海外市場情報

海外市場情報

【海外市場情報】2019年Q3韓国スマホゲーム市場規模は約1243億円!中国ゲームはシェア25%

『Sensor Tower』は韓国のスマホゲーム市場の売上規模や人気ゲームジャンル、人気ゲームタイトルなどをまとめた統計を発表した。2019年Q3の韓国のスマホゲーム市場のダウンロード数は横ばいであるものの、売上規模は過去最高を記録、売上ランキングTop100における中国ゲーム数も38タイトルと過去最高となった。
海外市場情報

【G-STAR2019|レポート】テンセント、IGG、miHoYo等が出展!日韓市場の共通点とは?

韓国・釜山にて『G-STAR2019』が11月14日~17日の日程で開催された。中国のChina Joy、日本のTokyo Game Showと並びアジア圏では参加者の多いゲームショウだが今年はどうであったか。『G-STAR2019』に参加していた韓国、日本、中国ゲーム業界人の見解を交えて以下に紹介したい。
海外市場情報

【海外市場情報】2019年全世界スマホゲーム市場規模は約7.5兆円!中国ゲームは各国で売上増大!

中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は中国スマホゲームの世界各国市場における競争力や動向をまとめたレポート『全球移動遊戯市場中国企業競争力報告』を発表した。同レポートによると、2019年の全世界スマホゲーム市場規模は約7.5兆円、中国スマホゲームの海外市場売上は1.1兆円を超えると予測されている。
海外市場情報

【売上情報】『PUBG Mobile』首位陥落!中国ゲーム海外売上Top30発表!『CoD Mobile』売上は?

『Sensor Tower』は2019年10月の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。同統計によると、10月の中国産スマホゲームの海外売上Top1は9ヶ月連続でTop1の座に君臨したテンセントの『PUBG Mobile』を抜きLilith Gamesの『万国覚醒』が初のTop1の座に輝いた。
海外市場情報

【海外市場情報】急成長するインドネシアのスマホゲーム市場規模は約295億円!対人戦が人気!

『Sensor Tower』はインドネシアのスマホゲーム市場の売上規模や人気ゲームジャンル、人気ゲームタイトルなどを発表した。これによると、2019年Q3のインドネシアのスマホゲームのApp StoreとGoogle Playの売上規模は約87億円、2019年のQ1~Q3の売上規模は約231億円とされている。
海外市場情報

【海外市場情報】インドスマホゲーム市場規模は約120億円!バトロワ、カジュアルゲームが人気

『Sensor Tower』はインドのスマホゲーム市場の売上規模や人気ゲームジャンル、人気ゲームタイトルなどをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2019年Q3のインドスマホゲームのApp StoreとGoogle Playの売上規模は約34億円、2019年のQ1~Q3の売上規模は93億円以上とされている。
海外市場情報

【海外市場】2019年Q3の全世界スマホゲーム売上規模は約1.8兆円!売上・ダウンロードTop10は?

『Sensor Tower』は2019年Q3の全世界スマホゲームのApp StoreとGoogle Playの全世界売上規模をを発表した。同発表によると全世界スマホゲームの売上規模は約1.79兆円と前年同期の約1.5兆円と比べ20%の増加となった。また、非ゲームを含むスマホアプリ全体の売上は約2.4兆円であったという。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外】『Rise of Kingdoms –万国覚醒–』海外市場月売上60億円に迫る!

スマホゲームの調査・分析ツールを提供する『Sensor Tower』は2019年9月の中国スマホゲームのApp StoreとGoogle Playの全世界売上Top30ランキングを発表した。Top1は引き続き『テンセント』の『PUBG Mobile』で、9月の売上は約77.8億円、前月比で12%の増加となった。
海外市場情報

【中国ゲーム】テンセント開発の『Call of Duty Mobile』初週DLはマリカーを超える1億突破!売上は??

『Sensor Tower』はテンセントの『TiMi Studio』が開発を、Activisionがパブリッシングを担当する『Call of Duty Mobile』がリリース初週で全世界ダウンロード数1億回を突破したと発表した。この数字は『マリオカート ツアー』の初週のダウンロード数約9000万回を上回る数字となっている。
海外市場情報

【海外市場情報】中国ハイパーカジュアルゲームのeCPMは米国と同水準!スマホゲームの各種KPI公開!

スマホゲームの調査・分析を行う『Game Analytics』が2019年上半期の全世界スマホゲームのレポートを発表した。同レポートでは、世界各国の継続率やARPPU、ゲームのプレイ時間、eCPMなどがまとめられており、翌日継続率の中間値は25%、中国ハイパーカジュアルゲームのeCPMは米国と同水準の3.9ドルになった。
海外市場情報

【中東市場】中東スマホゲーム市場売上規模は約920億円!売上Top20の11タイトルが中国スマホゲームに!

『Sensor Tower』は中東スマホゲーム市場や同市場における中国スマホゲームの売上などの実績を公開した。2018年9月1日~2019年8月31日の中東市場のApp StoreとGoogle Playの売上総額は約920億円で、その内77.4%の約712億円をトルコ、アラブ首長国連邦、サウジアラビア市場が占めているという。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外売上】『PUBG Mobile』と『和平精英』の累計売上が1000億円を突破!

『Sensor Tower』はテンセントが開発を行う『PUBG Mobile』とその中国版『和平精英』の累計売上を発表した。『PUBG Mobile』と『和平精英』のApp StoreとGoogle Playの全世界累計売上は1100億円を突破しており、中国市場だけでなく海外市場でも驚異的なセールスを記録している。
海外市場情報

【海外市場情報】全世界SLG売上Top50の内33作が中国産!日本のSLG市場は高単価かつ急成長!

スマホアプリの調査・分析ツールを提供する『App Annie』はWechat公式アカウントにて各国のSLG市場の動向まとめを発表した。発表内容では、2019年1月~8月までの全世界のApp StoreとGoogle Playの売上Top50の内、33作が中国パブリッシャーだとしており、前年同期の27作からシェアを拡大した。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外売上】『フェアリーテイル』コラボの『荒野行動』単月売上過去最高も『PUBG』には及ばず

『Sensor Tower』は8月の中国スマホゲームの全世界売上Top30タイトルを発表した。8月の海外市場の売上Top1は『テンセント』の『PUBG Mobile』、Top2は『NetEase』の『荒野行動』の2作となり、1位と2位をバトロワ系のゲームとなった。またTop3とTop4は『Lilith Games』の2作だ。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外】中国スマホゲーム全世界売上の28%を占める!中国Top30パブリッシャー発表!

『Sensor Tower』は2019年8月の中国スマホゲームのApp StoreとGoogle Playの全世界売上Top30パブリッシャーを発表した。8月のTop30中国パブリッシャーの売上総額は約1738億円(15.8億ドル)でApp StoreとGoogle Playの全世界売上総額の28%に相当するという。
海外市場情報

【米国市場】中国スマホゲームが米国市場でも躍進!セルランTop100の売上シェアは日本と同規模!?

スマホゲームやアプリの調査・分析ツールを提供する『Sensor Tower』が2019年Q2(4月~6月)の米国スマホゲームの市場売上規模と中国ゲームの米国市場でのシェアを公開した。同社の統計によるとQ2の米国スマホゲーム市場の売上規模は約4169億円(37.9億ドル)で前年同期比で20.3%の増加となった。
海外市場情報

【日本市場】中国スマホゲーム日本市場の売上シェア過去最高を記録!日本で売れてる中国ゲームTop20はこれ!

スマホゲームやアプリの調査・分析ツールを提供する『Sensor Tower』が2019年Q2(4月~6月)の日本スマホゲームの市場売上規模と中国ゲームの日本市場でのシェアを公開した。同社の統計によるとQ2の日本スマホゲーム市場の売上規模は約3916億円(35.6億ドル)で前年同期比で5.7%の増加となった。
海外市場情報

【海外市場情報】2019年上半期 韓国スマホゲーム市場売上規模は約1890億円!パブリッシャーは2強!

スマホゲームの調査・分析を行う『Mobile Index』は2019年上半期の韓国スマホゲーム市場の売上規模、プラットフォームのシェア、パブリッシャーのシェアなどをまとめたレポートを発表した。日本市場と同じく中国企業が積極的に進出する韓国市場の現状を紹介したい。市場売上規模は約1890億円で前年同期比7.9%の増加となった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました