スポンサーリンク

【週刊】中国ゲーム業界人気トピック5選!

週刊中国ゲーム業界

これさえ押さえておけば最新中国ゲーム情報は没問題! 8/27~9/2の中国ゲーム業界で話題のトピックをまとめてご紹介! 今週はスクエア・エニックスとTencentの合弁会社設立のニュースなど、日本でも中国ゲーム業界に目が向くことが多かったのではないかと思う。

アジア大会eSportsでの中国チームLOL優勝に始まり、政府が更なる規制強化!?との見方が広まり、ゲーム株が下落するなど、良いニュースと悪いニュースが飛び交った1週間となった。

1.上場各社18年上半期の決算出揃う

ゲーム系上場企業各社の2018年上半期決算が出揃った。Top50社のうち23社が前年比で売上減少となっている。

主な要因は“ヒットタイトルの長期化による減退”と“カジノ系ゲームへの規制“と言えそうだ。

またゲーム系上場企業の売上高、純利益を載せたTop50一覧にしたので是非以下の記事もチェックして欲しい。

一覧画像など詳細はこちら;
【保存版】18年上半期中国ゲーム企業Top50

2.中国政府、再び規制強化へ

中国政府各省庁8部局が共同で『青少年の近視を防ぐ為の施策』という趣旨の声明を発表。

その中に『オンラインゲームの総量を制限するため、新規オンラインゲームの数量をコントロールする』との一文があり、中国ゲーム業界に『今以上に版号発行の規制が厳しくなるのか!?』と衝撃が走った。

株価もこれを受け軒並み下落し、株式市場も大荒れとなった。

詳細はこちら;
中国政府 再びゲームへの規制を発表

3.eSports 中国チーム『リーグ・オブ・レジェンド』初代王者に

8月29日アジア大会eSports種目として行われた『リーグ・オブ・レジェンド』にて中国チームが韓国チームを下し、初代王者の座に輝いた。

このニュースは中国国営メディアも称賛し、暗いニュースが続く中国ゲーム業界にとって明るい話題となった。

Source;
http://www.gamelook.com.cn/2018/08/339511

4.中国ゲーム市場、米国に1位の座を奪われる

先週、米中両国の2018年上半期の売上規模が発表された。これによると、中国の成長鈍化を横目に、40%もの高成長を達成した米国が世界一の市場に返り咲いた。

・米国市場規模:約2兆1450億円(40%増)
・中国市場規模:約1兆6940億円(5.2%増)
・米国はゲームの全領域で高成長を達成

詳細はこちら;
中国ゲーム市場、米国に1位の座を奪われる

5.NetEase学生向けゲーム開発大会を主催

上記4つのニュースと比較すると小さな扱いになってしまうが、日本でも有名なゲーム会社である“NetEase”が普段どのような取り組みをしているのか?を知る手がかりとして紹介したい。

NetEaseは4ヶ月に渡り、大学生向けに『NetEaseゲーム学院MINI-GMAE大会』というゲーム開発の大会を主催、多くの学生サークルが参加した。

8月29日に行われた決勝の72時間ゲーム開発ハッカソンには13のサークルが参加し、2チームが見事一等賞を獲得した。

この大会は人材採用の側面もあるようで、既に参加者の中から50名にオファーが届いており、うち20名は入社手続きに入っているという。

Source: http://www.gamelook.com.cn/2018/08/339684

—–
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebook:https://www.facebook.com/GameTairiku/