2018-12

スポンサーリンク
中国市場データ

【中国ゲーム市場情報】中国政府ゲーム配信規制解除を発表!同時に公開された中国ゲーム市場規模とは?

中国政府主催の中国ゲーム業界の年次総会である『2018年度中国遊戯産業年会』が12月19日~21日に開催された。『責任と発展』と題された今回の年次総会にて、中国政府のゲーム配信許認可『版号』の審査が再開されたのは先日報じた通りだ。ここでは、中国音像与数字出版協会理事長である孫氏が語った、中国ゲーム市場規模など重要な数字を紹介したい。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム配信許認可『版号』の審査再開!中国政府が述べたゲーム業界に必要な4つの重点とは?

中国共産党宣伝部(中宣部)出版局副局長の馮士新氏(Feng ShiXin氏)が中国海口市で開催中の遊戯産業年会にて中国ゲーム配信許認可『版号』の審査再開に言及した。馮氏は『版号』の審査が再開され、既に第一弾の審査が完了したと言及したが、同時に審査待ちのタイトルも多く、審査停止前の状態に戻るには一定の期間が必要とも述べている。
売上ランキング

【売上情報】荒野行動がドン勝!?PUBG、フォートナイトを超える単月売上○○億円を記録!

中国ゲーム市場だけでなく、世界的に見ても2018年のゲーム業界のトレンドとして挙げられるのは『PUBG』『荒野行動』に代表されるバトロワ系の流行だろう。『PUBG』のパクリとして批判も多い、中国NetEaseの『荒野行動』がスマホのバトロワ系ゲームとして『PUBG Mobile』と『フォートナイト』を超える売上を記録した。
規制情報

【中国ゲーム規制情報】中国政府が『PUBG』の配信停止命令!との一部報道をテンセントが否定。

中国政府のゲーム配信規制『版号』の審査補助機関とも言えるゲーム倫理委員会が審査中の20タイトルにテンセントの『王者栄耀(伝説対決)』『PUBG』が含まれ、配信停止やゲーム内容の修正の指示を受けているとの報道が一部であった。テンセントは12月13日に『該当審査とテンセントは無関係である』とコメントを発表。全面的に報道を否定した。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】アズレンや崩壊3rdに代表される中国2次元の市場規模は?ユーザー数はなんとX億人!

この2年、『アズールレーン』や『崩壊3rd』、最近日本でのリリースが発表され期待が集まる『アークナイツ(明日方舟)』に代表される中国産2次元ゲームの躍進が顕著だ。中国ゲームメディアの『遊戯陀螺』がゲーム、アニメ、小説など2次元領域の市場規模を『iReserch』社の分析データを用いて紹介しているので紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】Appleが発表した2018年中国App Storeの人気スマホゲームは?注目の3大トレンドとは?

Appleが毎年発表するベストゲームが中国でも発表されたので紹介したい。日本のApp Storeのようにランキングという表現は使っていないが、『人気オンラインゲーム』として10タイトル紹介している。他には中国ゲーム市場の注目トレンドとして『eSports』『ストラテジー』『サンドボックス』をピックアップしている。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム配信許認可『版号』の審査補助組織が設立!審査再開に一歩前進!再開はいつ?

中国政府のゲーム配信許認可『版号』の規制に大きな動きがあった。中国の国営テレビ放送局である中国中央電視台(CCTV)の報道によると、版号審査の補助的機関として『網絡遊戯道徳委員会』が設立されたと言う。同委員会はオンラインゲームに道徳的観点から評価を行い、オンラインゲームの管理監督を行う政府機関に評価結果を提供するという。
海外市場情報

【海外市場情報】英国スマホゲーム市場規模は?ユーザー数や人気アイテムの予測を発表!

中国ゲーム市場の情報を中心にお届けしている当サイトだが、先日紹介した米国ゲーム市場の売上規模に関する記事の反響が大きかった。そこで今回は英国ゲーム市場規模に関する情報をお届けしたい。市場動向の調査分析を行う『Mintel』によると、2018年の英国スマホゲームの課金売上規模は1320億円(12億ドル)規模になるという。
海外市場情報

【海外市場情報】中国と世界一を競う米国ゲーム市場。過去最高となったブラックフライデーの売上規模は?

中国ゲーム市場と市場規模世界一を競っている米国ゲーム市場において11月23日のブラックフライデーは特別な一日となった。『Sensor Tower』によると、AppleとGoogleのスマホゲームの売上合計は一日で61.38億円(5580万ドル)を記録したという。これは前年比で23.8%の増加で、今年の日売上高の最高記録だという。
海外市場情報

【海外市場情報】テンセントとNetEase 海外で売上が多いのはどっち?気になる両社の売上を比較!

中国政府のゲーム配信許認可である『版号』の審査停止により、中国ゲーム市場に大きな変化が起こっている。NetEaseの『荒野行動』などに見られる、中国ゲーム会社の海外進出だ。中国ゲーム市場を2分するテンセントとNetEaseの両社の海外売上を、データ分析を手がける『IHS Markit』が発表したので両社の売上を紹介したい。