日本市場

売上ランキング

【日本市場】ブルアカ等4本ランクインのYostarが強い!『パズル&サバイバル』広告調べ

2月19日(金)の日本のApp StoreとGoogle PlayゲームカテゴリのセールスランキングでTop100入りしていた中国開発によるスマホゲームは、App Store30タイトル、Goole Play30タイトルと前月比でApp Storeは4作増、Google Playは5作減となった。
海外市場情報

【日本市場】20年Q4日本スマホゲーム売上は約5060億円!中国ゲームがシェア伸ばす!

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q4の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5060億円と前年同期比で34%の増加、中国ゲームはTop100に30タイトルがランクインした。
売上ランキング

【日本市場】雀魂Top3入り!中国ゲームの日本市場ランキングまとめ!新作パズルの広告は?

第三金曜日を基準日として日本市場における中国スマホゲームの定点観測を行いたい。日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store26作、Goole Play35作で、マッチスリーxファッションをモチーフにした『Project Makeover』が新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】12月の中国ゲームランキングは?2次元系新作2本がランクイン!広告素材調べ

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store28タイトル、Goole Play35タイトルで、『パニシング:グレイレイヴン』『イリュージョンコネクト』と言った2次元系タイトルが新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】11月の中国ゲームランキングは?4399『天姫契約』の広告素材は中国流を継続

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store29タイトル、Goole Play33タイトルで、Ourpalmが開発、GREEが運営を行う『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』が新たにランクインしている。
海外市場情報

【日本市場】’20年Q3日本スマホゲーム売上は約5500億円!中国ゲームはシェア25%超

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q3の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5500億円と大幅に増加、中国ゲームはTop100に27タイトルがランクインした。
売上ランキング

【日本市場】10月の中国ゲームランキングは?原神の広告は既存の中国ゲームと異る手法を採用

第三金曜日を基準日として日本市場における中国スマホゲームの定点観測を行いたい。日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store29タイトル、Goole Play34タイトルで、miHoYoの『原神』、bilibiliの『ファイナルギア』といった2次元向けのタイトルが新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】中国開発の日本IPタイトルが本格上陸!『聖闘士星矢ライコス』の広告素材しらべ

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store28タイトル、Goole Play31タイトルで、テンセントの『聖闘士星矢 ライジングコスモ』、Kunlunの『BLEACH Soul Rising』といった日本アニメIPの中国開発タイトルが新たにランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】中国ゲームの日本市場セルランTop100の状況は?『剣魂』の広告素材しらべ

日本市場のセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store30タイトル、Goole Play33タイトルで、NetEase、Yostar、YOOZOOなど複数タイトルをランクインさせているパブリッシャーが増加している。また、『魔剣伝説』の4399の新作『剣魂』の広告素材の傾向を調べてみた。
売上ランキング

【日本市場】AFKなど中国ゲーム31本がTop100に!プライドオブエデンの広告素材は?

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしている中国ゲームは、App Store27タイトル、Goole Play31タイトルで、Lilithの『AFKアリーナ』とYOOZOOの『レッド:プライドオブエデン』が新たにランクインした。YOOZOOは4タイトルをTop100入りさせるなど絶好調だ。
売上ランキング

【日本市場】売上ランキングに中国ゲームが30本!『三国志ブラスト』広告の3パターンとは?

日本市場ゲームカテゴリ売上ランキングでTop100入りしたのは、App Store24タイトル、Goole Play30タイトル、『Fallout Shelter Online』が新たにランクイン、『ドラブラ』『魔剣伝説』が好調を持続している。また、YOOZOO『三国志ブラスト』の広告素材の傾向を調べた。
売上ランキング

【日本市場】中国ゲームのTop100入りが増加!魔剣伝説のマーケ素材を調べてみた!

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store26タイトル、Goole Play31タイトルで、『魔剣伝説』『パーフェクトワールドM』が新たにランクインした。『魔剣伝説』は中国で良く見られるマーケ手法を日本でも踏襲してヒットに繋げている。
海外市場情報

【日本市場】2020年Q1日本スマホゲーム売上は約4180億円!Top20は日本ゲームが16本!

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q1の日本のスマホゲーム市場の売上規模は約4180億円(37.9億ドル)、前期比で10.2%増加したとしている。
売上ランキング

【日本市場】ドラブラ好調!セルランTop100に中国ゲームが25本!中国ゲーム新作まとめ

テンセントのドラブラがスタートダッシュに成功!4月17日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしている中国ゲームは、App Store25タイトル、Goole Play21タイトルで、新作では『コード:ドラゴンブラッド』『蒼藍の誓い-ブルーオース』がランクインした。
売上ランキング

【日本市場】日本のセルランTop100に24本!中国ヒットのカードRPGが日本進出!

日本市場における中国スマホゲームのランキング情報。3月20日(金)のApp Store、Google PlayゲームカテゴリのセールスランキングでTop100入りしているのは共に24タイトルで『荒野行動』『放置少女』『マフィア・シティ』『アークナイツ』等20タイトルは両ストアでランクインしている。
売上ランキング

【日本市場】日本のセルランTop100に20本以上!今、売れてる中国スマホゲームはコレ!

『崩壊3rd』『アズールレーン』『荒野行動』のヒットを皮切りに、直近では『アークナイツ』『Rise of Kingdoms』など日本市場にも多くの中国スマホゲームのヒット作が出てくるようになった。日本市場における中国スマホゲームや中国スマホゲームパブリッシャーの動向を追うためにも、定期的にランキング動向を紹介していきたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました