海外売上

海外市場情報

【売上情報】『ロードモバイル』リリース5年で過去最高売上記録!累計売上2300億円突破!

『Sensor Tower』はIGGの『ロードモバイル』の全世界累計売上の予測値を発表した。同社の統計によると、『ロードモバイル』は2016年3月のリリース以降、全世界のApp StoreとGoogle Playの売上総額は約2300億円を突破したとしている。
海外市場情報

【売上情報】『三国志・戦略版(三國志 真戦)』の全世界累計売上が約1100億円を突破!

『Sensor Tower』はAligameの『三国志・戦略版(三國志 真戦)』の全世界累計売上の予測値を発表した。同社の統計によると、2019年9月の中国版リリース以降、全世界のApp StoreとGoogle Play売上は約1100億円を突破したとしている。
海外市場情報

【売上情報】ウマ娘リリース後1ヶ月の売上は約143億円!原神を抜き中国以外で売上世界一に

『Sensor Tower』はCygamesの『ウマ娘 プリティーダービー』のリリース後1ヶ月の売上予測値を発表した。同社の統計によると『ウマ娘』のリリース後1ヶ月のApp StoreとGoogle Playの売上は約143億円(1.3億ドル)に上るとしている。
海外市場情報

【売上情報】スマホシューターゲームの年間売上は?Top4の売上合計は約3410億円!

『Sensor Tower』は2020年3月から2021年2月までのスマホシューターゲームの売上予測値を発表した。同統計によると、中国市場を除くスマホシューターゲームの売上Top4は『PUBG Mobile』『Garena Free Fire』『荒野行動』『Call of Duty Mobile』と予測している。
海外市場情報

【海外市場情報】原神は5ヶ月連続で中国ゲーム海外売上1位!ブルアカ2月売上は約24億円!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2021年2月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、2月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は約129億円の売上を記録したmiHoYoの『原神』で5ヶ月連続でTop1となった。Top2は『PUBG Mobile』、Top3は『ロードモバイル』となっている。
海外市場情報

【売上情報】miHoYo『原神』リリース後5ヶ月の売上は約960億円!日本は約260億円

『Sensor Tower』はmiHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』のリリース後5ヶ月の売上の予測値を発表した。同社の統計によると『原神』のリリース後5ヶ月のApp StoreとGoogle Playの売上は約960億円(8.73億ドル)に上るとしている。
海外市場情報

【米国市場】Q4米国スマホゲーム市場規模は?コアユーザー増加、原神はセルランTop6に!

『Sensor Tower』は米国のスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q4の米国のスマホゲーム市場の売上規模は約6380億円(58億ドル)、前年同期比で35%近く増加したとしている。
海外市場情報

【海外市場情報】中国ゲーム海外売上Top1は4ヶ月連続で原神!1月売上は約125億円!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2021年1月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、1月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は約125億円の売上を記録した『原神』で4ヶ月連続でTop1となった。Top2は『PUBG Mobile』、Top3は『ロードモバイル』となっている。
海外市場情報

【売上情報】ブロスタ全世界累計売上は1100億円!中国ヒットで売上増、米韓中で人気高い!

『Sensor Tower』はSupercellの『ブロスタ』の累計売上が約1100億円(10億ドル)を突破したとの予測値を発表した。同作は『クラッシュ・オブ・クラン』に次ぐヒットタイトルとなっており、好調の要因は中国市場での成功にあるとしている。
海外市場情報

【海外市場】2020年中国スマホゲーム海外市場売上は1兆円!日本市場は3000億円超え!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年1年間の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、2020年の中国スマホゲーム海外市場売上Top30の日本市場での売上合計は前年比81%の増加の約3080億円(28億ドル)で、米国を抜き中国スマホゲームが一番売れている市場となった。
海外市場情報

【日本市場】20年Q4日本スマホゲーム売上は約5060億円!中国ゲームがシェア伸ばす!

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q4の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5060億円と前年同期比で34%の増加、中国ゲームはTop100に30タイトルがランクインした。
海外市場情報

【海外市場情報】原神12月の海外市場売上は約129億円!日本市場で売上増、PUBGを抜く

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年12月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、12月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は約129億円の売上を記録したmiHoYoの『原神』で3ヶ月連続でTop1となった。Top2は『PUBG Mobile』、Top3は『ライキン』となっている。
海外市場情報

【売上情報】2020年に世界で売れたスマホゲーム6作の売上規模は?1位は約2860億円!

『Sensor Tower』は2020年12月14日までのスマホゲーム売上Top6の売上予測値を発表した。同統計によると、売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』、Top2は『王者栄耀』で約2750億円超え、Top3は『Pokémon GO』で約1320億円と予測されている。
海外市場情報

【海外市場】『原神』中国市場以外の売上は約115億円!台湾好調のラグナロクは約19億円!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年11月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、11月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は約115.5億円の売上を記録したmiHoYoの『原神』、Top2はテンセントの『PUBG Mobile』と、先月に続き『原神』がTop1となった。
海外市場情報

【売上情報】miHoYo『原神』リリース後2ヶ月の売上は約432億円!日本は約108億円

『Sensor Tower』はmiHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』のリリース後2ヶ月の売上の予測値を発表した。同社の統計によると『原神』のリリース後2ヶ月のApp StoreとGoogle Playの売上は約432億円(3.93億ドル)に上るとしている。
海外市場情報

【米国市場】Q3の米国スマホゲーム売上規模は約6413億円!前年比40%の増加と急成長!

『Sensor Tower』は米国のスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q3の米国のスマホゲーム市場の売上規模は約6413億円(58.3億ドル)、前年同期比で40%近く増加したとしている。
海外市場情報

【海外市場】1~10月の米国スマホストラテジーゲーム売上は約3000億円、4X系が人気!

『Sensor Tower』は2020年1月から10月末までの米国市場のスマホストラテジーゲームの売上状況を公開した。同社の統計によると、同期間の売上規模は前年同期比で約22%増加し、約3080億円に達したと予測している。
海外市場情報

【日本市場】’20年Q3日本スマホゲーム売上は約5500億円!中国ゲームはシェア25%超

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q3の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5500億円と大幅に増加、中国ゲームはTop100に27タイトルがランクインした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました