海外市場情報

海外市場情報

【海外市場】PUBG Mobile月売上は約95億円!海外で売れてる中国ゲームTop30

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年9月の海外市場売上Top30を発表した。9月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』、Top2はLilithの『ライキン』、Top3はFunPlusの『State of Survival』と変化が見られた。
海外市場情報

【海外市場】中国大手37Gamesが8年の海外展開で得た心得とは?日韓市場は深耕の価値大

9月25日に北京で行われた『北京国际游戏创新大会(BIGC)』で37Games産品副総裁の殷氏が中国ゲームの海外進出に関する8年間のノウハウを発表した。37Gamesは日本では『日替わり内室』、欧米市場ではMMORPGの『レジェンドオブリング』といったヒット作を有している。
海外市場情報

【売上情報】原神リリース初週の売上は約66億円!中国約27億、日本約19億と日中で人気!

『Sensor Tower』はmiHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』の初週売上の予測値を発表した。同社の統計によると『原神』リリース後初週のApp StoreとGoogle Playの売上は約66億円(6000万ドル)に上るという。
海外市場情報

【海外市場】8月のMOBA系ゲーム売上、DL数Top10発表!売上規模は約103億円!

『Sensor Tower』は『モバイル・レジェンド』『ブロスタ』といったMOBA系ゲームの2020年8月の海外市場売上状況を発表した。同統計によると、中国以外の市場における2020年8月のMOBA系ゲームの売上Top10タイトルのは売上は約103億円、ダウンロード数Top10タイトルのDL数は2870万回となった。
海外市場情報

【海外市場】ストラテジーゲーム欧米日韓市場の売上規模は?日本売上1位は月商約20億円!

『Sensor Tower』は4X Strategy、タワーディフェンス、MOBA、CCGを含むストラテジーゲームの米国、欧州、日本、韓国の2020年Q2の売上状況を発表した。同統計によると、中国以外の市場における2020年Q2のストラテジーゲームの売上高は約2706億円、前年同期比で26%の増加となった。
海外市場情報

【海外市場情報】荒野行動コラボ初日売上は8億円超!?中国ゲーム海外市場売上Top30発表

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年8月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、8月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』、Top2はNetEaseの『荒野行動』、Top3はLilithの『ライキン』と先月と同じ顔ぶれとなった。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外売上】PUBG Mobile累計売上3850億円突破!日米中で人気高い

『Sensor Tower』はテンセントが開発を行う『PUBG Mobile』と中国版の『和平精英』の累計売上を発表した。同統計によると『PUBG Mobile』と『和平精英』の累計売上は約3850億円を突破しており、直近72日間の売上は約550億円とその勢いを増している。
海外市場情報

【東南アジア市場】Q2のスマホゲーム売上規模は約660億円!Top10に中国ゲームが8本

『Sensor Tower』は東南アジアのスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q2の東南アジアのスマホゲーム市場の売上規模は約660億円(6億ドル)で、ラテンアメリカや中東市場の2倍の規模に達したとしている。
海外市場情報

【米国市場】Q2の米国スマホゲーム売上規模は約6116億円!フォートナイトは約100億円

『Sensor Tower』は米国のスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q2の米国のスマホゲーム市場の売上規模は約6116億円(55.6億ドル)、前期比で22.4%増加したとしている。
海外市場情報

【海外市場情報】Top1はPUBG Mobile!東京喰種コラボの荒野行動はTop2復帰

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年7月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、7月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は引き続き、テンセントの『PUBG Mobile』、Top2はNetEaseの『荒野行動』、Top3はLilithの『ライキン』となった。
海外市場情報

【海外市場情報】2020年Q2韓国スマホゲーム市場規模は約1309億円!中国ゲームは最多

『Sensor Tower』は韓国のスマホゲーム市場の売上規模などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q2の韓国のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約1309億円と前年比23.8%の増加、中国ゲームはTop100に39タイトルがランクインと過去最多となった。
海外市場情報

【海外市場情報】PUBG Mobile累計売上1600億円!中国ゲーム海外Top30は?

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年6月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、6月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は『PUBG Mobile』、Top2は『Rise of Kingdoms』、Top3は『Call of Duty Mobile』となった。
海外市場情報

【海外市場情報】ハイパーカジュアルゲームDL数Top20、Top10パブリッシャー発表!

『Sensor Tower』は2020年5月のハイパーカジュアルゲームパブリッシャーTop10とDL数Top20タイトルを発表した。同統計によると、ハイパーカジュアルゲームパブリッシャーTop10のApp StoreとGoogle Playの累計DL数は約7億回で、前年同期比で42.8%の増加としている。
海外市場情報

【海外市場情報】20年上半期全世界スマホゲーム売上は約4兆円!売上Top1はPUBG

『Sensor Tower』は2020年上半期のApp StoreとGoogle Playのスマホゲーム全世界売上の速報値を発表した。同統計によると、2020年1月1日から6月30日までのスマホゲームの全世界売上高は約4兆260億円(366億ドル)で前年同期比で21.2%増の大幅増としている。
海外市場情報

【海外市場情報】5月に一番売れたスマホゲームはPUBG Mobile!売上は約250億円!

『Sensor Tower』はスマホゲームの2020年5月の全世界売上Top30を発表した。同統計によると、5月のスマホゲームの全世界売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』(中国版の『和平精英』含む)で売上高は約249億円(2.26億ドル)、前年同期比41%増加としている。
海外市場情報

【海外市場情報】今世界で売れている中国ゲームはコレ!人気ゲームTop30を発表!

Sensor Towerは中国スマホゲームの2020年5月の全世界売上Top30を発表した。同統計によると、5月の中国スマホゲームの全世界売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』、Top2はLilith Gamesの『Rise of Kingdoms』、Top3はNetEaseの『荒野行動』となった。
海外市場情報

【台湾市場】2020年Q1台湾のスマホゲーム市場規模は約561億円!ワンパンマンが人気!

『Sensor Tower』は台湾のスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同発表によると、2020年Q1の台湾のスマホゲーム市場の売上規模は約561億円、前年同期比で20%増加、売上Top10のうち7タイトルが中国パブリッシャーのタイトルとなっている。
海外市場情報

【東南アジア市場】Q1東南アジアのスマホゲーム市場規模は約528億円!

『Sensor Tower』は東南アジアのスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q1の東南アジアのスマホゲーム市場の売上規模は約528億円(4.8億ドル)、前期比で3.9%、前年比で29%増加したとしている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました