海外売上

海外市場情報

【海外市場情報】今世界で売れている中国ゲームはコレ!人気ゲームTop30を発表!

Sensor Towerは中国スマホゲームの2020年5月の全世界売上Top30を発表した。同統計によると、5月の中国スマホゲームの全世界売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』、Top2はLilith Gamesの『Rise of Kingdoms』、Top3はNetEaseの『荒野行動』となった。
海外市場情報

【台湾市場】2020年Q1台湾のスマホゲーム市場規模は約561億円!ワンパンマンが人気!

『Sensor Tower』は台湾のスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同発表によると、2020年Q1の台湾のスマホゲーム市場の売上規模は約561億円、前年同期比で20%増加、売上Top10のうち7タイトルが中国パブリッシャーのタイトルとなっている。
海外市場情報

【東南アジア市場】Q1東南アジアのスマホゲーム市場規模は約528億円!

『Sensor Tower』は東南アジアのスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q1の東南アジアのスマホゲーム市場の売上規模は約528億円(4.8億ドル)、前期比で3.9%、前年比で29%増加したとしている。
海外市場情報

【米国市場】Q1の米国スマホゲーム市場規模は約4994億円!売上Top20に中国ゲームは3本!

『Sensor Tower』は米国のスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q1の米国のスマホゲーム市場の売上規模は約4994億円(45.4億ドル)、前期比で4.8%増加したとしている。
海外市場情報

【売上情報】3月の全世界スマホゲーム売上Top10!1位は約255億円、10位は約77億円!

Sensor Tower』は2020年3月の全世界スマホゲームの売上Top10を発表した。同統計によると、3月の全世界スマホゲームの売上Top1は先月に続き、テンセントの『PUBG Mobile』で中国版の『和平精英』と合わせて約255億円(2.32億ドル)と、前年同期比で約3倍の売上を記録した。
海外市場情報

【海外市場情報】3月海外市場の中国ゲーム売上・ダウンロードTop30!PUBG Mobileは100億超え!

『Sensor Tower』は2020年3月の全世界スマホゲームの売上Top30を発表した。同統計によると、3月の全世界スマホゲームの売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』、Top2はLilith Gamesの『Rise of Kingdoms』、Top3はNetEaseの『荒野行動』となった。
海外市場情報

【海外市場情報】『コード:ドラゴンブラッド』欧米市場初月売上は5億円突破!

『Sensor Tower』は次世代3D MMORPG『コード:ドラゴンブラッド(龍族幻想/Dragon Raja)』の欧米市場での売上を公開した。同統計によると、『コード:ドラゴンブラッド』は2月26日の欧米市場リリース以来、30日間で276万ダウンロード、約5.3億円(485万ドル)の売上を記録したとしている。
海外市場情報

【売上情報】2月の全世界スマホゲーム売上Top10!1位『PUBG Mobile』は約210億円!

『Sensor Tower』は2020年2月の全世界スマホゲームの売上Top10を発表した。同統計によると、2月の全世界スマホゲームの売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』で中国版の『和平精英』と合わせて約210億円(1.91億ドル)と、前年同期比で約5倍の売上を記録した。
海外市場情報

【売上情報】海外市場で一番売れてる中国ゲームはライキン!アークナイツの収益力は?

『Sensor Tower』は2月の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。同統計によると、2月の中国スマホゲームの海外売上Top1は、78億円以上の売上を記録したLilith Gamesの『Rise of Kingdoms -万国覚醒-』で、テンセントの『PUBG Mobile』からトップの座を奪還した。
海外市場情報

【売上情報】PUBG Mobileトルコ市場が日本を超える!NetEaseは約8割が日本市場売上

『Sensor Tower』は2020年1月の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。同統計によると、1月の中国産スマホゲームの海外売上Top1は、売上高約91.3億円、前月比35.6%増を記録したテンセントの『PUBG Mobile』で、トルコ市場での売上が日本市場を超え、米国に次ぐ2番目の規模になっている。
海外市場情報

【海外市場情報】2019年Q4米国スマホゲーム市場規模は4730億円!中国ゲームはシェア伸ばす

『Sensor Tower』は米国のスマホゲーム市場の売上規模などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2019年Q4の米国App StoreとGoogle Playの売上規模は約4730億円で、売上ランキングTop100における中国ゲーム数は18タイトル、売上規模は約462億円に達したと言う。
海外市場情報

【海外市場情報】2019年韓国スマホゲーム売上規模は約4000億円!Topタイトルが寡占

IGA Works』は2019年韓国スマホゲーム市場動向をまとめたレポートを発表した。同レポートによると、2019年韓国スマホゲーム市場売上規模は約4074億円(4兆2880億ウォン)と過去最高を記録、増加率は前年同期比で5.2%増としている。
海外市場情報

【売上情報】2019年全世界App Store・GooglePlay売上規模は約6.8兆円!王者栄耀の年間売上は?

『Sensor Tower』は2019年通年の全世界スマホゲームのApp StoreとGoogle Playでの売上規模を発表した。同統計では、2019年通年の全世界App Store、Google Playの売上合計は約6兆7870億円、前年比で14.8%の増加と予測しており、世界規模では依然成長段階にあるとしている。
海外市場情報

【海外市場情報】2019年海外売上No.1は『PUBG Mobile』 売上高は約854億円!

『Sensor Tower』は2019年通年の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。同統計によると海外売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』、Top2はLilith Gamesの『Rise of Kingdoms –万国覚醒–』、Top3はNetEaseの『荒野行動』となった。
海外市場情報

【売上情報】日本売上増の『PUBG Mobile』は67億円!SLGはFun Plusに要注目!

『Sensor Tower』は2019年12月の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。同統計によると、12月の中国産スマホゲームの海外売上Top1は先月に続きテンセントの『PUBG Mobile』でTop2はLilith Gamesの『Rise of Kingdoms –万国覚醒–』となった。
海外市場情報

【売上情報】『荒野行動』35億円、『PUBG Mobile』77億円 バトロワ/FPS人気作の売上は?

Sensor Tower』は2019年11月の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。同統計によると、11月の中国産スマホゲームの海外売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』でLilith Gamesの『Rise of Kingdoms –万国覚醒–』を抜き返しTop1の座に返り咲いた。
海外市場情報

【売上情報】『Call of Duty Mobile』累計売上が100億円に迫る!日米の売上は全体の50%超!

『Sensor Tower』は『Call of Duty Mobile』がリリース後2ヶ月で全世界ダウンロード数1.7億回を突破、売上高は約95億円に上ると発表した。同作はリリース後1週間で1億回ダウンロードを記録し10月末まで1.46億回のダウンロードが行われたが、11月にはそのペースを落としおよそ2100万回となっている。
海外市場情報

【海外市場情報】2019年Q3米国スマホゲーム市場規模は4576億円!中国ゲームは売上規模増大

『Sensor Tower』は米国のスマホゲーム市場の売上規模や人気ゲームジャンル、人気ゲームタイトルなどをまとめた統計を発表した。同発表によると、米国はApp StoreとGoogle Playの合算で世界一のスマホゲーム市場で、Q3の米国のスマホゲーム市場の売上規模は約4576億円(41.6億ドル)に達したとした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました