ハイパーカジュアル

中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】ByteDanceハイパーカジュアルゲーム成功の秘訣は動画映えにあり!

ハイパーカジュアルゲームを展開するByteDance傘下の『Ohayoo』が『Sharpen Blade(宝剑大师)』ヒットの秘訣を公開した。海外のハイパーカジュアルゲームに着想を得ながらも、中国ユーザー向けにゲーム性を追加・簡素化し、ショートムービープラットフォーム向けにUGCマーケティングを行った同作のポイントとは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセント 協業モデルでハイパーカジュアルゲーム領域に進出!

4月中国App StoreダウンロードランキングTop30に18タイトルがランクインするなど、中国ハイパーカジュアルゲームの競争が激しい。中国ゲーム市場の絶対王者テンセントはこの市場に対しどの様なアプローチを行うのか。最近ダウンロードランキングでTop10を維持している『班主任模拟器』がそのヒントになりそうだ。
海外市場情報

【海外市場情報】ハイパーカジュアルゲーム大手各社が語る2020年のトレンドとは?

ハイパーカジュアルゲームのトップメーカーVoodoo、Lion Studios、TabTale(CrazyLabs)、Boombit、Homa Games、Gismartが語る2020年のハイパーカジュアルゲーム市場のトレンドとは?
海外市場情報

【海外市場情報】ハイパーカジュアルゲームは作る前にテスト!Voodoo等の手法とは?

中国ゲーム業界で有名な『罗斯基』氏がハイパーカジュアルゲームのVoodoo、Lion Studios、TabTale(CrazyLabs)、Boombit、Homa Games、Gismartが語った、ハイパーカジュアルゲームの動向、低コストでプロジェクトを立ち上げる方法などについてのセッション内容をまとめた。
インタビュー

【インタビュー】『アーチャー伝説』大切なのは良心に恥じないゲーム作り!中国海賊版対策など

『アーチャー伝説』のHabby(海彼網絡)の創業者兼CEOの王氏に、中国の『独立出海联合体』がインタビューを行った。アーチャー伝説はハイパーカジュアルゲームではない、収益性だけを求めない、市場にないゲームを世に出す、良心に恥じないゲーム作り、ゲーム作りの難しさはゼロイチにあり。と語る同氏の考えとは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国ハイパーカジュアルゲームパブリッシャーOhayoo実績公開!

日本でもApp StoreダウンロードランキングTop1を獲得した『ヒーローズコンバット』などのハイパーカジュアルゲームを展開するByteDance傘下の『Ohayoo』がWechat公式アカウントを開設し、自社のこれまでの実績などを公開した。幅広くハイパーカジュアルゲームデベロッパーを募る同社の実績とは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】旧正月期間DLランキング1位のハイパーカジュアルゲーム!ヒットの要因は?

旧正月休暇中に感染が拡大した新型コロナウィルスの影響で、休暇の延長や、不要不急の外出を控えるなどの動きがでた。これにより増加した可処分時間がゲームに回された側面は少なからずあるように思う。そんな特殊な旧正月期間中、App Storeのダウンロードランキング1位を獲得し続けた『Brain  Out』ヒットの裏側に迫りたい。
インタビュー

【中国ゲーム|インタビュー】アーチャー伝説のHabby創業者に聞くヒットの秘訣とは?

『アーチャー伝説』が世界的なヒットを記録しているHabby(海彼網絡)の創業者兼CEOの王嗣恩氏が中国ゲームメディア『遊戯葡萄』のインタビューに応えたのでその様子を紹介したい。当インタビューではHabbyの会社規模からゲームリリースの基準や考え方、『アーチャー伝説』の開発コストや開発期間など実情を余すところ無く話している。
海外市場情報

【海外市場情報】中国ハイパーカジュアルゲームのeCPMは米国と同水準!スマホゲームの各種KPI公開!

スマホゲームの調査・分析を行う『Game Analytics』が2019年上半期の全世界スマホゲームのレポートを発表した。同レポートでは、世界各国の継続率やARPPU、ゲームのプレイ時間、eCPMなどがまとめられており、翌日継続率の中間値は25%、中国ハイパーカジュアルゲームのeCPMは米国と同水準の3.9ドルになった。
決算

【中国企業|決算】ピアノタイル2の『Cheetah Mobile』決算発表 中国ハイパーカジュアルゲームの売上は?

6月14日、ニューヨーク証券取引所上場企業『Cheetah Mobile(猎豹移动)』が2019年Q1(1月~3月)の会計監査前の決算発表を行った。同社はセキュリティソフト大手『King Soft』と『Conew Image』の合弁会社で、ハイパーカジュアルゲーム『ピアノタイル2』や動画アプリ『Live.me』を展開している。
海外市場情報

【海外市場情報】ハイパーカジュアルゲームのCPIは?インド、メキシコ、トルコ、アルゼンチン市場規模も

スマホゲームで世界的なヒットを狙える領域として、Voodoo社や『Happy Glass』のヒットで注目を集めるLion Studioなどハイパーカジュアルと呼ばれる領域が盛り上がりを見せている。この流れは中国ゲーム業界も同じで新しいビジネスチャンスとして多くの中小デベロッパーがハイパーカジュアルゲームの開発に取り組んでいる。
中国市場データ

【中国市場データ】カジュアル系ゲーム人気Top3は?

中国ゲームと聞くと『荒野行動』のようにコアゲームを想像しがちだが、マッチスリー系のカジュアルゲームも根強い人気がある。同ジャンルのユーザー規模は1.7億人と直近一年では微減となっている。同ジャンルの一端末への同時インストール数はおよそ1つで、同時に2タイトル併用しているユーザーは15%と少数派だ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました