インタビュー

PR

【PR】中国に運営小会社設立したNHN STインタビュー!同社の主力3事業の強みとは?

2007年にNHN Japanからスピンアウトして中国・大連に設立したNHN STは、ゲーム運営事業から開発、QA、ローカライズ、クラウドサービスまでワンストップでサービスを提供している。9割近くがバイリンガルと話す、同社CEOの崔氏と日本事業責任者の蔡氏が語る、NHN STの強みとは?
インタビュー

【インタビュー】ラングリッサーモバイルのZLONG創業者 日韓市場では広告費で勝負!

『ラングリッサー モバイル』や『風之大陸』など数多くのヒットタイトルを世に送り出しているパブリッシャー『ZLONG(紫龍)』は今の中国ゲーム市場を語る上で外せない存在だ。中国のゲームメディア『遊戯葡萄』が『ZLONG』の創業者兼CEOである王一氏に行ったインタビューを要約して以下に紹介したい。
インタビュー

【特別企画】日本ゲームの海外進出をサポート!IGGの今後の展望とは?

中国ゲーム業界を代表する海外進出のトップ企業であるIGGは2015年に日本支社を設立しマーケティング、運営、開発を行っている。IGG Japanでマーケティングとビジネスデベロップメントの責任者を務める森岡氏に『ゲーム大陸』年末年始特別企画インタビューを申し込んだところ、快諾していただけたので、その後編をお伝えしたい。
インタビュー

【特別企画】予想を超える『アッシュテイル』のヒット!必要だった3つの要素とは?

X-LEGEND JAPANが運営を行う『Ash Tale(アッシュテイル)-風の大陸- 』が好調だ。同社の取締役社長兼COOの陳氏が応じてくれた『ゲーム大陸』年末年始特別企画インタビューの後編。予想を超えるヒットとなった『アッシュテイル』に必要だったと語る3つの要素とは?
インタビュー

【特別企画】日本は特殊!『万国覚醒』は脅威ではない!IGGが考える日本市場で大切なこととは?

IGGは『ロードモバイル』が世界中でヒットするなど、中国ゲーム業界を代表する海外進出のトップ企業だ。同日本支社のキーパーソンである森岡氏が語る中国ゲーム会社として日本市場で気をつけている事や、今後力を入れる事、競合とも言えるLilith Gamesの『万国覚醒』への評価とは?
インタビュー

【特別企画】アッシュテイルは予想外のヒット!アッシュテイルから見えた日中市場の違いとは?

X-LEGEND JAPANが運営を行う『Ash Tale(アッシュテイル)-風の大陸- 』が好調だ。同社の取締役社長兼COOの陳氏が応じてくれた『ゲーム大陸』年末年始特別企画インタビューの様子を前後編の2回に分けてに紹介したい。予想以上のヒットと語る『アッシュテイル』から見えた日中市場の違いとは?
インタビュー

【インタビュー】アリババのゲーム事業が躍進!『三国志:戦略版』大ヒットの要因は重課金にあらず。

2019年の中国ゲーム市場を振り返る上で、アリババグループのゲームブランド『Aligames』がリリースした『コーエーテクモゲームス』の『三國志』IPを用いたSLG『三国志:戦略版』の大ヒットは避けて通れない話題だ。『三国志:戦略版』のプロデューサー餅叔 氏に中国メディアが行ったインタビューの要点を以下に紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】『我が天下』『戦国布武』のVPが語る日本スマホゲーム市場の現在とは?

『荒野行動』や『アズールレーン』などのヒットに隠れ、注目を集めていないが、中国のゲーム会社『Jude Games(絶地科技)』が運営を行う『我が天下』『戦国布武』というゲームがある。そんな『Jude Games(絶地科技)』に中国のゲームメディア『出海独联体』がインタビューを行ったので、その内容を要約して紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】アイドルものは中国市場でチャンスあり!盛趣遊戯 副総裁インタビュー!

2019年を振り返るにはまだ早いが、今年の中国ゲーム業界におけるビッグニュースの1つとして必ず挙げられるであろう出来事は『盛大(シャンダ)』の『盛趣遊戯』へのリブランドと中国国内での再上場だ。そんな『盛趣遊戯』の副総裁である譚雁峰氏に中国ゲームメディア『遊戯葡萄』がインタビューを行ったので、その内容を要約して以下に紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】LoLのプロデューサーが語るスマホ版の強みや開発時の困難とは?

先日行われた『リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会『2019 World Championship』で、中国のFunPlus Phoenixが優勝を飾った。中国で特に人気が高く、スマホ版・コンソール版展開のニュースが日本でも話題となった『LoL』のプロデューサーへの『遊戯葡萄』のインタビューを要約して紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】『剣が刻』のXiimoon副総裁が語る日中協業の秘訣や女性向け市場の今後とは?

XiimoonとRejetが共同開発を行う女性向けスマホゲーム『剣が刻』がテンセントの主催する『2019GWB GAME AWARDS』のモバイルゲーム部門で銀賞を獲得した。これに合わせ同作の開発元Xiimoon副総裁劉氏がインタビューに応え、女性向けゲームを選んだ理由やRejet社と共同開発を行うことにした背景を話した。
インタビュー

【中国ゲーム|インタビュー】海外売上トップクラスの中国ゲーム企業FunPlus 創業者インタビュー!

『キング・オブ・アバロン』や『ガンズ・オブ・グローリー』などが世界的なヒットを記録し中国ゲーム企業の海外進出のトップランナーと言えるFunPlusだが、その規模に対し対外露出が少ないことでも有名だ。今回、FunPlusの共同創業者のAndy氏へ中国ゲームメディア『遊戯葡萄』がインタビューを行ったので要約し紹介したい。
インタビュー

【中国ゲーム|インタビュー】アーチャー伝説のHabby創業者に聞くヒットの秘訣とは?

『アーチャー伝説』が世界的なヒットを記録しているHabby(海彼網絡)の創業者兼CEOの王嗣恩氏が中国ゲームメディア『遊戯葡萄』のインタビューに応えたのでその様子を紹介したい。当インタビューではHabbyの会社規模からゲームリリースの基準や考え方、『アーチャー伝説』の開発コストや開発期間など実情を余すところ無く話している。
インタビュー

【中国ゲーム|インタビュー】存在感を増す『Lilith Games』の大ヒット作『AFK Arena』プロデューサーインタビュー

一世を風靡した『ソウルクラッシュ(『刀塔传奇』改め『小冰冰传奇』)』以降、一時鳴りを潜めていたが、『万国覚醒』『AFK Arena』の2大ヒットにより『Lilith Games』が存在感が増している。月商30億円とも予測される放置系カードゲーム『AFK Arena』のプロデューサーへのインタビューの一部を紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】bilibili副総裁インタビューから見えた中国2次元スマホゲームが抱える問題とは?

中国のゲームメディア『遊戯葡萄』が『bilibili』副総裁の張峰氏にインタビューを行った。日本でも『崩壊3rd』や『アズールレーン』などの中国2次元スマホゲームがヒットを記録し、同ジャンルの日本進出が勢いを増している。インタビュー内容は多岐に渡るため、内容を限定、要約し紹介するが、そのエッセンスだけでも伝わると幸いである。
ChinaJoy

【ChinaJoy2019|レポート】中国人ゲームユーザーが感じたChinaJoy2019は。。『もう行かない』!

アジア最大規模のゲームショウ『ChinaJoy 2019』が中国・上海で8月2日~5日の日程で開催された。今回話しを聞いたゲームファンである黄さんは現在25歳、昔からゲームを遊んでおり、今ではスマホゲームもコンソールも両方遊ぶゲーム好きな属性をもった好青年だ。そんな普通の中国ゲームユーザーはどう感じたのか?以下に紹介したい。
インタビュー

【中国ゲーム|訪問取材】『PUBG Mobile』『陰陽師』などのアートアセット制作を行う中国企業を訪問!

中国ゲーム業界はアートアセットの制作拠点として発展してきた側面も持っている。今回は『Far Cry』シリーズや『PUBG Mobile』『陰陽師』などのグラフィック制作実績を有する上海の『アルケミー インフォメーション(ALCHEMY Information/点晴科技)』へ訪問する機会を得たのでその様子を紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】好きだからやる。『アークナイツ』Pが語るキャラクターへのこだわりとは?

日本では『アズールレーン』のYostarの配信が決まっている、中国産2次元スマホゲーム『アークナイツ(明日方舟)』のプロデューサー『海猫』氏へのインタビュー記事の続きを以下に紹介したい。『海猫』氏が語る『アークナイツ』のキャラクターに対するこだわりとは?プロデューサーの推しキャラや、創作に掛ける意気込みも語ってくれました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました