インタビュー

インタビュー

【インタビュー】『我が天下』『戦国布武』のVPが語る日本スマホゲーム市場の現在とは?

『荒野行動』や『アズールレーン』などのヒットに隠れ、注目を集めていないが、中国のゲーム会社『Jude Games(絶地科技)』が運営を行う『我が天下』『戦国布武』というゲームがある。そんな『Jude Games(絶地科技)』に中国のゲームメディア『出海独联体』がインタビューを行ったので、その内容を要約して紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】アイドルものは中国市場でチャンスあり!盛趣遊戯 副総裁インタビュー!

2019年を振り返るにはまだ早いが、今年の中国ゲーム業界におけるビッグニュースの1つとして必ず挙げられるであろう出来事は『盛大(シャンダ)』の『盛趣遊戯』へのリブランドと中国国内での再上場だ。そんな『盛趣遊戯』の副総裁である譚雁峰氏に中国ゲームメディア『遊戯葡萄』がインタビューを行ったので、その内容を要約して以下に紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】LoLのプロデューサーが語るスマホ版の強みや開発時の困難とは?

先日行われた『リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会『2019 World Championship』で、中国のFunPlus Phoenixが優勝を飾った。中国で特に人気が高く、スマホ版・コンソール版展開のニュースが日本でも話題となった『LoL』のプロデューサーへの『遊戯葡萄』のインタビューを要約して紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】『剣が刻』のXiimoon副総裁が語る日中協業の秘訣や女性向け市場の今後とは?

XiimoonとRejetが共同開発を行う女性向けスマホゲーム『剣が刻』がテンセントの主催する『2019GWB GAME AWARDS』のモバイルゲーム部門で銀賞を獲得した。これに合わせ同作の開発元Xiimoon副総裁劉氏がインタビューに応え、女性向けゲームを選んだ理由やRejet社と共同開発を行うことにした背景を話した。
インタビュー

【中国ゲーム|インタビュー】海外売上トップクラスの中国ゲーム企業FunPlus 創業者インタビュー!

『キング・オブ・アバロン』や『ガンズ・オブ・グローリー』などが世界的なヒットを記録し中国ゲーム企業の海外進出のトップランナーと言えるFunPlusだが、その規模に対し対外露出が少ないことでも有名だ。今回、FunPlusの共同創業者のAndy氏へ中国ゲームメディア『遊戯葡萄』がインタビューを行ったので要約し紹介したい。
インタビュー

【中国ゲーム|インタビュー】アーチャー伝説のHabby創業者に聞くヒットの秘訣とは?

『アーチャー伝説』が世界的なヒットを記録しているHabby(海彼網絡)の創業者兼CEOの王嗣恩氏が中国ゲームメディア『遊戯葡萄』のインタビューに応えたのでその様子を紹介したい。当インタビューではHabbyの会社規模からゲームリリースの基準や考え方、『アーチャー伝説』の開発コストや開発期間など実情を余すところ無く話している。
インタビュー

【中国ゲーム|インタビュー】存在感を増す『Lilith Games』の大ヒット作『AFK Arena』プロデューサーインタビュー

一世を風靡した『ソウルクラッシュ(『刀塔传奇』改め『小冰冰传奇』)』以降、一時鳴りを潜めていたが、『万国覚醒』『AFK Arena』の2大ヒットにより『Lilith Games』が存在感が増している。月商30億円とも予測される放置系カードゲーム『AFK Arena』のプロデューサーへのインタビューの一部を紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】bilibili副総裁インタビューから見えた中国2次元スマホゲームが抱える問題とは?

中国のゲームメディア『遊戯葡萄』が『bilibili』副総裁の張峰氏にインタビューを行った。日本でも『崩壊3rd』や『アズールレーン』などの中国2次元スマホゲームがヒットを記録し、同ジャンルの日本進出が勢いを増している。インタビュー内容は多岐に渡るため、内容を限定、要約し紹介するが、そのエッセンスだけでも伝わると幸いである。
インタビュー

【中国ゲーム|訪問取材】『PUBG Mobile』『陰陽師』などのアートアセット制作を行う中国企業を訪問!

中国ゲーム業界はアートアセットの制作拠点として発展してきた側面も持っている。今回は『Far Cry』シリーズや『PUBG Mobile』『陰陽師』などのグラフィック制作実績を有する上海の『アルケミー インフォメーション(ALCHEMY Information/点晴科技)』へ訪問する機会を得たのでその様子を紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】好きだからやる。『アークナイツ』Pが語るキャラクターへのこだわりとは?

日本では『アズールレーン』のYostarの配信が決まっている、中国産2次元スマホゲーム『アークナイツ(明日方舟)』のプロデューサー『海猫』氏へのインタビュー記事の続きを以下に紹介したい。『海猫』氏が語る『アークナイツ』のキャラクターに対するこだわりとは?プロデューサーの推しキャラや、創作に掛ける意気込みも語ってくれました。
インタビュー

【インタビュー】『アークナイツ(明日方舟)』のプロデューサーが語る3つの成功の秘訣とは?

日本では『アズールレーン』のYostarの配信が決まっている、中国産2次元スマホゲーム『アークナイツ(明日方舟)』が中国App Storeのセールスランキングで1位を獲得したことは先日お伝えしたとおりだ。『アークナイツ』のプロデューサー『海猫』氏が中国メディアのインタビューに答えた成功の秘訣を以下に紹介したい。
インタビュー

【中国ゲーム市場】テンセント『王者栄耀』の開発スタジオ『TiMi』が語った中小ゲーム開発の心得とは?

中国ゲーム大手『テンセント(Tencent)』は『Tencent Innovative Supporting Games Plan』として、技術交流、資金援助など各種支援を行っている。『王者栄耀』や『聖闘士星矢(騰訊)』の開発を担当した『TiMi Studios』の張氏が語った、中小ゲーム開発における心得とは?要点を紹介したい。
インタビュー

【中国ゲーム市場】Nexon株取得にも積極姿勢の『テンセント』ゲーム事業責任者が語る投資とは?

『Supercell』や『League of Legends』の『Riot Games』、『フォートナイト』や『Unreal Engine』の『Epic Games』までテンセントは世界有数のゲーム会社の株式を取得している。最近では『Nexon』株式取得にも積極姿勢を見せている。そんな同社の投資戦略をゲーム事業責任者が語った。
インタビュー

【中国ゲーム】中国2次元CGの最高峰!『崩壊3rd』の『miHoYo』がUnityを使い倒すとこうなった!

『崩壊3rd』の『miHoYo』が新作CG動画を公開した。『八重樱 · 桃源恋歌』と題された5分弱のこの動画は、Unityのリアルタイムレンダリングで制作されており、『bilibili』で260万回以上再生されるなど好評だ。このCGのグラフィック表現は、現在の中国2次元グラフィックの最高水準としてベンチマークして良いだろう。
インタビュー

【新作情報】BlizzardがNetEaseと『ディアブロ』新作の共同開発を発表!パブリッシングはどっちが行う?

Blizzardは『BlizzCon 2018』にて、スマホ向けアプリ『Diablo Immortal(ディアブロ イモータル)』を『荒野行動』で知られるNetEaseと共同で開発している旨を発表した。イベント後に、中国ゲームメディア『遊戯陀螺』がBlizzardとNetEaseに行ったインタビューを以下に紹介したい。
インタビュー

【インタビュー記事】中国IPが日本IPを超える?テンセント運営プロデューサーが語る2次元の未来とは?

SEGAから『電撃文庫』の版権を獲得し中国で『電撃文庫:零境交錯』の運営を行っているTencentの運営プロデューサーの陸軍偉氏への『遊戯葡萄』によるインタビューを紹介したい。陸氏が語る中国2次元ユーザーの嗜好や中国国産アニメの台頭など、今後の日中ゲームビジネスを考える上で興味深い内容となっている。
インタビュー

【インタビュー】期待の2次元新作『君臨之境』が盛大と組むメリットとは?

今、中国2次元界隈で注目を集める2次元ターン制ストラテジーゲームと言えば、先日のChina Joyで盛大が発表した「君臨之境」だ。この「君臨之境」の盛り上がりは何なのだろうか? その疑問を解消するためGameLookが「君臨之境」の運営責任者であり、「60制作組」のCOOを務める彭硕氏にインタビューを敢行した。
インタビュー

【新作情報】游族(YOOZOO) ゲーム事業トップ『Game of Thrones』スマホゲーム化を語る

China Joy2018の期間中、「遊戯葡萄」が游族CPO張雷氏に行ったインタビュー記事の続編では「Game of Thrones」の開発状況や今後中国ゲーム市場が直面するであろう2つの苦難などが語られた。インタビュー内容は以下。(翻訳・再編:ゲーム大陸)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました