紫龍

スポンサーリンク
売上ランキング

【保存版】ラングリッサー中国版の売上規模はXX億円!中国市場売上規模は前年同期比で16%成長!

調査会社の『CNG(伽马数据)』が発表したレポートによると、中国スマホゲーム市場売上規模は前期比で10%近く増加している。これを牽引したのは、『ラングリッサー』などの新規タイトルのヒットだと言う。注目の『ラングリッサー』の売上予測値や中国スマホゲーム市場売上規模など参照価値の高いと思われるデータを紹介していきたい。
中国市場データ

【中国市場データ】中国DL・売上ランキング&海外売上ランキング発表!日本のあのタイトルが1位に!

2018年9月の中国国内App Storeダウンロード、売上ランキングと中国産スマホゲームの海外売上ランキングが『Sensor Tower』と『App Annie』から発表されたので紹介したい。中国国内ではなんと日本発のあのタイトルがランキング1位を獲得した!中国内外の売上ランキングを俯瞰することで中国企業の最新の情勢理解に役立つのではないかと思う。
分析記事

【分析記事】ラングリッサー再度セルラン2位獲得!前作『風之大陸』と比較して見えてきた本質とは?

エクストリームが中国大手『紫龍』にライセンスし中国で展開している『ラングリッサー(梦幻模拟战)』が、10月11日のアップデートをきっかけにApp Storeセールスランキングで再び2位を獲得した。『紫龍』の前作『風之大陸』もヒットをしており、リリース後の動きが『ラングリッサー』とよく似ている。先行する『風之大陸』と『ラングリッサー』を比較することで、『ラングリッサー』の傾向を探ってみたい。
売上ランキング

【中国ゲーム売上ランキング】売上ランキングTop10入りした3つの日本IPゲームとは?

10月4日~10月9日のApp Store売上ランキングの動きを振り返ってみたい。『Fate/GO』の周年イベントによるランクアップ、Aligameが運営を行う『ワンピース(航海王:燃焼意思)』、エクストリームがライセンスした『ラングリッサー(梦幻模拟战)』がTop10入りするなど日本IPゲームの活躍が目立った。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】中国ゲーム業界人気トピック5選!Rejet開発中止・ラングリッサー繁体字版リリースetc

10/1~10/7の中国ゲーム業界で話題のトピックをまとめてご紹介!今週は中国ゲーム会社の盗用疑惑により、開発中止を余儀なくされたRejet社のオリジナル企画開発中止のニュースに高い関心が寄せられた。他には『ラングリッサー』の台湾・香港向け繁体字版リリースや、『Tencent』が『bilibili』の新規発行株を取得するなど、ニュースに事欠かない一週間となった。
新作情報

【新作情報】ラングリッサー繁体字版が事前予約数100万突破!繁体字版運営と中国運営の関係は?

日本の『エクストリーム』が中国有力パブリッシャー『紫龍』にIPライセンスした『ラングリッサー(梦幻模拟战)』が中国リリース2ヶ月経過後もセールスランキングTop10圏内を維持するなど絶好調だ!その勢いは留まることを知らず、10月4日正式サービス予定の台湾、香港、マカオ向け繁体字版の事前予約もリリース前日の10月3日の段階で100万件突破した
分析記事

【分析記事】ラングリッサー中国版を成功させたプロモーション!3つのポイントとは?

エクストリーム社が中国大手パブリッシャーの『紫龍』にIPライセンスし、中国で開発・運営されている『ラングリッサー』がリリース後一ヶ月経過した今も中国App StoreのセールスランキングでTop10を維持するなど絶好調だ!中国の8月の広告市場レポートに『ラングリッサー』にまつわるデータがでているので紹介したい。
分析記事

『ラングリッサー』中国運営『紫龍』 ヒット連発の秘訣とは?

『ラングリッサー』の前に『紫龍』がリリースしたタイトル『風之大陸』のヒットを生み出す秘訣に迫っているので紹介したい。オーソドックスなMMOであるにもかかわらず、ここまでのヒット作にしたてた『紫龍』のマーケティング手法とは?日本語で読めるのは『ゲーム大陸』だけ!
分析記事

【分析記事】『ラングリッサー』は中国で成功するか?

日本のExtreme社が中国有力ゲームパブリッシャー紫龍にIPライセンスした『ラングリッサー(梦幻模拟战)』が8月2日に中国iOS版リリース後、売上ランキングTop10を維持するなど好調だ! 今年1月に中国で発表された『コア向けIPラングリッサーは中国で成功するか?』という記事をゲーム大陸にて翻訳・再編し紹介したい。