インタビュー

インタビュー

【インタビュー】課金は後から、先ずゲームを作る!ラストシェルター開発元CEOの考えとは?

『Last Empire – War Z』『ラストシェルター』の開発・運営会社Long Tech(龙创悦动)のCEOである蘇立龍氏に中国ゲームメディア手游那点事がインタビューを行った。課金は後から、先ずはゲームを作る。ユーザーの意見には毎日目を通す。20年続くグッドゲームカンパニーを目指す。と語る同氏の考えとは?
インタビュー

【インタビュー】テンセントゲームズSteven Ma氏が語る日本市場、イノベーションとは?

先日40作超のタイトル発表を行ったテンセントゲームズ高級副総裁のSteven Ma氏(马晓轶)に中国ゲームメディアがインタビューを行った。『ドラブラ』の日本でのヒット、海外展開、ゲームジャンルのイノベーションに関する考察や『イノベーションの失敗は必然、成功は偶然。』と語る同氏が見据えるゲーム業界の今後とは?
インタビュー

【インタビュー】テンセントのゲーム分析官が語った次に来るゲーム市場のトレンドはコレ!

『PUBG Mobile』や『コード:ドラゴンブラッド』のヒット、Marvelousへの出資など、中国ゲーム最大手テンセントの存在感が日増しに大きくなっている。そんなテンセントゲームズのゲーム分析官は今の中国市場のトレンドと今後のトレンドをどの様に見ているのか?遊戯葡萄のインタビューを要約して紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】Yostar創業者 会社の為に家を売る!アークナイツ開発元出資の経緯は?

『アズールレーン』『アークナイツ』の運営会社Yostarの中国母体、上海悠星網絡(Yostar)の創業者兼CEOである姚蒙氏に中国ゲームメディア手游那点事がインタビューを行った。資金繰りに苦しむ最中、持ち家を売却した資金を元に『アズールレーン』『アークナイツ』に賭けた同氏が語るYostarのこれまでの軌跡とは?
インタビュー

【インタビュー】『アークナイツ』プロデューサーが語るIP化、中国2次元ユーザーとは?

中国を始め日本や韓国など海外市場でも大ヒットを記録している『アークナイツ』が中国版リリース1周年を迎えた。これに際し、『アークナイツ』のIP化、2次元ゲームに必要なもの、など中国ゲームメディア手游那点事にプロデューサー海猫氏が語ったインタビューを要約して紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】『三国天武』『獅子の如く』の6Waves総裁が語る日本市場、日本人ユーザーとは?

『三国天武』『天地の如く』といったストラテジーゲームを中心に、日本市場で複数本のヒット作を出している中国系パブリッシャー6Wavesの総裁である吴(Rex)氏が日本市場展開時の心得を語った。日本人は外国人とのPvPに躊躇する、収集が大事、TVCMは無駄があっても必要、など10年近く日本市場攻略を続ける同社の観点とは?
インタビュー

【インタビュー】『アーチャー伝説』大切なのは良心に恥じないゲーム作り!中国海賊版対策など

『アーチャー伝説』のHabby(海彼網絡)の創業者兼CEOの王氏に、中国の『独立出海联合体』がインタビューを行った。アーチャー伝説はハイパーカジュアルゲームではない、収益性だけを求めない、市場にないゲームを世に出す、良心に恥じないゲーム作り、ゲーム作りの難しさはゼロイチにあり。と語る同氏の考えとは?
PR

【PR】NHN ST社に忖度なしでQA事業のことを直撃取材!その答えは?

ゲーム運営事業から開発、QA、ローカライズ、クラウドサービスまでワンストップでサービスを提供している『NHN ST』社に忖度なしで直撃取材を行った。『人に依存しないQA体制』『QAスタッフはゲーム好きを採用する』など、QA部門立ち上げから10年近く日中間でQA事業を推進してきた同社の事業責任者の答えとは?
インタビュー

【インタビュー】『日替わり内室』大ヒットの37Gamesが語る台湾市場攻略法とは?

日本では『日替わり内室』の運営元として知られる中国ゲーム大手『37Games』の海外運営部高級総監の彭氏に、中国ゲーム企業の海外展開事例を中心に配信している『独立出海联合体』がインタビューを行った。37Games海外事業責任者が語る台湾ユーザーの課金意欲、好きなアイテム、マーケティング手法とは?
インタビュー

【インタビュー】『コード:ドラゴンブラッド』開発元インタビュー!MMOの開発費は30億超!

日本ではテンセントゲームズが配信予定のオープンワールドMMORPG『コード:ドラゴンブラッド』の開発元『祖龍』の創業者に遊戯葡萄がインタビューを行った。同作中国版の現状や、UnityからUnreal Engine4に切り替えた理由、オープンワールドMMORPGの問題点から自社の状況まで、インタビューの要点を紹介したい。
インタビュー

【特別企画】中国人ゲーマーは日本ゲームを再評価!中国プロデューサーの仕事とは?

中国ゲームが市場を賑わすにつれ、中国ゲーム会社のプロデューサーは一体どの様な仕事をしているのか?どの様な人がいるのか?と興味を持つ方も少なくないのではないだろうか。中国ゲーム業界に20年近く従事しているゲームプロデューサー謝氏にインタビューを申し込んだところ快諾いただけたので、前後編の2回に分けて紹介したい。
インタビュー

【特別企画】中国ゲーム業界の生き字引!中国人プロデューサーが語る中国ゲーム市場とは

中国ゲームが市場を賑わすにつれ、中国ゲーム会社のプロデューサーは一体どの様な仕事をしているのか?どの様な人がいるのか?と興味を持つ方も少なくないのではないだろうか。中国ゲーム業界に20年近く従事しているゲームプロデューサー謝氏にインタビューを申し込んだところ快諾いただけたので、前後編の2回に分けて紹介したい。
PR

【PR】中国に運営小会社設立したNHN STインタビュー!同社の主力3事業の強みとは?

2007年にNHN Japanからスピンアウトして中国・大連に設立したNHN STは、ゲーム運営事業から開発、QA、ローカライズ、クラウドサービスまでワンストップでサービスを提供している。9割近くがバイリンガルと話す、同社CEOの崔氏と日本事業責任者の蔡氏が語る、NHN STの強みとは?
インタビュー

【中国ゲーム】中国2次元最高峰『崩壊3rd』のmiHoYo 今度はUnrealを使い倒す!

『崩壊3rd』のmiHoYoが以前発表したUnityを用いたCG動画はそのクオリティの高さから、業界内外から高い評価を得た。そのmiHoYoが今度はUnreal Engine4を用いて制作したCG動画を発表した。bilibiliで公開された動画は、20日あまりで再生数196万回を記録するなど、早くも大きな反響を呼んでいる。
インタビュー

【インタビュー】Lilith『AFK Arena』はユーザーの囲い込みで大ヒット!2次元にも挑戦!

2019年中国スマホゲーム市場の最初のヒット作は『Rise of Kingdoms‐万国覚醒‐』のLilith Gamesが開発・運営を行う『AFK Arena』であることは既報の通りだ。中国ゲームメディア『遊戯葡萄』がLilith Gamesの配信責任者である張氏に行ったインタビューの要点を以下に紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】ラングリッサーモバイルのZLONG創業者 日韓市場では広告費で勝負!

『ラングリッサー モバイル』や『風之大陸』など数多くのヒットタイトルを世に送り出しているパブリッシャー『ZLONG(紫龍)』は今の中国ゲーム市場を語る上で外せない存在だ。中国のゲームメディア『遊戯葡萄』が『ZLONG』の創業者兼CEOである王一氏に行ったインタビューを要約して以下に紹介したい。
インタビュー

【特別企画】日本ゲームの海外進出をサポート!IGGの今後の展望とは?

中国ゲーム業界を代表する海外進出のトップ企業であるIGGは2015年に日本支社を設立しマーケティング、運営、開発を行っている。IGG Japanでマーケティングとビジネスデベロップメントの責任者を務める森岡氏に『ゲーム大陸』年末年始特別企画インタビューを申し込んだところ、快諾していただけたので、その後編をお伝えしたい。
インタビュー

【特別企画】予想を超える『アッシュテイル』のヒット!必要だった3つの要素とは?

X-LEGEND JAPANが運営を行う『Ash Tale(アッシュテイル)-風の大陸- 』が好調だ。同社の取締役社長兼COOの陳氏が応じてくれた『ゲーム大陸』年末年始特別企画インタビューの後編。予想を超えるヒットとなった『アッシュテイル』に必要だったと語る3つの要素とは?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました