中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国パブリッシャーTop30!Lilith、Yostarが過去最高売上!

『Sensor Tower』は2020年2月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社統計によると、2月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30上位に変動は無いものの、Lilith GamesやYostarが過去最高売上を記録するなど両社の好調ぶりがうかがえる。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム業界】日本市場で売れてる中国ゲーム、中国市場のIP価値など

先週は日本市場における中国ゲームの動向をまとめた記事を発表、『荒野行動』『マフィア・シティ』『放置少女』に加え新作の『Rise of Kingdoms』『アークナイツ』の人気のほどが窺えた。他には『IGG』決算発表、ByteDanceのハイパーカジュアルゲームが人気、中国市場のIP動向など。
売上ランキング

【中国ゲーム市場】ByteDanceのハイパーカジュアルが人気!NetEaseも新作配信

ダウンロードランキング9日連続でハイパーカジュアルゲーム『爱上消消消』がTop1を記録。他にも日本のAppStoreダウンロードランキング1位を獲得したByteDance関連アカウントが配信を行う『ヒーローズコンバット』が7位にランクインするなど、ハイパーカジュアルゲームが多くランクインしている。
決算

【中国企業|決算】IGGが2019年決算発表!ローモバ売上約593億円も減収減益!

『ロードモバイル』などで知られる、香港証券取引所上場企業のIGGは、会計監査後の2019年通年の決算発表を行った。2019年の決算は、売上高は約734億円で前年同期比約11%の減少、株主に帰属する純利益は約181億円で前年同期比約13%の減少と、減収減益となった。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】中国市場のIPスマホゲーム売上規模は約1.6兆円!どのIPが人気?

中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は中国スマホゲーム市場におけるIPの価値を評価・分析したレポート『2020-2019年移动游戏IP潜在价值评估报告』を発表した。同レポートから、IPスマホゲームの市場規模、原作カテゴリの分布、ユーザーの行動データなどを紹介したい。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム業界にも消費者保護の流れ ゲーム事業者に保護団体から4つの要求!

『中国消費者協会』はオンラインゲーム事業者に対し広告における優良誤認や有利誤認といった不当表示、消費者の選択権の保護、消費者との取引の公平性など3つの問題点を指摘し、それに消費者重視の態度を加えた4つの要求を提示した。この要求は法的拘束力は伴わないが、今後中国ゲーム業界にどの様な影響をもたらすのか注目が集まっている。
売上ランキング

【中国ゲーム】日本のセルランTop100に20本以上!今、売れてる中国スマホゲームはコレ!

『崩壊3rd』『アズールレーン』『荒野行動』のヒットを皮切りに、直近では『アークナイツ』『Rise of Kingdoms』など日本市場にも多くの中国スマホゲームのヒット作が出てくるようになった。日本市場における中国スマホゲームや中国スマホゲームパブリッシャーの動向を追うためにも、定期的にランキング動向を紹介していきたい。
海外市場情報

【海外市場情報】2022年の欧州スマホゲーム市場売上規模は約1.4兆円と予測!

『Sensor Tower』は欧州のスマホアプリ市場に関する予測を発表した。同予測によると、今後3年間で非ゲーム系アプリの売上が急速に伸び、2022年にはスマホアプリ全体で2019年の倍近い規模の2兆5850億円に、ゲームアプリ市場単体では1兆4190億円規模に達すると予測している。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム業界】NetEase、Perfect World増収増益!テンセント出資、版号など

先週は中国ゲーム大手『Perfect World』と『NetEase』が増収増益となる決算を発表。規制関連では『版号』取得タイトルの発表があり、2月は合計106タイトルが版号を取得した。他には、テンセントが世界最大のオンラインゲーム作成プラットフォーム『Roblox』へ出資、中国AppStoreランキングまとめ、など。
資本政策

【資本政策】テンセントも世界最大のオンラインゲーム作成PF『Roblox』に出資

世界最大のオンラインゲーム作成プラットフォーム『Roblox』はAndreessen Horowitzのファンドを中心に約165億円を調達したと発表した。今回のシリーズGには新規の投資会社としてテンセント・ホールディングス等が参画し、既存の投資家も投資を拡大したとしている。
決算

【決算】NetEase2019年度決算発表!全体の約8割を占めるゲーム事業は売上約7428億円!

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。2019年の売上高は約9478.4億円で前年同期比15.7%の増加、オンラインゲーム事業の売上高は約7428億円、前年同期比15.5%の増加とゲーム事業が引き続き堅調な伸びをみせている。
売上ランキング

【売上ランキング】NetEaseトップタイトルは長期化!AFKアリーナはTop3維持!

前回は旧正月期間中ということもあり、カード・カジノカテゴリのゲームがTop15入りするなどランキングに変化があったが、この2週間は大きな変化は見られない。ただ、Aligamesの『三国志:戦略版』とLilith Gamesの『AFKアリーナ』がTop5に常駐したことで、相対的にNetEaseのシェアは目減りしている。
規制情報

【規制情報】今月2度目の『版号』発表!NetEaseの次世代MMO『天諭』など計53作が取得!

2月25日付けにて中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計53タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。53タイトルの内カジュアルゲームが27作と前回に続き大半を占めている。コアゲームではテンセント、NetEase、YOOZOOなど大手ゲーム会社のタイトルが『版号』を取得している。
決算

【決算】時価総額1兆円企業『Perfect World』2019年ゲーム事業は増収増益!

『Perfect World(完美世界)』が2019年通年の業績速報を公開したので紹介したい。同社はゲーム事業と映像事業を総合的に手がける老舗の大手パブリッシャーだ。直近では日本市場向けに同社の看板タイトル『パーフェクトワールドM』を『ラングリッサー モバイル』のZlong社が配信することが決定している。
インタビュー

【特別企画】中国人ゲーマーは日本ゲームを再評価!中国プロデューサーの仕事とは?

中国ゲームが市場を賑わすにつれ、中国ゲーム会社のプロデューサーは一体どの様な仕事をしているのか?どの様な人がいるのか?と興味を持つ方も少なくないのではないだろうか。中国ゲーム業界に20年近く従事しているゲームプロデューサー謝氏にインタビューを申し込んだところ快諾いただけたので、前後編の2回に分けて紹介したい。
インタビュー

【特別企画】中国ゲーム業界の生き字引!中国人プロデューサーが語る中国ゲーム市場とは

中国ゲームが市場を賑わすにつれ、中国ゲーム会社のプロデューサーは一体どの様な仕事をしているのか?どの様な人がいるのか?と興味を持つ方も少なくないのではないだろうか。中国ゲーム業界に20年近く従事しているゲームプロデューサー謝氏にインタビューを申し込んだところ快諾いただけたので、前後編の2回に分けて紹介したい。
中国市場データ

【App Annie】2020年1月 中国スマホゲームのMAU・売上・ダウンロードTop30発表!

『App Annie』が『ゲーム大陸』向けに提供してくれた中国iOSの売上、ダウンロードの月間ランキングTop30と中国iPhoneとAndroid端末のゲームアプリMAUランキングのデータを紹介したい。2020年1月の中国iOSゲームカテゴリ売上とMAUのTop1は『王者栄耀』となった。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国サードパーティアプリストア再編!アリババ、Baidu傘下が事業見直し

中国のサードパーティアプリストアの事業再編が進んでいる。アリババ傘下の『PP助手』はiOS版を2月28日を以てダウンロード停止、Baidu傘下の『91』と『安卓市场』もサポート停止を発表した。『PP助手』は2016年1月の段階で月間アプリダウンロード数10億回を記録、『91』はBaiduが約2090億円を投じて買収していた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました