中国市場データ

スポンサーリンク
中国市場データ

【中国ゲーム|市場情報】2019年Q2中国スマホゲーム市場規模は約3091億円!過去最高に!

スマホゲーム市場の調査・分析を行う『SensorTower』は中国スマホゲーム市場のQ2の売上規模が約3091億円(28.1億ドル)と過去最高の四半期売上を記録したと発表した。この数字は前期比で3.4%増加、前年同期比で11.7%の増加となっている。また、中国スマホゲームの売上が全世界市場の27%を占めたとも発表した。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】中国コンソールゲーム市場の売上規模は936億円!2023年には1650億円と拡大基調!

アジアのゲーム市場の調査・分析を行う『Niko Partners』が中国コンソールゲーム市場のレポートを発表した。同レポートによると2019年の中国コンソールゲーム市場の売上規模は約936億円(8.511億ドル)、前年の約843億円(7.671億ドル)から11%の増加となると予測している。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国スマホゲーム市場動向まとめ!テンセント・NetEaseの2強に変わりなし!

中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は2019年4月の中国スマホゲーム市場の動向をまとめたレポートを発表した。当レポートによると2019年4月にセールスランキングTop30入りした新規タイトルは20作で前年4月の70作と比べ大きく減少し、新規タイトルの供給不足問題が依然解決されていないとしている。
スポンサーリンク
中国市場データ

【中国市場データ】中国モバイルインターネットレポート公開!スマホゲームは『TikTok』など短尺動画に押される

中国スマホゲーム市場の売上規模は依然成長を続けていると言う。ただし中国市場特有の膨大なユーザーも飽和しており、中国スマホゲーム市場の停滞は避けて通れない。この見方を裏つけるようなデータを、NASDAQ上場企業の『極光大数拠』が『2019年Q1モバイルインターネット業界データ研究レポート』として発表したので紹介したい。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】2019年Q1中国スマホゲーム市場規模は5800億円超!テンセント、NetEaseの戦略の違いとは?

4月25日、中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は2019年Q1の中国スマホゲーム市場の売上規模などをまとめたレポートを発表した。当レポートによると2019年Q1の中国スマホゲーム市場の実際の売上規模は5854.4億円(365.9億元)に上り、前年同期比で18.2%の増加、前期比で4.7%の増加としている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国スマホゲームはどこで開発してる?人気タイトルを都市別ランキングにすると?

『荒野行動』『ラングリッサーモバイル』『崩壊3rd』『マフィア・シティ』など、中国スマホゲームのヒット作を上げればキリがないほど、中国ゲームの躍進が目立っている。では中国のどの都市から人気ゲームが排出されているのか?日中ゲームビジネスの従事者であれば、常識かもしれないが、おさらいも兼ねて面白い統計があるので紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ライブ動画】ゲーム系実況動画のTop3は?『テンセント』に締め出された『NetEase』の活路は?

中国のライブ動画、ショートムービーアプリの市場調査を行う『小葫芦』が2019年1月~3月の中国ゲーム系ライブ動画の統計を発表した。日本以上の盛り上がりを見せる、中国のゲーム実況動画関連の情報を、要点を抜粋し以下に紹介したい。ライブ動画上位2社の資本を有する『テンセント』を前にゲーム業界2位の『NetEase』はどう対抗する?
決算

【中国ゲーム会社|決算】『アズールレーン』の開発元『勇仕網絡』の売上規模は?開発は何名体制?

中国産スマホゲームとして初めて日本のApp Storeセールスランキング1位を獲得した『アズールレーン』の開発元『勇仕網絡(ヨンシー)』が2018年通期の決算発表を行った。『アズールレーン』という大ヒット作を生み出した開発会社『勇仕網絡』の売上規模はどの程度なのだろうか?開発人員の構成など含め決算資料から主要部分を紹介したい。
売上ランキング

【売上情報】日本vs.中国!スマホゲーム『Fate/GO』と『王者栄耀』売れているのはどっち?

中国スマホゲーム市場の一番のヒット作といえば、テンセント(Tencent)の『王者栄耀(伝説対決)』だが、日本市場の一番のヒット作として名前が挙がるのは『Fate/Grand Order』だろう。2015年後半にリリースされた両作の売上情報を、スマホアプリの分析を行う『Sensor Tower』の情報を元に以下に紹介したい。
中国インディゲーム

【中国ゲーム市場動向】中国インディゲームやテンセント『WeGame』って実際どう?全体像をチェック!

中国大手ゲーム会社がレッドオーシャンのスマホゲーム市場で熾烈な競争を行う中、中小デベロッパーはどの様な戦略をとっているのだろうか。今回はHTML5ゲーム市場と共に注目を集めている、テンセントが手がけるPC向けゲーム配信プラットフォーム『WeGame』の分析や中国インディゲーム作品の販売本数などの現状を紹介したい。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】中国でゲームを出せば数十万ダウンロードは確実?!数字で見る中国市場の実態は?

人民日報海外版は2月13日に中国の内閣に相当する国務院に属する行政部門である工信部(中華人民共和国工業情報化部)が発表したデータを元に、2018年の中国スマホゲームアプリの総数やオンラインゲームの売上規模などを紹介した。2018年にストア上にあるスマホアプリの総数は449万個で、2018年の純増数は42万個だとしている。
HTML5

【HTML5】テンセントWechatミニプログラムH5ゲームの強味と弱味とは?MAUはネイティブを超えた?

『Mobile Quest』は中国モバイルインターネット業界の動向をまとめたレポートを公開した。当レポートを元にWechatミニプログラムのHTML5ゲームのMAU(月間アクティブユーザー数)とネイティブゲームのMAUを紹介したい。WechatミニプログラムHTML5ゲームの特性にも言及しているので、是非チェックしていただきたい
中国市場データ

【保存版】2018年中国スマホゲーム市場規模は2兆1433億円!成長率はこの10年で最低に

中国のゲーム市場分析を行う『CNG(伽馬数据)』が『2018年度移動遊戯報告』と題し、2018年の中国スマホゲーム市場のレポートを公開したので紹介したい。2018年の中国スマホゲーム市場規模は2兆1433億円(1339.6億元)で前年比15.4%増と2008年以来最低水準の伸び率となった。
中国市場データ

【中国ゲーム市場情報】中国政府ゲーム配信規制解除を発表!同時に公開された中国ゲーム市場規模とは?

中国政府主催の中国ゲーム業界の年次総会である『2018年度中国遊戯産業年会』が12月19日~21日に開催された。『責任と発展』と題された今回の年次総会にて、中国政府のゲーム配信許認可『版号』の審査が再開されたのは先日報じた通りだ。ここでは、中国音像与数字出版協会理事長である孫氏が語った、中国ゲーム市場規模など重要な数字を紹介したい。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】アズレンや崩壊3rdに代表される中国2次元の市場規模は?ユーザー数はなんとX億人!

この2年、『アズールレーン』や『崩壊3rd』、最近日本でのリリースが発表され期待が集まる『アークナイツ(明日方舟)』に代表される中国産2次元ゲームの躍進が顕著だ。中国ゲームメディアの『遊戯陀螺』がゲーム、アニメ、小説など2次元領域の市場規模を『iReserch』社の分析データを用いて紹介しているので紹介したい。
上場情報

【上場情報】テンセントが20%超の株式を持つ『ガーデンスケイプ』の運営元iDreamSkyが香港上場へ!

中国で『ガーデンスケイプ』や『聖闘士星矢』スマホ版の運営を行い、中国ゲーム市場において独自のポジションを形成している、iDreamSkyの香港証券取引所への上場申請が承認された。同社は14年8月にNASDAQに上場した後、15年6月にプライベート化を発表、16年9月に上場廃止している。今年5月には香港での上場申請を行っていた。
決算

【決算】中国ゲーム市場でFGOなどを運営するbilibiliのQ3決算は増収も損益は拡大!

11月21日、NASDAQ上場企業bilibili(ビリビリ)が2018年Q3(7月~9月)の決算発表を行ったので紹介したい。Q3の売上高は173億円(10.788億元)で前年同期比で48%の増加、non-GAAPでの純損益は32.4億円(2.027億元)と前年同期の純損益の4640万円から大幅に拡大している。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム配信許認可『版号』の在庫状況は?テンセント、NetEaseは100以上保有!

中国政府がゲーム配信許認可である『版号』の審査を今年の3月28日に停止してから、早8ヶ月が経過しようとしている。当初は楽観的に見られていた審査再開も、今では早くて年内、コンサバに見て来年6月に再開など複数の予測が出てきてはいるが、公式な発表はなされていない。当記事では気になる各社の取得済みの版号の在庫状況を紹介したい。