スポンサーリンク

【中国ゲーム市場】VoodooとThe9中国向けカジュアルゲーム配信で業務提携!注目は?

中国ゲーム市場動向

NASDAQ上場企業『The 9(第九城市)』はハイパーカジュアルゲームのトップパブリッシャーであるVoodooより中国市場におけるカジュアルゲームの配信・運営権を獲得したと発表した。

『The 9(第九城市)』が今回発表した内容は以下の通り。

■The9とVoodooの業務提携概要
・中国市場向けにVoodooの2本のカジュアルゲームをThe9が配信・運営を行う
・この2本はアイテム課金機能が含まれている
・3本目の運営・配信権に関しても優先交渉権を有している

『The 9(第九城市)』は2000年代のPCオンラインゲーム全盛期に『World of Warcraft』の中国運営元として、2004年にNASDAQ上場を果たすなど名を馳せたが、スマホ時代に入り業界内でのプレゼンスは下がっていた。

今回同社が発表したVoodooとの業務提携で注目したいのは、『アイテム課金機能が含まれる』点と、8月にVoodoo株式を取得したテンセント(関連記事)との業務提携ではなかった点だ。

今回の提携が、激しさを増す中国ハイパーカジュアルゲーム市場に、どの様な変化をもたらすのか、今後の動向を見守りたい。

当記事まとめ

■まとめ
・The9とVoodooが中国国内向けに業務提携
・アイテム課金を含むカジュアルゲーム2本が対象
・カジュアルゲームでThe9の巻き返しとなるか

スポンサーリンク

関連記事

『The9』ニュースリリース:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました