日本市場

売上ランキング

【日本市場】日本市場でも中国ゲームの競争が激化!セルランで20タイトルが前年と変わらず!

9月17日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store32タイトル、Google Play32タイトルで、新規タイトルは藤原竜也氏を起用したTVCMなど積極的なプロモーションを行ったKingsGroupの『ステート・オブ・サバイバル』がランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】テンセント、白夜極光など3作がセルランTop100ランクイン!他有力企業は?

8月20日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store31タイトル、Google Play34タイトルで、新規タイトルは日本ファルコムがライセンスしたRestar Gamesの『イース6 オンライン』、StarUnionの『ザ・アンツ』がランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】中国ゲームセルラン、荒野行動、IdentityVなどのNetEaseが強い!

7月16日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store28タイトル、Google Play34タイトルで、新規タイトルはByteDance傘下のNuverse『フィギュアストーリー』、4399の『フォーセイクンワールド』がランクインしている。
海外市場情報

【日本市場】21年Q2スマホゲーム売上は約5000億円!ウマ娘のQ2売上は約400億円!

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上規模をまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2021年Q2の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5038円と前年同期比で7%の増加、中国ゲームはTop100に29タイトルがランクインしたとしている。
売上ランキング

【売上ランキング】中国ゲーム動向。テンセントの白夜極光がセルランTop13と好発進!

6月18日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store30タイトル、Google Play31タイトルで、新規タイトルはテンセントの『白夜極光』、ByteDance傘下のMoonton『アカシッククロニクル』などがランクインしている。
売上ランキング

【売上ランキング】5月の中国ゲームランキング!三國志 真戦は垂直モデルではなく長期志向か

第三金曜日となる5月21日のランキングではAligamesが開発を行う『三國志 真戦』やbilibiliの『ブラック・サージナイト』、37Gamesの『商人放浪記』、Sincetimesの『ドラゴンとガールズ交響曲』などが新たにランクインしている。
海外市場情報

【日本市場】21年Q1スマホゲーム売上は約5610億円!ウマ娘は145億円の原神を上回る

『Sensor Tower』は2021年Q1の日本のスマホゲーム市場の売上、DLランキングを発表した。同社の統計によると、App StoreとGoogle Playの売上規模は約5610億円と前年同期比で35%の増加、中国ゲームはTop100に29タイトルがランクインし25%の売上シェアを占めたとしている。
売上ランキング

【売上ランキング】4月定点観測、新規タイトル無し!UA広告に強いタイトルが長期運用成功!

毎月第三金曜日を基準日として日本市場における中国スマホゲームの定点観測を行いたい。4月16日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store28タイトル、Google Play31タイトルで、新規タイトルのランクインはなく全て既存タイトルとなっている。
売上ランキング

【日本市場】3月の定点観測、新作はシャイニングニキなどがランクイン!中国ゲームの躍進続く

3月19日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store31タイトル、Google Play33タイトルで、Papergamesの3D着せ替えコーデRPG『シャイニングニキ』が新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】ブルアカ等4本ランクインのYostarが強い!『パズル&サバイバル』広告調べ

2月19日(金)の日本のApp StoreとGoogle PlayゲームカテゴリのセールスランキングでTop100入りしていた中国開発によるスマホゲームは、App Store30タイトル、Goole Play30タイトルと前月比でApp Storeは4作増、Google Playは5作減となった。
海外市場情報

【日本市場】20年Q4日本スマホゲーム売上は約5060億円!中国ゲームがシェア伸ばす!

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q4の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5060億円と前年同期比で34%の増加、中国ゲームはTop100に30タイトルがランクインした。
売上ランキング

【日本市場】雀魂Top3入り!中国ゲームの日本市場ランキングまとめ!新作パズルの広告は?

第三金曜日を基準日として日本市場における中国スマホゲームの定点観測を行いたい。日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store26作、Goole Play35作で、マッチスリーxファッションをモチーフにした『Project Makeover』が新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】12月の中国ゲームランキングは?2次元系新作2本がランクイン!広告素材調べ

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store28タイトル、Goole Play35タイトルで、『パニシング:グレイレイヴン』『イリュージョンコネクト』と言った2次元系タイトルが新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】11月の中国ゲームランキングは?4399『天姫契約』の広告素材は中国流を継続

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store29タイトル、Goole Play33タイトルで、Ourpalmが開発、GREEが運営を行う『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』が新たにランクインしている。
海外市場情報

【日本市場】’20年Q3日本スマホゲーム売上は約5500億円!中国ゲームはシェア25%超

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q3の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5500億円と大幅に増加、中国ゲームはTop100に27タイトルがランクインした。
売上ランキング

【日本市場】10月の中国ゲームランキングは?原神の広告は既存の中国ゲームと異る手法を採用

第三金曜日を基準日として日本市場における中国スマホゲームの定点観測を行いたい。日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store29タイトル、Goole Play34タイトルで、miHoYoの『原神』、bilibiliの『ファイナルギア』といった2次元向けのタイトルが新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】中国開発の日本IPタイトルが本格上陸!『聖闘士星矢ライコス』の広告素材しらべ

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store28タイトル、Goole Play31タイトルで、テンセントの『聖闘士星矢 ライジングコスモ』、Kunlunの『BLEACH Soul Rising』といった日本アニメIPの中国開発タイトルが新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】中国ゲームの日本市場セルランTop100の状況は?『剣魂』の広告素材しらべ

日本市場のセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store30タイトル、Goole Play33タイトルで、NetEase、Yostar、YOOZOOなど複数タイトルをランクインさせているパブリッシャーが増加している。また、『魔剣伝説』の4399の新作『剣魂』の広告素材の傾向を調べてみた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました