2018-10

スポンサーリンク
規制情報

【規制情報】中国ゲーム市場No.1スマホゲーム『王者栄耀』に業界史上最も厳格な実名制導入へ!

中国ゲーム市場で最も売れているスマホゲームと言えば、テンセントが開発・運営を行う『王者栄耀』だ。その『王者栄耀』に中国ゲーム業界史上最も厳格な実名制が導入されたので紹介したい。10月25日から開始されたこの公安局データによる個人認証は、現在は北京、天津、南京、秦皇島、三亜、考感、鉄岭、周口、涼山イ族自治州の8箇所のユーザーに及んでいる。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】ハイパーカジュアルは伸び代しかない?AppLovinが中国カジュアルゲーム市場のレポートを公開!

中国ゲーム市場の調査を行う『CNG(伽马数据)』と『AppLovin』は共同で2018年~2019年の中国カジュアルゲーム市場レポートを発表した。当レポートでは中国スマホゲーム市場の分析と合わせて市場規模だけでなく、ARPUや課金率、人気ジャンルなど各種データも公開しているので以下に紹介したい。
決算

【決算情報】刀剣乱舞の中国運営YOOZOO(游族)の18年Q3の決算は?通期純利は144億円超を見込む!

中国ゲーム市場において存在感を出している、中国深セン証券取引所上場企業の『YOOZOO(游族)』が2018年Q3の決算発表を行ったので紹介したい。『YOOZOO(游族)』は日本ではDMMの『刀剣乱舞-ONLINE-Pocket』やコロプラの『ドラゴンプロジェクト』の運営元として知られている。
スポンサーリンク
週刊中国ゲーム業界

【週刊中国ゲーム業界】王者栄耀の公安局データ個人認証が強制に!VTuberブームが中国にもくる?!

先週の中国ゲーム市場のビッグニュースはやはりテンセントとbilibiliの戦略提携発表だろう。中国にもVtuberブーム到来?と思わせるニュースも注目を集めた。規制関連では『王者栄耀』の中国公安局データを用いた個人認証制が、今後北京市のユーザーを対象に『推奨』から『強制的』に変更すると発表した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】bilibili(ビリビリ)とTencent(テンセント)が中国2次元コンテンツ市場での戦略提携発表!

『Tencent』と『bilibili』が中国2次元コンテンツ市場での戦略提携を発表した。15年に『Tencent』は『bilibili』Dラウンド融資で15億円以上の出資を行っており、10月3日には、『bilibili』新規発行普通株を追加取得、総額は349.8億円を投じて持株比率を12.3%まで高めていた。
海外市場情報

【海外市場情報】PUBG Mobileが累計売上110億円突破!荒野行動とFortniteとどっちが速かった?

調査会社『Sensor Tower』は、中国ゲーム市場の調査の一環として、Tencentが運営を行う『PUBG Mobile』が累計売上額1億ドル(110億円)の大台を突破したと発表した。バトルロワイヤル系のTop3である『PUBG Mobile』『荒野行動』『Fortnite』の累計売上1億ドル突破日数を紹介したい。
売上ランキング

【中国ゲーム売上げランキング】ラングリッサーの広告量が減少、変化の兆し!?Tencent、NetEaseともに好調!

10月17日~10月23日のApp Store売上ランキングの動きを振り返ってみたい。日本IPものは、Tencentの『NARUTO』がTop49から大幅ジャンプアップのTop16にまで上昇、『梦幻模拟战(ラングリッサー)』はプロモーションが減少傾向にあり、ランキングもTop15圏と若干の後退となっている。
上場情報

【上場情報】アズールレーンの開発会社が中国店頭市場上場へ!アズレンの2018年上半期日本の売上は53億円!

日本でも中国産2次元ブームの火付け役となった大ヒット作『アズールレーン』の開発会社『厦門勇仕網絡技術股份有限公司(以下、勇仕網絡)』が中国店頭市場である『新三板』に上場申請を行った。『勇仕網絡』の主な収益源は『アズールレーン』で、現在に至るまでの総売上として約134億円を計上しているという。
売上ランキング

【保存版】ラングリッサー中国版の売上規模はXX億円!中国市場売上規模は前年同期比で16%成長!

調査会社の『CNG(伽马数据)』が発表したレポートによると、中国スマホゲーム市場売上規模は前期比で10%近く増加している。これを牽引したのは、『ラングリッサー』などの新規タイトルのヒットだと言う。注目の『ラングリッサー』の売上予測値や中国スマホゲーム市場売上規模など参照価値の高いと思われるデータを紹介していきたい。
決算

【決算情報】『新三國志』の開発元Kaiser(凱撤文化)がQ3決算発表!売上減も利益は増加。

中国深セン証券取引所A株上場企業の『Kaiser(凱撤文化)』が2018年Q3(7月~9月)の決算発表を行ったので紹介したい。『Kaiser(凱撤文化)』は日本で『Hero Entertainment(英雄互娯)』が運営している『新三國志』の開発元として知られている。
売上ランキング

【売上情報】クリエイティブが妙にハマる『マフィアシティ-極道風雲』の売上は?

ゲーム大陸をチェックしている方には紹介する必要は無いかもしれないが、『マフィア・シティ-極道風雲』が日本でヒットしている。10月12日にはApp StoreセールスランキングでTop12入りするなど、10月に入ってからはTop20圏内を維持している。そんな絶好調の『マフィア・シティ-極道風雲』の売上情報を紹介したい。
週刊中国ゲーム業界

【週刊中国ゲーム業界】上場企業の資金調達と運用に新たな規制!?一番広告を出したゲームは?ほか

先週は話題の女性向けゲーム『螺旋円舞曲』がリリース。『ラングリッサー』や『航海王:燃焼意志(ワンピース)』はTop20を維持するなど引き続き好調だ。 規制関連では中国証券監督会が、本業以外への投資を目的とした資金調達を規制すると発表。
中国市場データ

【中国市場データ】NetEase『荒野行動』日本の累計売上は約301億円!全世界売上の74%!

市場データ分析を行う『Sensor Tower』はNetEseの『荒野行動』のこれまでの全世界累計売上が約407億円を超えたと発表した。(1ドル=110円にて換算)『荒野行動』の売上の97%は日本と中国で、全世界のダウンロード数は5800万以上、iOSユーザーの比率は64%に上るという。
中国市場データ

【中国市場データ】中国広告動向レポート!7~9月に一番広告を出したゲームはやはりあのタイトル!?

中国で広告分析ツールの提供を行っている『App Growing』より2018年7月~9月期の中国広告動向レポートが発表された。かなりマニアックな内容になっているので、詳細を知りたい方は原文をあたっていただくとして、『ゲーム大陸』ではより象徴的なポイントをかいつまんで紹介したい。
新作情報

【新作情報】恋とプロデューサーを超える?中国で期待の女性向けゲーム『螺旋円舞曲』配信開始!

女性向けゲーム市場として本格的に各社がサービスを開始したのは、2017年に入ってからのことだ。『恋とプロデューサー』を始め、各社がしのぎを削る中、新しく誕生した女性向け市場も飽和しつつあり、ユーザーの奪い合いのフェーズに差し掛かろうしている。そんな中、期待の注目作『螺旋円舞曲』が10月17日にリリースされた。
売上ランキング

【中国ゲーム売上ランキング】往年の名作『魂斗羅』IPがTop10入り!ラングリッサーもTop2!聖闘士星矢は?

10月10日~10月16日のApp Store売上ランキングはエクストリームがライセンスした『梦幻模拟战(ラングリッサーIP)』がアップデートを経てTop2を獲得!Ali Gamesの『ワンピース』がTop5、『魂斗羅:帰来(魂斗羅IP)』もTop9入りするなど、先週に続き日本IPゲームの活躍が目立った。
新作情報

【新作情報】日本版リリース2日で10万DL突破!大ヒット寸前!?『フードファンタジー』中国版のアプデ状況は?

中国でもヒットを記録した、『グルメ擬人化RPG+経営シュミレーション』の『フードファンタジー(食之契約)』が日本サービスを開始した。運営会社が今後どれだけゲームのアップデートを続けてくれるか?はゲームを始める際の重要な判断材料だと思う。『ゲーム大陸』にて中国版のアップデート状況をまとめたので紹介したい。
Others

日本語でも参加可能!中国ゲームコンテスト締切は10月21日!

当サイトにもリンクを貼っている中国厦門市が主催するゲームコンテスト『2018年(第11回)厦門国際アニメマンガフェスティバル「創造未来」ゲームコンテスト』の締切が間近となっている。日本に居ながらにして、日本語でも参加可能な海外のコンテストというのはあまり聞いたことがない。滅多に無いこの機会に是非応募してみてはどうだろうか?