Tower

8月の中国スマホゲームパブリッシャーTop5は先月と同じくテンセント、NetEase、Lilith、FunPlus、Aligameとなっている。

『荒野行動』『Identity V』が好調なNetEaseは8月のゲーム売上の35%を日本市場で上げており、中国市場売上に次ぐ規模にまで拡大させている。

前年同期の日本市場の売上比は27%であったことを考えると、同社の日本市場の重要性が更に高まっていると言える。

また、同時に発表された2020年8月の中国App StoreセールスランキングTop20によると、ランキング上位に大きな変化は見られず、Aligameの『三国志幻想大陸』、Leitingの『最強蝸牛』、Perfect Worldの『新神魔大陸』がTop10に定着している。


出所:Sensor Tower

当記事まとめ

■まとめ
・8月の中国ゲーム全世界売上は約2046億円
・全世界売上シェアは約27%
・NetEaseのゲーム売上の35%が日本市場

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら
先月のTop30:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/
タイトルとURLをコピーしました