中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】NetEaseもAndroidプラットフォームに手数料引き下げ要求か?

miHoYoの『原神』、Lilithの『ライキン』はHUAWEIなどのAndroidプラットフォームで展開しなかったにも関わらず、自社マーケティングによるユーザー獲得で成功を収めている。これによりブランド力、プロモーション力があれば、公式HPやTapTapからユーザーを獲得できることが証明された。
海外市場情報

【日本市場】20年Q4日本スマホゲーム売上は約5060億円!中国ゲームがシェア伸ばす!

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q4の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5060億円と前年同期比で34%の増加、中国ゲームはTop100に30タイトルがランクインした。
中国市場データ

【売上情報】『Call of Duty: Mobile』中国iOS初週売上は約15億円!

『Sensor Tower』はテンセントが配信する『Call of Duty: Mobile』の中国版の初週売上の予測値を発表した。同社の統計によると『Call of Duty: Mobile』の初週の中国App Storeの売上は約15.4億円(1400万ドル)に上るとしている。
新作情報

【新作情報】2021年Q1中国市場は25社から52作がリリース予定!日本IP・ゲームも!

中国ゲームメディア『遊戯葡萄』が2021年Q1に中国市場でリリースされるスマホゲームをまとめているので、その中から注目タイトルを紹介したい。Q1は多くの中国企業にとって新年度であることと、旧正月を挟むことからその年を代表するヒット作が誕生しやすい下地があるという。
売上ランキング

【日本市場】雀魂Top3入り!中国ゲームの日本市場ランキングまとめ!新作パズルの広告は?

第三金曜日を基準日として日本市場における中国スマホゲームの定点観測を行いたい。日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store26作、Goole Play35作で、マッチスリーxファッションをモチーフにした『Project Makeover』が新たにランクインしている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】中国市場はテンセントがTop3独占、中国版Switch出荷台数100万台突破ほか

1月第2週の中国ゲーム市場まとめ。|bilibiliユーザーが選ぶ2020年のベストゲームは?|中国売上・DLランキング上位をテンセントが独占!|原神12月の海外市場売上は約129億円!|テンセントが販売する中国版Switchの出荷台数が100万台突破!
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントが販売する中国版Switchの出荷台数が100万台突破!

1月11日、ロイターはテンセントが中国で販売を行っている『Nintendo Switch』の出荷台数が100万台を突破したとテンセント・ホールディングスが語ったと報じた。昨年12月にはテンセントは公式Wechatで中国版販売開始1周年を記念し、中国での取り扱い実店舗数、人気タイトルなどを紹介している。
海外市場情報

【海外市場情報】原神12月の海外市場売上は約129億円!日本市場で売上増、PUBGを抜く

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年12月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、12月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は約129億円の売上を記録したmiHoYoの『原神』で3ヶ月連続でTop1となった。Top2は『PUBG Mobile』、Top3は『ライキン』となっている。
中国市場データ

【AppAnnie】中国売上・DLランキング上位をテンセントが独占!日本IPもヒット誕生

『App Annie』から中国iOSの売上、ダウンロードの月間ランキングTop30のデータを提供して貰った。同社の統計によると、2020年12月も中国App Storeの売上ランキングTop3とDLランキングTop4をテンセント系が占めるなど同社の強さが際立っている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】bilibiliユーザーが選ぶ2020年のベストゲームは?原神ほか日本勢も

中国大手動画プラットフォーム『bilibili』は2020年のゲーム関連動画のユーザーデータを元に各種年間ランキングやユーザー投票による年間最優秀ゲームなどを発表した。これによると、2020年の1年間でbilibiliのゲーム関連動画のアップ数は2400万件以上、総時間にして500万時間の動画がアップされたという。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】年始ご挨拶、テンセント投資案件まとめ、原神2020年売上、2020年版号総数など

1月第1週の中国ゲーム市場まとめ。|【新年のご挨拶】2020年は中国ゲームが多ジャンルでシェア拡大!|2020年テンセントのゲーム系投資案件まとめ!|テンセントとHUAWEIが手数料交渉か!?|原神2020年売上は約616億円!|2020年年間の『版号』取得数は1416作!
規制情報

【規制情報】2020年年間の『版号』取得数は1416作!中国産1319作、海外産97作!

1月4日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、2020年12月の中国産ゲームの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。2020年最後の『版号』取得発表となったが、1回の発表数は2020年最多の90タイトルとなり、2020年は1年間で1319作の中国産ゲーム、97作の海外産ゲームが『版号』を取得したことになる。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】原神2020年売上は約616億円!12月中国セルラン1位は約273億円!

『Sensor Tower』は2020年12月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社統計によると、12月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は先月比微増の約2376億円(21.6億ドル)で、全世界スマホゲーム売上の29%を占めるとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントとHUAWEIが手数料交渉か!?ストアDL停止も翌日には回復

中国ではAndroidストア手数料が50%とApple App Storeよりも割高なことから、手数料引き下げ要求の圧力が高まっている。そんな中、HUAWEIのアプリストアからテンセントの全タイトルがダウンロードができなくなる事態が発生したが、僅か18時間後には全タイトルがダウンロードができるように戻された。
資本政策

【資本政策】2020年テンセントのゲーム系投資案件まとめ!大手から中小まで32社に出資!

『遊戯葡萄』がテンセントが2020年に行ったゲーム系企業への投資案件をまとめているので以下に紹介したい。1月のプラチナゲームズに始まり、公開されているだけで中国国内外含む32社に対し出資や既存株主から株式取得を行っている。
中国ゲーム市場動向

【新年のご挨拶】2020年は中国ゲームが多ジャンルでシェア拡大!2021年も積極攻勢続く

明けましておめでとうございます。いつもゲーム大陸をご覧いただきありがとうございます。2021年も引き続き、ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。2021年の年初に際し、簡単な2020年の振り返りと2021年の展望を以下にご紹介したいと思います。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】2020年中国ベストゲームは?12月日本市場の中国ゲームランキング、新作情報など

12月第4週の中国ゲーム市場まとめ。|中国メディア発表の2020年中国ベストゲームは?|2020年に世界で売れたスマホゲーム6作の売上規模は?|12月の中国ゲームランキングは?2次元系新作2本がランクイン!|テンセントWeGameが手数料0%施策発表!|NetEase新作、旅かえる中国版リリース!コアゲームもTop15復帰
売上ランキング

【中国ゲーム市場】NetEase新作、旅かえる中国版リリース!コアゲームもTop15復帰

セールスランキングで注目は12月17日には『アークナイツ』、12月24日には『シャイニングニキ』がTop15圏入りしている点だ。これらタイトルはアップデートに合わせて売上の山場を作るサイクルを続けており、コア層に支えられているゲームのサイクルは日本と大きく変わらないことが伺える。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました