海外市場情報

スポンサーリンク
中国市場データ

【中国ゲーム市場|データ】2019年Q3中国ゲーム市場売上規模は約9474億円!海外は日米韓がTop3!

中国音数協遊戯工委(GPC)とIDCは2019年Q3(7~9月)の中国ゲーム市場のレポート『2019年度第三季度中国游戏产业报告』を発表した。2019年Q3の中国ゲーム市場実質売上高は約9474億円、内スマホゲームが全体の約69%、PCクラサバは約2507億円で横ばい、ブラウザゲームは約386億円で減少としている。
海外市場情報

【海外市場】2019年Q3の全世界スマホゲーム売上規模は約1.8兆円!売上・ダウンロードTop10は?

『Sensor Tower』は2019年Q3の全世界スマホゲームのApp StoreとGoogle Playの全世界売上規模をを発表した。同発表によると全世界スマホゲームの売上規模は約1.79兆円と前年同期の約1.5兆円と比べ20%の増加となった。また、非ゲームを含むスマホアプリ全体の売上は約2.4兆円であったという。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】2019年9月中国スマホゲームパブリッシャーTop30!注目はアリババ!

『Sensor Tower』は2019年9月の中国スマホゲームパブリッシャーのApp StoreとGoogle Playの全世界売上Top30を発表した。Top3は『テンセント』『NetEase』『Lilith Games』と変化はなかったが、『Aligames』が『三国志:戦略版』のヒットを受けTop17とランクインした。
スポンサーリンク
海外市場情報

【海外市場情報】中国ハイパーカジュアルゲームのeCPMは米国と同水準!スマホゲームの各種KPI公開!

スマホゲームの調査・分析を行う『Game Analytics』が2019年上半期の全世界スマホゲームのレポートを発表した。同レポートでは、世界各国の継続率やARPPU、ゲームのプレイ時間、eCPMなどがまとめられており、翌日継続率の中間値は25%、中国ハイパーカジュアルゲームのeCPMは米国と同水準の3.9ドルになった。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外売上】『PUBG Mobile』と『和平精英』の累計売上が1000億円を突破!

『Sensor Tower』はテンセントが開発を行う『PUBG Mobile』とその中国版『和平精英』の累計売上を発表した。『PUBG Mobile』と『和平精英』のApp StoreとGoogle Playの全世界累計売上は1100億円を突破しており、中国市場だけでなく海外市場でも驚異的なセールスを記録している。
海外市場情報

【海外市場情報】全世界SLG売上Top50の内33作が中国産!日本のSLG市場は高単価かつ急成長!

スマホアプリの調査・分析ツールを提供する『App Annie』はWechat公式アカウントにて各国のSLG市場の動向まとめを発表した。発表内容では、2019年1月~8月までの全世界のApp StoreとGoogle Playの売上Top50の内、33作が中国パブリッシャーだとしており、前年同期の27作からシェアを拡大した。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外売上】『フェアリーテイル』コラボの『荒野行動』単月売上過去最高も『PUBG』には及ばず

『Sensor Tower』は8月の中国スマホゲームの全世界売上Top30タイトルを発表した。8月の海外市場の売上Top1は『テンセント』の『PUBG Mobile』、Top2は『NetEase』の『荒野行動』の2作となり、1位と2位をバトロワ系のゲームとなった。またTop3とTop4は『Lilith Games』の2作だ。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外】中国スマホゲーム全世界売上の28%を占める!中国Top30パブリッシャー発表!

『Sensor Tower』は2019年8月の中国スマホゲームのApp StoreとGoogle Playの全世界売上Top30パブリッシャーを発表した。8月のTop30中国パブリッシャーの売上総額は約1738億円(15.8億ドル)でApp StoreとGoogle Playの全世界売上総額の28%に相当するという。
海外市場情報

【米国市場】中国スマホゲームが米国市場でも躍進!セルランTop100の売上シェアは日本と同規模!?

スマホゲームやアプリの調査・分析ツールを提供する『Sensor Tower』が2019年Q2(4月~6月)の米国スマホゲームの市場売上規模と中国ゲームの米国市場でのシェアを公開した。同社の統計によるとQ2の米国スマホゲーム市場の売上規模は約4169億円(37.9億ドル)で前年同期比で20.3%の増加となった。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム|売上情報】バトロワ市場の勝者は『PUBG Mobile』なのか。売上が『荒野行動』を上回る!

昨年世界各地で激しくしのぎを削った『PUBG Mobile』『荒野行動』と言ったスマホ端末でプレイできるバトルロワイヤル系ゲームの市場競争が一段落したと考えて良いだろうか。スマホゲームの調査・分析を行う『Sensor Tower』が『PUBG Mobile』『荒野行動』『Fortnite』の売上比較を行ったので紹介したい。
海外市場情報

【海外市場情報】2019年上半期 韓国スマホゲーム市場売上規模は約1890億円!パブリッシャーは2強!

スマホゲームの調査・分析を行う『Mobile Index』は2019年上半期の韓国スマホゲーム市場の売上規模、プラットフォームのシェア、パブリッシャーのシェアなどをまとめたレポートを発表した。日本市場と同じく中国企業が積極的に進出する韓国市場の現状を紹介したい。市場売上規模は約1890億円で前年同期比7.9%の増加となった。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外市場情報】東南アジアで一番売れてるスマホゲームは?市場規模、売上・DLランキング発表!

スマホアプリやスマホゲーム市場の調査・分析を行う『SensorTower』が東南アジア市場の動向をまとめたレポートを発表した。当レポートの統計期間は2018年6月1日~2019年5月31日となっており、東南アジア各国のApp Store及びGoogle Playからのダウンロード数や売上データを元に分析を行っている。
売上ランキング

【中国ゲーム|海外売上】中国スマホゲーム海外売上ランキングTop30!1位の売上はどのくらい?

世界的にスマホゲームの分析を行う『Sensor Tower』は2019年5月の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。同統計によると、中国産スマホゲームの海外売上Top1は『テンセント』の『PUBG Mobile』、Top2は『NetEase』の『荒野行動』、Top3は『IGG』の『ロードモバイル』となっている。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外】中国ゲームが北米市場でもシェア拡大!テンセント『PUBG Mobile』が牽引!

スマホアプリやスマホゲームの調査・分析を行う『Sensor Tower』は2019年Q1(1月~3月)の北米スマホゲーム市場のデータを公開した。当発表によると2019年Q1にセールスランキングTop100入りした中国産スマホゲームの売上総額は約308億円(2.8億ドル)で前年同期の2倍の規模に成長しているという。
売上ランキング

【保存版】スマホ・コンソール・PC含めた世界のゲーム売上はいくら?売上Top25発表!1位はもちろんあの、、

ゲーム市場の調査分析をおこなう『Newzoo』が2018年のゲーム企業の売上げランキングTop25を発表した。同統計によると、2018年の全世界ゲーム売上全体の80%を上位25社が占めているという。世界的にゲームの市場規模は大きくなっており、2018年のスマホ、コンソール、PCゲームの売上総額は約14.8兆円に上るという。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国ゲーム企業が狙う『ストーリーゲーム』市場とは?月商4億超えタイトルも出現!

日本や中国でもまだ注目を集めていないジャンルに『ストーリーゲーム』または『インタラクティブストーリーゲーム』と呼ばれるジャンルがある。北米では1ジャンルとして人気を確立している『ストーリーゲーム』に中国のゲーム会社もチャレンジを始めている。ゲームのストーリーテリングという日本の強みが活かせそうな当ジャンルの動向を紹介したい。
分析記事

【分析記事】清々しいまでに低スペック!バトロワ系の意外な勝ち組『Free Fire』成功の秘訣ってなんだ?

『PUBG』『荒野行動』『フォートナイト』、直近では『Apex Legends』が初月に約100億円の売上を記録するなど、バトルロワイヤル系のゲームが人気だ。この市場はこれら大型タイトルだけのものなのか?一見既に勝敗は着いたかに見えるバトロワ系ジャンルにおいて、一風変わった戦略で成功を収めているゲームが『Free Fire』だ!
海外市場情報

【GDC2019】『フォートナイト』は『Apex』の影響なし!手数料12%『Epic Games Store』の展望は?

米サンフランシスコで開催中の『GDC2019』にて『フォートナイト(Fotnite)』の『Epic Games』が行ったセッションの様子を紹介したい。同作はユーザー数2.5億人、最高同時接続者数は1070万人に達したという。最近話題のEAの人気バトル・ロワイアルゲーム『Apex Legends』の影響は全くないと一蹴した。